2013/8/24  13:43 | 投稿者: masuko

 五木さんの発見シリーズ。玄侑宗久さんとの対談。玄侑さんってホント博識だね。この前(6月に岐阜行った時)名古屋駅の新幹線の待合室で見かけたよ。ちゃっかり一緒に写真撮って貰っている人もいた。
 呼吸のことだけでなく、広く、仏教や食のこと、健康法のことなど、話題は尽きない。五木さんもいろいろなことを知っているけれど、玄侑さんはそれ以上かも。ずいぶん前、このブログを始める前ごろ続けて玄侑さんのものをよく読んだ。また、読んでみようかな。
 玄侑さんを売れっ子にしたのが「禅的生活」っていうやつだったと思うけれど、それも買ったはずだけれど、どこやっちゃったかな。売っちゃったかな?もう一度読んでからにすれば良かった。
 玄侑さんのお気に入り呼吸法は

 本文から
  「最近やっているのは、よけいなことを考えないで、吸った息が水色だと思う呼吸法ですね。」
  「皮膚全体からはいってくるイメージですが、それがむずかしければ、吸うときはどこでもいいんです。そして吐くときは、皮膚全体から金色の光になって出ていくと。」
  「生気がはいって、毒気が抜けていくというでしょう。そうじゃなくて、金色の息がでていくわけですから、いいでしょう。仏様みたいで(笑)。ブルーという色と金という色のイメージが全然ちがうわけですよ。」
  「金色というのは、どこまでもひろがっていくでしょう。その感じがとてもやりやすいですね。」
  「私はそれを喫水線呼吸法と合わせてやるんですよ。」
  「まず、自分の体を空っぽの容器と見なします。その空っぽの容器に、足の裏からでも、脳天からでもいいんですが、息を吸う度に水がはいってくるとイメージします。」
  「水でも光でもいいんですが、一息吸うと、一気に全身に満ちる。そしてイメージで喫水線を描きつづけます。息を吸って、足から脳天まで上がっていく喫水線を、今度は吐きながらゆっくり下げていくわけです。」
  「映像に置き換えるのが、とても重要だと思いますね。たぶんそれによって、脳はことばを扱えなくなります。喫水線がみそおちまできた、胃の幽門部まできた、腎臓のあたりにさがってきた、と具体的にイメージするんです。」


 あえて五木さんの言葉はカットして二人の会話の玄侑さんのもののみ書き出した。

 面白い! 
 カバーの絵は国の重要文化財である伊藤若冲の「蓮池図」

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/8/24  13:24 | 投稿者: masuko

 んー蒸し暑すぎ。
 なんにもする気になれんから(避暑後遺症)ブログでもいたずらしよう。
 避暑の間に3册読みました。
 まず、諸田玲子氏のお鳥見女房。長男と知多半島に行った時に息子が読んでいる日経新聞の連載小説が諸田さんで諸田さんは静岡市の高校出身ということが話題になった。その高校は実家に近く、歴史のあるもと女子高校で、夫も勤務したことがある。夫が在職中に母校を訪れたこともあるらしい。諸田さんは学年で3つ上のようだ。てなわけで、なんだかとても親しみを持ったので諸田さんのものを読んでみることにした。将軍家の鷹狩りのための鷹の世話をしたり鷹狩りの準備をしたりするお役人の女房が主人公でとっても明るくて優しくたのもしい人。ひょんなことから5人の子ども持ちの男やもめを居候させることになり、可笑しいことに、その男を敵と狙う娘も同時に居候させることになり・・・いろいろなことがあって結局その男と娘は夫婦になるんだけれど。お鳥見役には裏の家業があって秘密の仕事で旅に出掛けてしまったまま夫は消息を絶つ。それを追う次男・・・・世話になった家の主人と息子の難儀を救おうと結婚することになったばかりの男やもめも次男を追って・・・というところで話は終わってしまう。さてはてシリーズものは次々読むしか無いね。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/8/24  10:57 | 投稿者: masuko

 そういえば、昨日、書くのを忘れたけれど、善光寺は行かなかった。雨がひどかったんだ。だから、斑尾→飯山→長野と乗り継いで、長野でお土産を買ってそれで新幹線を乗り継いで帰って来たんで3時ごろには家に着いちゃった。あー蒸し暑いね。たまんない。
 
 えっと避暑報告としては蝶のことは書いたんで、後は、トレッキングの写真かな。ブナ林や湿原、湖だな。1、2時間ぶらぶら歩くと、森林、湿原、湖と揃っていて、道標もしっかりあって(間違っている道標もみつけたけれどね。方向が全く逆だった。山の家に言ってあげればよかったかな)道もまあ、歩きやすくて。ただ、ちょっとハエとか虻とか蚊とかがねえ、うるさかったよ。それは夏だからだよね。秋だったら紅葉がいいだろうし、雪解け後だったら湿原の水芭蕉やその他の花がいいだろうな。今は水芭蕉は、もうおばけみたいになっていた。

ブナ林
クリックすると元のサイズで表示します

熊の爪痕 このあたりは月の輪熊だって。人はおそわないそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します

沼の原湿原。
クリックすると元のサイズで表示します

湿原でみつけた花。 多分「おおしらひげそう」
クリックすると元のサイズで表示します

希望湖(のぞみ湖)一周する道があったけれど、この日はもう、いっぱい歩いていたんでカット
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ