2015/10/28  17:31 | 投稿者: masuko

 「悩み」生き方のサイエンス 宇宙に身をゆだね混迷の時代を生き抜く! 天外伺朗

 山陽地方の旅行前から読んでいたけれど、旅行中はおいていったんでずいぶん時間がかかってしまった。

 今まで読んだ天外さんのものと基本的には同じことを言っているけれど、理論の展開の仕方とか例の出し方とかが違ったり、さらに心理学的にサイエンス的に「宇宙に身をゆだねる」という怪しげな言葉を説明してくれてあってとても解かり易い。

 少しだけ引用。

 このように、世の中の紛争や戦いは、ほとんどがシャドーの投影から始まっています。紛争は、戦う人の心の安定のためにおこされるのです。

 シャドー:「こうであるはずの自分」にとって好ましくないと思ったことや、意識する前に抑圧してしまった部分人格は意識の下に抑圧されます。心理学ではそれをシャドーと呼んでいるのです。シャドーを認めることは「自分とはこういうもの」という自己概念の崩壊をもたらします。それは自分というイメージの死にさえつながる衝撃ですから、私たちは恐怖をかき立てられるのです。そのため、私たちはシャドーから湧き上がってくる衝動を感じ取ると、無意識のうちに、それを他人に投影することになります。簡単にいうなら、「なぜかわからないが、不安だ」→「私が不安なのはきっと自分を陥れようとする敵がいるからだ」→「それはあいつだ」という置き換えがおこなわれてしまうのです。


 定職に就かない若者や引きこもりの若者の中には、人類の進化を先取りして、戦う社会にうんざりし、新しい生き方を模索している人がたくさんいるはずです。そして、悩みと戦う生き方を選ばない彼らが、悩みへの新しい対処法を模索していく中から、新しい文化は生まれるはずです。そして、そういう文化が社会の基調になったとき、人間社会は大きな変貌をとげることでしょう。


 私の師匠である先住民の長老、セクオイヤ・トゥルーブラッドはしばしば「私たちは分別(judgement)を手放し、身の周りのすべての人やもの、出来事を受け入れることを学べば幸せに生きられるんだ」と述べています。

 「分別」:本来の仏教用語としての「分別」は深い意味さえわからないまま頭で判断して物事に白黒をつける、人間の浅知恵を意味していたのです。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/10/28  11:03 | 投稿者: masuko

 えっと、Windows10に替えたのが悪かったらしくパソコンの不具合が生じ、今朝、起動せずパニックでした。サポートセンターに電話して復活してやれやれですが、情けないほどのパソコン依存症ですね。インターネットはともかくも、メール機能にいろいろ頼っているところもあって・・・Yahoo!メールとかを使えばどこからでもアクセスできるし、早い話、スマホにしたら、こんなにも家に備え付けのデスクトップに頼らずともいけるんでしょうけれど。

 さて、中旬の夫との中国地方旅行記もまだまだ中途半端なんですが、岡山での断食関係の情報を自分の中でまとめておきたいと思います。たくさんあって頭の中が混乱。今日はとりあえずわらと船越さんについて。

 行って来たところは岡山、備中高梁からさらに奧の山村にある、百姓屋敷わらです。
 築140年の古民家を生かしたセミナーハウスということです。自然食レストラン、自然食民宿っていう時期もあったみたいですけれど、今はそういうことではなく、料理講習会や断食会などのイベントを泊をともなってできるセミナーハウスとのことです。

 な〜にもない山村の奧です。よくそういうところでこういうことをしようという気持ちになったもんだ。最初の1年はお客ゼロだったとか・・・

 そういう話を面白おかしく聞かせてくれたのはここの主人であり、今回の座禅断食の指導者である船越康弘さんです。

 私がいっている座禅断食野口法蔵さんが考え出した方法論によるもので野口さんより断食会を主催してよいとお墨付きをもらっているお弟子さんたちの会です。

 さて、船越康弘さんは基本、料理人です。マクロビオティックを基本とし、野菜の重ね煮を提唱しています。そして、

 そのにんじんを食べるということは、にんじんの「命」をいただくことであり、自然界のエネルギーを体に取り入れるということです。それが私たちの体をつくり、「命」を永らえさせてくれるのです。自然が私たちに食べ物を与えてくれて、生きることを許してくれた。なんとありがたいことでしょう。私たちは「生かされて生きる命」なのです。食べ物を前にしたとき、これを与えてくれた自然に感謝し、一本のにんじんに感謝する心を忘れてはいけません。
 というような考えを基本に「食べ物変えると人生変わる」というようなテーマで講演等をしながら、生き方についても深く考えメッセージを発信しています。

 無肥料無農薬での自然農法で米、麦、野菜を作り、出来るだけ自然で、農的な生活をしている。

 例えば、断食明けの食事に油分の入っていないパンを食べるんですが、これがすごい。

 イタリアになんとか残っている小麦の古代種をとりよせ、(今、出回っている小麦の種は収穫しやすいように背丈の同じ麦が育つように放射線をあてたりしてたひどい品種改良を加えたもの、さらに高熱を使った製粉をするようになっているのでタンパク質が変成してしまっているから市販の粉なんて食べられたものじゃない・・・そうで)自分の畑で栽培し、製粉し、天然酵母で作ったという優れもの。

 ともかく、船越さんは食べ物の質にとことんこだわる。

 人間の身体は食べ物でできているから食べ物の質が上がればその人間の質、人生、周波数、意識レベルが変わる

と。

 船越さんの話は大変エネルギッシュで面白かったです。やや多動的で話し出したら止まらない、どこまでも続くって感じでした。

 小麦粉はひとつの例で、すべての食べ物が本来自然界に存在していたものと姿を変えてしまっている、だからアレルギーだなんだっていうようになった・・・何百年(千年?)もずっとパスタを食べ続けてきたイタリア人がなんでグルテンフリーでなくちゃなんてことになっちゃたんだああ??おかしいでしょ、人間が食べ物を儲けるために都合のよいように変えてきたからでしょ・・・って言ってましたね。その通りだなあって納得しちゃいました。

 ネットで検索してみたら講演がYouTubeでアップされていた。時間のあるときにゆっくり。

 今日はこの位にしておきます。わらの写真を。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ