2013/6/29  17:27 | 投稿者: masuko

 乗り物の中で読むのには軽く読めるモノ・・・百田さんがいいかなっと思って持って行く。ちょうど友人のツイッターでも話題になっていたしね。
 時代小説。

Amazonの商品の説明から
内容説明
光があるから影ができるのか。影があるから光が生まれるのか。国家老・名倉障蔵が追った竹馬の友・彦四郎の不遇の死、その真相とは。
内容(「BOOK」データベースより)
頭脳明晰で剣の達人。将来を嘱望された男がなぜ不遇の死を遂げたのか。下級武士から筆頭家老にまで上り詰めた勘一は竹馬の友、彦四郎の行方を追っていた。二人の運命を変えた二十年前の事件。確かな腕を持つ彼が「卑怯傷」を負った理由とは。その真相が男の生き様を映し出す。『永遠の0』に連なる代表作。


 選択はOK。新幹線、小田急線、地下鉄、山の手線・・・座って荷物からひょいと出して読んでそろそろ駅だと思えばしまって・・・ほんの短い時間でもさっとその世界に入って楽しんでさっと切り上げても、また次にページを開いた時に楽しさが持続している。面白かった。次は〜次は〜と早く読みたくなる話の展開。

 「永遠の0」もそうだけれど、しつこいよね。彼がテーマとしていることや描きたい人物像を描くのに、これでもかこれでもかとエピソードを重ねていくっていう手法。
 
 袋とじには賛否両論あるようですね。(連載の時の終章を単行本では未収録にし、文庫本では袋とじになっている・・・)思わせぶりだね。まあ、普通は何が書いてあるだろうって開けるよね。
 この袋とじはしつこさの証明って感じ。これでもかこれでもか・・・です。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/6/29  13:18 | 投稿者: masuko

 向ヶ丘遊園から新宿へ、また、小田急線に乗り今度は渋谷に向かう。4時からの映画。おっとぎりぎり。映画館の場所がわからなくてちょっと焦る。5月に南三陸町へいったころラジオで聞いて観たいと思っていた「ガレキとラジオ」という南三陸町の災害ラジオ局のドキュメンタリー映画。
 何とか見つけたその映画館は小さなビルの喫茶店の奥に60人くらいしか入らない感じの小さな部屋。教室の黒板程度のスクリーンでマイナーな映画をやっているところみたい。この映画は5月中は他の映画館で毎日やっていたんだけれど、6月はこちらに移り一週間に一度しかやらない。それがちょうど木曜日の夕方だったんで今回の旅行を木金で決行。
 さて、観たい観たいと思いすぎてしまったせいなのかどうかわからないが、実際に南三陸町にいった時の感動や衝撃の方が強かったという印象。でも、だれもがみんな現地にいって震災を感じたり考えたりできるわけではないから、こういう映画を多くの人に見てもらって震災の事実やその後の人々の生活のことに関心を持ってもらうことは大切だと思う。
 
0




AutoPage最新お知らせ