2014/10/31  15:22 | 投稿者: masuko

クリックすると元のサイズで表示します

 表紙のお二人の対談や、それぞれのエッセー。お二人に松岡心平氏(東大大学院総合文化研究科教授。日本中世文学、芸能が専門)を交えての対談。

内田氏のあとがきから

 能楽の稽古を始め、十年ほど経過したときに、合気道の稽古で感じたのと同じように、自分の身体で起きている前代未聞の経験をなんとか言語化したいという強い欲求を覚えるようになりました。
 直接的には、仲間を増やすためでした。
 能楽と無縁の人たち、能楽堂に足を運んだこともない人たちの好奇心を掻き立てて、能楽堂に呼び寄せたい。他のどんな芸能の場でも感じることのできない、能楽だけがもたらすことのできる不思議な浮遊感を味わってほしい、そう思ったのです。


 ここ数年、能を観て、「不思議な浮遊感」というのは感じることがある。囃子のリズム、リズムの連続性、地謡いの響き、抑揚、強弱、シテの面は表情があるわけないのに、あれ?なんだか表情が変わった?みたいな時もある、シテの舞の限られた動き。それらがあいまってなんともいえない世界が生まれてくる。
 その世界に入りながらもぷかぷかと浮遊しているウチにその奧の世界を観る前に寝てしまう。
 今年こそはもう少し奧の世界を覗いてみたい。そのためにはシテの舞から何かを感じることができるといい・・・ということがこの本を読んで分かったことかな。

 能舞台の場がゼリー状になる、寒天状になるという話があった。お囃子、謡い、舞が始まってだんだんにどろっとした空気に変化していく感じというのがわからないでもないような気がする。内田氏がいうには「そのどろっとした空気の中でこう動くしかありえないというように舞う」とのこと。つまり、頭で考えて何歩前にでて右に回って・・・などということでなく、そのどろりとした空気の中である一筋の道が開けてそこを歩いて進むしかない、みたいになるとのこと。
 
 入門書としては良いと思う。観世のお家元の気さくなお人柄がいいね。内田氏的な論法に慣れていた方が読みやすいかもな。霊性的なこととか武道のこととかで彼が何を感じている人なのか知っている方が話題についていきやすいだろう。
0

2014/10/30  19:45 | 投稿者: masuko

 ヴォーリズこだわりのドアノブ
クリックすると元のサイズで表示します

 照明
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 2階の裁縫室の収納 ステキ。斜めになった天井にちゃんと対応して作ってある。
クリックすると元のサイズで表示します

 1階の居間の天井はゆるくアーチ状。 この部屋でコンサートを開いたりすることもあるようだ。(Facebookにちょうどこんなものが。)
クリックすると元のサイズで表示します

 骨董室 マッケンジーさん、骨董集めが趣味。作り付けの家具の中にいっぱい骨董がはいっていたのかな。
クリックすると元のサイズで表示します

 窓下のちょっとした作り付けの棚 ピンぼけ写真ごめんなさい。
クリックすると元のサイズで表示します

 踊り場にベンチのある階段 3階には展望室。マッケンジーさんは天体観測も趣味だったそうな。それについてはヴォーリズとも意気投合てなことがどこかに書いてあったなあ。
クリックすると元のサイズで表示します

 お風呂が三つ。夫婦、客、女中さん用、コートルームもあるし、地下があってボイラー室と食料庫。全館暖房、給湯ありです。
 
 窓ガラスの手前側に雨戸。壁が厚かったです。

 見応えありました。
 
0

2014/10/30  19:21 | 投稿者: masuko

 ヴォーリズの建築に対するこだわりについてヴォーリズの書いた「吾家の設備より」「吾家の設計」という本からの引用で説明してあった。

 食堂は楽天的に!
クリックすると元のサイズで表示します

 明るい日光浴室のある食堂  かなり広い
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 当時、最新の家電コンロ。
クリックすると元のサイズで表示します

 たくさんの収納ができるねえ。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 扉を閉めてあってテープで留めてあったんだけれど、ゆっくりじっくり観ていたら熱心な人達だと思ってくれたのか係の方が特別に扉を開けて見せてくれた。本当はいつも開けておきたいけれど、中のものを出したり持って行かれたりすると困るんでと仰っていました。こえはなかなかに優れものの収納スペースだ。遣う人の気持ちになって棚を作るって大事ね。
クリックすると元のサイズで表示します

 住まいを作る時には第一に台所、第二に寝室。この考え方はすごい。健康でゆっくり休養のできる家庭生活を送ることを大切に考えているんだね。寝室からすぐにアクセスできる風呂トイレという考え方も凄い!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/10/30  19:02 | 投稿者: masuko

 時々ランチしておしゃべりをする友人と旧マッケンジー邸に行って来た。ブログを読んでくれているから、私がヴォーリズ建築等に興味があるのをよく知ってくれている。
 
 近江八幡に行った時は残念ながらヴォーリズ記念館(ヴォーリズ夫妻の家)を観ることが出来なかった。幼稚園、郵便局、教会などは観たが、いわゆる人の住む「家」としての見学はしてなかったのでとても新鮮で、また、あらためてヴォーリズの建築に対する細かな考え方を知ることができた。

 マッケンジーさんというのはお茶の輸出のために日本に来ていたアメリカの商社マン。この家は昭和15年に作ったとのこと。海のすぐそばで静岡のいわゆるお街、お役所などがあるところからは相当離れている。建築当初の写真があったが、まわりは茅葺きの粗末な家がぽつぽつとある田舎。その田舎にこの家。村の衆はびっくりおったまげただろう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 夫のダンカン・マッケンジー氏が静岡で亡くなってからも妻のエミリーさんはずっと静岡に住んで、恵まれない子どもたちのめの社会福祉に熱心で乳児院や保育園を作り、静岡の名誉市民第1号となったそうだ。

裏側 2階のテラスが洒落ている。テラスのある部屋は客用寝室。右側も客用寝室。左はクローゼットで夫婦寝室につながっている。
クリックすると元のサイズで表示します

建設当時からある松の木 庭から。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/10/29  20:45 | 投稿者: masuko

 脚、痛いけれど・・・ぐっすり寝て気分爽快。
 予約した本が来ているというメールあり。図書館までの片道30分を歩く。7300歩。
 歩くにはよい季節ですよ。
 読みかけの本がたまっている。縄文時代関連、能関連、そして今日とってきたのは時代小説で井原西鶴のお話。面白いことに縄文時代関連の本の中に能の翁のことがでてくるんだよね。
 暮れにかけて「能」に関する本をいくつか読んでおくつもり。暮れの恒例の京都滞在で数回、能を観る予定。今年こそは何かをつかむぞ!!昼寝タイムじゃもったいないものね。
 歩いたり、読書したり、旅したり、美味しいもの食べたり・・・秋を満喫しましょう。
0

2014/10/28  19:54 | 投稿者: masuko

 昨日よりはよいお天気に恵まれて歩きました。宮城野から明星ヶ岳に1時間ほどの急登。登り切ったら右へ折れて塔の峰へ。これはガンガンだらだらガンガンだらだらの下りをかなり続けて最後少し登って。塔の峰からは湯本へ。これはガンガンガンガン降りて降りて。急な下りが続くと疲れますね。
 湯本でひなびた日帰り温泉に入って帰って来ました。今日は21500歩。二日続き、下りが長かったということで脚が痛いっす。

 箱根ハイキングマップ

 昨日の箱根峠の道の駅からの芦ノ湖と駒ヶ岳。おー晴れてきた!って思ってすごく期待したのに、この後、ぐっと曇って霧も出て、何も見えなくなっちゃった。ガイドブック的にはパノラマの眺望というようなスポットもあったのになあ。リベンジしたい。
クリックすると元のサイズで表示します

 ちょっとだけ霧が晴れた時、紅葉がなかなかいいね。
クリックすると元のサイズで表示します

 深良水門 もともとは江戸時代にトンネルを掘って芦ノ湖の水を御殿場側に流してその地域の土地を潤したっていうんだから江戸時代の人の技術も凄いねえ。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 仙石原のススキの原
クリックすると元のサイズで表示します

 本日、明星ヶ岳の登り口あたりから。富士屋ホテルだね。
クリックすると元のサイズで表示します

 明星ヶ岳の大の字の所からの景色。二日間で富士山が見えたのはこの時、ここからだけ。雲多いしなあ。昨日も今日も外人さんの観光客と出逢ったけれど、富士山みえなくっちゃねえ。気の毒だ。まあ、山の天気はこんなものかな。もう少し寒い時期のほうがきれいに見える確率が高いか。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/10/27  19:44 | 投稿者: masuko

先日、箱根に来た時に秋のうちに箱根の山を歩こうということになり本日決行。25600歩程の山歩きとなった。外輪山の尾根を緩やかにアップダウンするとても歩き易いよい道。三島からバス。箱根峠で降りて山伏峠、三国山を抜けて湖尻峠に出るコース。残念ながら凄い霧で眺望はまったくダメ。ホテルに着いた3時位にやっと晴れてきた。明日は大文字の大の字がある明星ヶ岳に登る予定。頑張るぞーオー!!
0

2014/10/25  18:37 | 投稿者: masuko

 こういうイベントのお手伝いで、リコーダー吹いてきました。2時間半ばかり吹いたんで、けっこう疲れました。いいお天気だったし、親子連れが自然の中で楽しんでいる雰囲気はとってもいいですね。(つまり、里山のお楽しみのバックミュージック係ってわけ)でも、なんだろう、今の若い家族っていうのはこういうイベントで遊ぶのに馴れちゃっているっていうか、こういう形がないと遊べないっていうか・・自分の子育ての時とはちょっと違うような気がしましたね。
0

2014/10/25  18:10 | 投稿者: masuko

クリックすると元のサイズで表示します

 はい、面白く読みました。時代小説ミステリー・・・そんな言い方はないかな。まあ、そういうお話でした。

 本所深川六間堀町の太物問屋『あたご屋』の一人娘お八重は十七歳。母は亡くしたものの、父の重蔵と祖母の久利、伯母のお竹に加え、お付きとなった十六歳の女中・おちかに囲まれ、幸せな日々を送っていた。だかある日、“川獺”と名乗る男に出逢った瞬間から人生が一変する。初めての恋に落ちたのだ。そしてその日から、人生の日向しか知らなかったお八重の周りには、謎が、死が、災厄が忍び寄ってきた…。少女が大人の女性へ変わっていく季節を鮮烈に描く!
0

2014/10/23  16:13 | 投稿者: masuko

 姪の知り合いの方(私も数回お会いしたことがあるけれど)が個人でお宅でやるというバザー&チャリティーコンサートにいってきた。震災以後、被災地支援をしようとお仲間に声をかけて一緒にやっている感じだった。
 不要品とか手作り品(布製品やお菓子、パン、手打ち蕎麦、お汁粉等等)のバザーとピアノと歌のコンサートで、入場券1000円。
 近所の方とかお友達とかたくさん集まってコンサートの時には50人はいたよなあ。もっとかな。それだけの人がそこそこ買い物すれば、少しはまとまったお金が集まるかな。そんなに高額にはならなくてもこういう地道な活動をやろうっていうのが偉いなあ。お座敷に続く板の間がそこそこのスペ-スという広いお宅だし、ピアノもおいてあってコンサートもできちゃってグーです。御近所のおじ様がハーモニカの演奏もしてくれた。ハーモニカって何台も重ねて持って吹くんだね。音域の問題かな。通常の呼吸のペースではなくメロディーによって吸ったりはいたりするわけだからなんだか苦しそうだけれど、とっても懐かしいしみじみとした音だった。
 集まったお金はアファンの森 震災復興プロジェクトに寄附されるそうです。
 C.Wニコル氏については以前、加藤登紀子さんとの対談の本を読んで、ブログにニコル氏の考えをもっと知りたいとか書いているのに、その後、ノーチェックだったな。
 東松島市の小学校を森の中に作っているそうだ。(津波の被害で今も仮校舎で学んでいる。高台移転事業で新設される小学校作りをニコル氏のプロジェクトが行っているということだ)

 おおきな動きを作る人も小さな動きを地道にやる人も素晴らしいです。

ニコル氏のHPにこんな詩がありました。

ハチドリ物語

( この物語は、日系カナダ人のジョイ・コガワさんから聞いたある先住民族に伝わる話です。 )

恐ろしい山火事がありました。
森の動物たちは、みんな必死に逃げましたが、一羽のハチドリが一生懸命、細いクチバシを使って川から水を運び、一滴一滴を燃え盛る火に落としていました。
逃げてきたクマがそれを見て立ち止まりました。
「おまえは、いったい何をしているんだ!」
ハチドリは、答えました。
「できることをやっているのさ!」


 できることをやらなくちゃね。学びました。
0

2014/10/22  21:12 | 投稿者: masuko

 近所の神社で「管弦楽の夕べ」とやらをやるというのであいにくの雨だったけれど、ちょっと覗いてきました。天気だったら外の舞台だったみたいけれど、本殿の中で。
 笙(しょう)・篳篥(しちりき)・箏(そう)・琵琶(びわ)竜笛(りゅうてき)の楽器紹介をしてくれました。素材とか簡単な構造とかをお話してくれてそれぞれの音を聴かせてくれました。
 なかなかいい音だね。
 神社で一般の人を対象に雅楽教室と神楽舞教室をやっていてそこで練習している人たちの発表だったみたい。
 明日は手筒花火があるんだって。護国神社だから靖國さんと一緒で秋の慰霊祭ってわけかあ。
 昨年の様子がHPに紹介されているね。
 寒いしお腹すいてきたんで、神楽は観ないで帰って来ました。
0

2014/10/21  14:51 | 投稿者: masuko

 ハープの先生宅でのお料理教室。習いに集まるのがオケの若い団員さんたちだったりするんで、若い人向けの献立が多いけれど、学生以来、お料理を習うチャンスもなかったんで、たまにはいいよね。トマトのスープを作るのに家では種も一緒にいれちゃうけれど横半分に切って種を捨てる方法を教わりましたあ。
 これからお嫁さんやお婿さんにお料理を振る舞うことだってあるかもしれないし、何事も勉強勉強。
 とっても美味しくできた。お腹いっぱいッス。写真全部はとても食べられないからお持ち帰りしました。ご飯もチャプチェももっといっぱいできたから貰って来たんで、本日の旦那の夕飯となります。
 
クリックすると元のサイズで表示します

 生姜の炊き込みご飯(豚バラ肉がたっぷり入っていて中華風のピラフみたいかんじ。竹の子もはいって緑には枝豆と三つ葉)
 手前が牛肉と野菜のチャプチェ(韓国風春雨というのは初めてだった。さつまいもの麺だって。パプリカ、ニラ、たまねぎ、干し椎茸、牛肉をあえてある)
 奧がパイナップルスペアリブ(焼いたスペアリブをパイナップル缶のシロップとケチャップ系のソースで煮込んである。添えてあるパイナップルは刻んでバターで炒めてある)
 奧右側はトマトサンラータン(酸っぱい玉子スープね。トマトが美味しい。ワンタンもはいっているよ。)
 手前右がにんじんのマヨネーズ白和え(とうふをマヨネーズとすりごまで味付け。にんじんは千切りを炒めてある。)
0

2014/10/21  9:32 | 投稿者: masuko

 内田樹さんと、釈徹宗さんの講演録。
 たくさんの『知らない方』の名前が出て来た。どういうお考えでどんな活動をされている人なのかおいおいチェックしてみよう。

 アップル創業者のスティーヴ・ジョブスのスタンフォード大学の卒業生向けのメッセージ

「君たちにとって一番大切なのは、それは自分自身のハートと直感を信じる勇気を持つことだ。なぜならば、あなたの心と直感は、あなたがほんとうは何になりたいかをなぜかしっているから」

 直感力を働かして生きてきただろうか。これからの人生にも直感力を働かせていけるだろうか。『勇気』という言葉にぐっとくる。そうだよな。何かに縛られて自分自身で縛ってしまって、直感していることを感じなかったように取り繕ってしまう、あるいは自分でもきちっと気がつかずに通り過ぎてしまう、そんなことが誰にもあるように思う。

 たくさんの学びがありました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/10/19  20:34 | 投稿者: masuko

 内田樹の本(講演録)を読んでいる。彼の本を読むと、「そうだそうだ!いいぞ、その通りだ。なーるほどなあ、そう考えるとなんだかすっきりする・・・」と思うところが随所にある。

 今夜も「ヒット!」がいくつかあった。

 ひとつ紹介しよう。

 学校教育の目的は、繰り返し言いますけれど、僕たち共同的に暮らしているこの集団の「頼りになる次世代」を作り出すことです。教育の受益者は集団それ自体なのです。
 こういうことを言うと「だから、愛国心教育が必要なのだ」というようなとんちんかんなことを言い出す人がいますけれど、よく聴いてくださいね、僕は、「頼りになる次世代」と言っているんです。どれほど、ファイナティックに愛国的であろうとも、「オレは愛国者である。お前はオレと意見が違うので、非国民、売国奴である」というような頭の悪い推論しかできない人間はいくら年寄りでも禿げていても腹が出ていても子供です。そんな諸君には集団の舵取りは委ねられません。先ほど「裁き」のところでも申し上げましたけれど、集団において「公的機能」を担うのは「葛藤することが出来る人間」だからです。
 個人の思いと一般意志の間で引き裂かれることに耐えられるだけの精神力の強さがないものは公人にはなれませんし、なるべきではありません。シンプルな政治イデオロギーを信奉していて。公私あらゆる局面を、同じ論法、同じ言葉づかい、同じマナーで通したい、その方が「楽」だからというように考える人間は年寄りであっても子供です。


 今の政治家達は本当に公的機能を担っているの? 本当の大人はどのくらいいるの?

0

2014/10/18  20:16 | 投稿者: masuko

 いいお天気だったんで、歩いたよ。携帯の万歩計によると23000歩ほど。15キロくらいかな。梶原景時ゆかりの梶原山を目指して長尾川を遡る。先週の台風で水かさが増している。川の景色もきれいだったのに写真をうっかりした。
 梶原山の上は一本松公園、梶原山公園として整備されていて、富士山、静岡(旧清水市側もね)、駿河湾が一望できるところ。今日は富士山は雲の中で残念だった。

梶原山から瀬名の奧を眺めて 
クリックすると元のサイズで表示します

旧我が家方面
クリックすると元のサイズで表示します

梶原山公園
クリックすると元のサイズで表示します

一番右の高いビルが新居
クリックすると元のサイズで表示します

清水方面。三保半島と海の向うの伊豆半島がよく見えていた。
クリックすると元のサイズで表示します

0




AutoPage最新お知らせ