2015/4/17  21:53 | 投稿者: masuko

 日曜日のお浚い会はまあ、内輪のものだし、そんなに頑張らなくてもと思うけれど、それでも一つの曲を仕上げたいと思うし、ちょっとはかっこつけたいという欲もあるので、練習を頑張っている。どうせ弾くなら、当日弾く先生の楽器の方がいいから、今日、明日と先生宅で練習させてもらうことにした。先生がもし練習したいとしても別の楽器で弾くし、玄関ホールと練習室と二箇所に分けてハープをおいてあるので、私が弾く楽器でレッスンをする人がいなければ、いつでも借りられるというわけ。
 どうもまだ完全に弾ききれていない。やっと指がはまるようになり、和音をポロポロンと微妙にずらして弾けるようになった・・・として、しかしだ。このずらした音の最後の一番高い音がいわゆるメロディーラインなわけでこれが1.2.3.4・・・という拍にあっていなくてはならない。ということは微妙にずらし始める最初の音はその拍の丁度の時から少し前に弾き始めるということだ。このタイミングが難しい。そんなことを考えていると今度はこの微妙なずらしによる和音がきれいに弾けなかったりする。
 ICレコーダーで録音して聴いてみるとかなりテンポが狂っていて特に休符をしっかりその長さ分休まず、次の音を出してしまっていることが多い。これは次に弾くべき弦にしっかり指をはめて準備しようという気持ちでいっぱいいっぱいになっていて準備できるとよしよしとばかりに弾いてしまうのだろう。つまり音楽性ゼロの状態で楽譜に指定されている弦を指が何とかはじくことだけでアップアップしてしまっているということだ。これでは音楽にならない。
 んーなかなか難しいよ。楽器に向かっているだけでは駄目だと思い、メトロノームに併せてお風呂なんかで楽譜を見て、メロディーを歌ってみたりしている。
 今、ここに書いたことがなんとか出来るようになったとして・・・・最後には弦をはじいてどういう音がでたのかということが課題が残る。軟らかい音、優しい音、力強い音、わき上がるような音、キラキラした音・・・レッスンの時にいろいろな形容詞が先生の口から飛び出てくる。これが不思議でレッスンで先生に言われ、そうイメージするだけで指の動きからが変わるらしく、出て来る音が変わるという経験を何度もしたことがある。「ほら、音がかわったでしょ。そうそうその音」なんて言われる。
 感性と努力と効率の良い練習の仕方と・・・・後なにがあればいいのかな。
 ハープ演奏者として究めることはとてもできないけれど、挑戦し続けることに面白みはあるのでやめられない。
 
0

2015/4/16  17:40 | 投稿者: masuko

 このお二人が仲がいいって面白いな。どっちもどっち、変人奇人?阿川さんは相当な鉄道オタクみたいね。また二人とも豪華客船なんか乗って一緒に旅しているんだな。何か書かせようってわけで出版社の経費かしらん??

 面白かったよ。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/4/15  8:26 | 投稿者: masuko

 前々から渋沢栄一について知りたいと思っていた。城山さんの語り口に魅せられて大変面白く読んだ。もちろん、栄一さんが素晴らしく面白いのだけれど。

 城山さんの文章は、その人物のことを城山さんが好きと感じているかそれとも嫌いか・・・大変解りやすい。それがまた読んでいて楽しい。

 幕末と明治初期の混乱のことは大河ドラマなんかで何度も扱われるけれど、人間関係やその他今一よくわからなかったが、それについては大変解りやすく読めた。な〜るほど、こういうことかみたいな感じ。

 今の日本があるのは、たくさんの人達のいろいろな「お陰様・・命をかけた闘い、夢、野望、努力・・・」なんだよね。幕末、明治という時代は本当にすごい時代だ。
 
 渋沢栄一記念財団というのがあって、渋沢資料館というのもあるようだ。こんど東京に行くときによってこようかな。

 クリックすると元のサイズで表示します

 こんなお顔されていたようで。幕末から昭和を生き、昭和6年91歳で亡くなっている。
 クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/4/14  20:05 | 投稿者: masuko

 一昨日、やけに寒がって夫に可笑しいといわれた。昨日、やっぱりなあ・・・ちょっと喉がへんかも。今日も、似たような感じだ。
 なんとなく元気も出ず、映画もいかずおとなしくしている。これで雨が降っていなければ、酵素風呂にいって風邪を退治すればいいのだけれど、昨日からずっと降り続いているんで、出かける気になれない。夕べはリコーダーの練習日だったんでそれは頑張っていってきた。
 ハープの弟子仲間のお浚い会も今週末に迫っているのでハープの練習も頑張ってはいる。
 
 後は読書と風邪退治のための健康法をしこしこと。

 ソックスやレッグウォーマー、レギンスの重ね履き。イトーテルミー、せんねん灸、昼間っから半身浴を一時間ほど、生姜湯<生姜(30グラムくらい)をスライスして水筒にいれて熱湯(500㎖)を入れ、その湯を一日掛けて飲むというもので甘酒を料理に利用することを熱心に勧めている方がこの生姜湯もすすめている

 ま、こんなところですかな。

 
 
0

2015/4/13  14:39 | 投稿者: masuko

 内田樹さんのブログのこのページ。
 読んで下さい。

 ここです。
0

2015/4/13  10:24 | 投稿者: masuko

 「雄気堂々 下」が利用可能になりましたよっていうメールをもらってから3日ほど経っちゃって、取りに行かなくちゃと思っていたら、次のメールがまた来ちゃった。秋だったか暮れだったかものすごい予約数だったけれど、とりあえず予約しとけって予約した中島京子さんの「かたづの!」。
 これはまだまだ予約がたくさんあるようだから先に読んでどんどん返してあげよう・・・。

 面白かった。丸一日で読了。

 江戸時代の唯一の女大名「清心尼」のお話。どんなきっかけでこの小説を描いたかというのはここにインタビューがありました。

 遠野って一度ゆっくり行ってみたいね。

 かたづのって何だろうって思っていたら羚羊(かもしか)の角でした。語り手の「私」はこの角です。

 この角を語り手にしたら小説としてはずみがついてどんどん書き進めることが出来たとか。小説家の発想って面白いね。

 クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/4/12  18:01 | 投稿者: masuko

 木管五重奏、ピアノ、バイオリン、歌などいろいろ。コンサート主催のリーダーはピアノニストの畠山さち子さんで、私の小学校と中学校の同級生。5年6年と同じクラスだった友人だ。家も近かったのでけっこうよく一緒に遊んだ。
 国際コンクールに優勝、入賞、ショパンコンクールの審査員などなどの経歴をお持ちだ。
 彼女のラヴェルの「ラ・ヴァルス」が素晴らしかった。超絶技巧という感じで曲想もはワルツなのにおどろおどろしいという変わったものだった。プログラムの本人のコメントによると「13年前から虜になってはいるものの奇異な感覚に襲われて逃げだしていたが、今回、現代人のワルツはまさしくこれぞとついに溶け込むことが出来た」とのこと。演奏者が曲と対峙してくのも楽じゃないね。年齢を重ねていくことの意味っていうのもあるのだろう。

 歌は日本の歌曲だったが「語り歌曲」というジャンルがあるのを初めて知った、歌っているのか語っているのか・・・境目がないような感じといいますか、なかなか味わいがあった。

 音楽大学を出たものの、ずっと音楽家としての活動はしていなくてシルバーになってから勉強しなおして・・・という出演者の方もいた。何事も幾つになってもチャレンジだな。

 まだまだこれからどんな才能を発揮できるとも限らない。がんばらなくっちゃ・・・!!
0

2015/4/10  21:14 | 投稿者: masuko

 渋沢栄一のことを書いた城山一郎の「雄気堂々」の上を読んだ。こんなにすぐに読めてしまうなら下も一緒に借りておけば良かったのに、ちょっと予約のタイミングが遅く、二日ほど待ちがでてしまった。東京一泊中に読む本がなくなったので、珍しく図書館の書架をくるりとして見つけた本。
 村上春樹氏の本のイラストでおなじみの安西氏がお城のことを書いた本。安西氏は昨年3月亡くなられている。
 挿絵もついているしなんとなく面白そう・・・・。

 なかなかのものでした。ちょっとした観光ガイドにもなっている。安西氏、ものすごく歴史に詳しい。歴史に関する内容が濃い。またこどものころや学生時代、勤めたばかりのころの思い出話などをちょろりと挟んでその町に行きたくなった理由を紹介し、小さな城下町をどんなふうに歩いたか、何を感じたか、その町の歴史は・・・と小気味よい文章でテンポ良く綴っている。

 どの街も行ってみたくなってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/4/9  12:02 | 投稿者: masuko

 7日、東京でオペラを鑑賞する前の時間に映画を観た。夫が選んで夫婦割引き二人で2200円。静岡では上映されない映画。

 良かった。こういう映画を作る人、演じる人ってすごい。

 殆ど、二人の登場人物の会話だけで成り立つ。+1944年ごろのワルシャワやパリの本物の映像。

 第二次世界大戦の終わりごろ、ドイツの敗戦はもう目に見えているというのにパリはドイツ軍による壊滅の危機を迎えていた。それをやめさせた「スウェーデン総領事ラウル・ノルドリンク」と司令官としてヒトラー総統命令に服従してパリを破壊しなければならない「コルティッツ将軍」との会話の駆け引き。この二人に密談があったのは実話で互いに回想録を書いている。

 元の題名は「外交」。「パリよ、永遠に」の方が日本人の客の心はつかむだろう。しかし、外交という題名は考えさせられる。安倍チャン、観た方がいいんじゃないか。監督は「70年前に行われた外交は、“人間 対 人間”の駆け引きと対話だった。私はヒューマニズムを信じる古くさい人間で、かつての外交のやり方を信じている。」と語っている。(監督のインタビューページ)

 出かける前の晩にネットで映画情報を検索して夫が見つけた映画。年間150本観ている人の嗅覚に感心。イイ映画を見つけてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/4/8  23:45 | 投稿者: masuko

 鴈治郎、襲名披露公演。昼夜両方楽しんで来ました。大幹部勢揃い、両花道でお祝いムードいっぱいの歌舞伎座です。鴈治郎さんの吉田屋と河庄、よかったですよ。お父さんの藤十郎と間違えちゃうほどよく似ているね。
 二ヶ月続けて歌舞伎座へ行くのは珍しい事でした。二ヶ月とも、勘九郎とか海老蔵とかの若者人気役者がでてなくて演目も渋いので客の年齢層が高く、今日辺りは空席も目立っていますね。
 歌舞伎を観るとどうしても勘三郎さんや團十郎さん、そして三津五郎さんのいない寂しさを感じてしまいます。
 二日間、座って「観る」に徹していたので疲れました。お疲れ様。
0

2015/4/7  22:30 | 投稿者: masuko

東京上野の東京文化会館でワーグナーのワルキューレ(演奏会形式)を聴きました。2回の30分休憩を入れて5時間。熱気に包まれていました。ワーグナーって凄い。このオペラ、ニーベルングの指環は全曲を上演するには4日間かかります。この東京・春・音楽祭では毎年一つずつ四年かけてやる予定で今年は2日目(2年目)のワルキューレ。スケールがデカイ!! そして音楽はダイナミックで美しく観客を飽きさせない。ワーグナーの指定通り6台のハープがステージ左側にデ〜ンと並んでいて圧倒されました。N響はさすがだな。ソリストもN響もヤノフスキさんもブラボーでしたチョキ 大満足。終わって8時。娘と食事しました。一泊します。明日は歌舞伎座です。
0

2015/4/6  17:00 | 投稿者: masuko

 気になっている映画はさっさと観ることにした。
 私も会員になったので夫のサービスポイントが6点たまるのを待っている必要もないしね。

 松田龍平って暗い顔して喜劇やるのが似合っているんじゃないかな。

 松尾スズキさんのすごさを感じる。

 それにしても西田敏行ってなんであんなに汚いおじいさんになってしまったんだあぁぁぁ この前のマエストロの時にも感じたけれど。こういう役にはうってつけかもしれないけれどね。

 片桐はいりが好きだな。松たか子さんがこの中ではふつうーーーでほっとする。

 エキストラの村のおじいさんおばあさんたちがいい味だしている。

 まあ、どうしても観なくっちゃって感じでもなかったかも

 明日は夫とオペラ(演奏会形式)を観に東京へいくけれど、それまでの時間を潰すのに映画を観るらしい。夫任せで。国立科学博物館のアマゾン展を観たかったけれど一人1600円は高いな。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/4/5  18:06 | 投稿者: masuko

 今日は、私の友人にリコーダーの練習に参加してもらった。積志リコーダーカルテットという浜松のグループで長年、演奏活動をしていて、彼がリコーダーアンサンブル用に編曲した曲もたくさんあり、楽譜集になって売り出されてもいる。
 私達の演奏を聴いて気がつくことをいろいろアドバイスしてもらってとっても勉強になったよ。
 音を小さくすると音程が下がっちゃう場合の替え指も教えてもらった。基本、リコーダーは息の勢いをつけて強く吹くと音程があがり、小さく弱く吹くと音程が下がる。それがなかなか難しいところだよね。3人とか4人とかでアンサンブルすると、自分でない人がメロディーを吹いているから邪魔にならないように小さな音にしたいのに音がさがってしまうとハーモニーが崩れるからね。
 さらに、曲のイメージの持ち方とか、フレーズのとり方、流れなどをアドバイスしてもらった。可愛く吹くとか、流れるように吹くとか、軽く吹くとかけっこうそういうあいまいな言葉でもそれをイメージするだけで随分と吹き方が違ってくるものだ。そのためにタンギングがどうの、息の吹き入れ方がどうのって細かなスキルがどう変わったのか自分でもわからないけれど、知らないウチに変わっている。そこがなかなか面白い。
 それと前にもこのブログで書いたけれど、自分で声を出して歌う時と同じ脳を使うというか、その音程をイメージし、且つ、その音程を喉から声に出すようなつもりで吹くと、音程が合いやすいように思っていたがそれも間違っていなかったようだ。

 音楽は「音を楽しむ」と書く。

 ハープはなかなか難しく楽しむところまで行きつかずスキルの面で四苦八苦してしまうことが多い。それでも、最近は少しだけ、どういう指のはじき方をするとどういう音がでるのか、今、自分はどう感じられる音を出したのか・・などなど、スキルを向上させるべく練習ながら音を楽しむということが出来てきているように思う。

 リコーダーもハープも奧が深い。「上手に」ということを目指すのではなく、吹いてる方も聴いている人も「楽しい」ということを目指せるといいね。
0

2015/4/4  11:46 | 投稿者: masuko

 今日から始まっている。これは面白そうだ。観にいかなくちゃ。大抵2週間上映で組んでいるいつもの映画館だが、初めから5週間予定している。良かった。予定がたてやすい。

 ジヌよさらば

クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/4/3  10:00 | 投稿者: masuko

 インディアンの癒しの言葉

 読書というよりは何度か声に出して読んでいます。

 生命が生まれる前からの宇宙と自分が繋がっている、世の中のものはみんな繋がっている、一体だっていうことが感じられます。

 こういうものを治療に使うという発想が出て来ていることにホッとします。

 天外さんという方は『医療と瞑想の会』というものを行っているとか。ちょっとチェックしてみたい方です。

 野口法蔵さんの本を読んでまたまた知りたいことがいっぱい増えました。

 クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ