2013/12/29  20:42 | 投稿者: masuko

タ・プロム
 @で紹介したバイヨンを建てた王様(ジャヤヴァルマン7世)が母親の冥福を祈り作った霊廟寺院。大乗仏教、12世紀

どなたかのブログの文章を借りると〜
この地の寺院群は、1431年にタイ軍の攻撃を受けて放棄された。
その後、1860年にフランス人博物学者によって密林に埋没した遺跡群が再発見されるまで、約400年以上に渡ってその存在さえも忘れられていた。

〜そうだ。ジャングルの中で遺跡を発見した時にはおったまげただろうなあ。
巨大なガジュマルの根が絡みついている。
発見された当時の様子を最大限に残しているようだ。観光地だから危険のないようにはしているようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この樹はガイドさんが「いちじく」って言ってたけれど日本のものとはだいぶ違うようだね
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/12/29  15:00 | 投稿者: masuko

 9人の旅の友と若い新米の日本語のできるガイドの10人がマイクロに乗って3日間カンボジアのシェムリアップという街周辺を観光。
 見学したアンコールの遺跡群は9世紀から12世紀ごろのもので王様が建てた寺院。ヒンズー教のものもあれば、大乗仏教のものもある。

アンコール・トムの、メインゲート、南大門に向かう時に観光用のぞうさんとすれちがう
クリックすると元のサイズで表示します

南大門 橋の両側では神と阿修羅が綱引きしている像が並んでいる。このモチーフはいたるところでみる。
クリックすると元のサイズで表示します

綱引きをする神
クリックすると元のサイズで表示します

これはヒンドゥー教の天地創造神話にちなんでいる。ヴシュヌ神を中心に神と阿修羅がナーガ(大蛇)で綱引きをして海をかき回し乳海となった海から不老不死の薬ができるシーンとな。

バイヨン 大乗仏教寺院 四面仏塔 観音様がいっぱいだ!
クリックすると元のサイズで表示します

他の顔とちがって笑っているので有名のようだ
クリックすると元のサイズで表示します

バイヨン 遠景
クリックすると元のサイズで表示します

アンコール・トムのあちらこちら
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

象のテラス
クリックすると元のサイズで表示します

象の鼻が3っつ この形もあちこちみたな
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ともかく壁面にはいろいろな彫り物がいっぱいいっぱい!!
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ