2013/6/18  23:46 | 投稿者: masuko

 村上春樹が小澤征爾と対談したものをまとめたもの。めちゃくちゃ面白かった。読み進めていく時に、話題になっている曲のCDを夫に持って来て〜と頼んで聴きながら読んだ。我が家にも相当量のクラッシックのCDがある。すべて夫の持ち物だし、どこにどういう分類で収納してるのか私にはわからない。
 でも、春樹さんの音楽好き加減、というか、詳しさは凄い。○○の指揮者で、○○のソリストで、○○のオーケストラのいついつの○○を録音したこのレコードはこうこうだ・・・という具合に詳しい。同じ曲の違う演奏者の場合はこうこうで・・・・小澤さんのこの時のこれはこうこうだが、○年後のこの時の同じ曲で、こう変化している・・・・等等、本当に音楽を聞き込んでいる。ジャズも詳しいっていうから相当なマニアだよね。
 だから、小澤さんは自分と自分の周りのことは知っていても、他の人の演奏のことは聞いて無くて知らないこともあるから、けっこうびっくりして話しているみたい。
 小澤さんとカラヤンとかバーンスタインとか、斎藤先生とか、いろいろなソリストとの交流や、音楽をどうオーケストラと作っていくのかとか、スコアを読むときのこととか、話題は尽きないって感じで、まだまだ二人のお話を聞きたいよって思う対談だ。
 私はここに話題になっているベートーヴェンとかブラームスとかマーラーとかの曲を聴けば、あーこれかあーって言うぐらいで、曲の名前をいわれても、すぐにどんな曲か思い起こせない程度。ちょっと情けないほど、そういうことって覚えられない。この際、もう少しは頭の中にいれようかなって思って、最近購入したICレコーダーの中に入力。出かけるときにイヤホンで聴いて若者のまねをして、イヤホンのコードを絡ませている。
 どうやらこの本で話題になっている演奏を集めたCDも発売されているようだ。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/6/18  15:05 | 投稿者: masuko

 静岡市の美術館は駅前のビルにある。いつでも行けるって思うからかな、一度も脚を踏み入れたことがなかった。
 先日読んだ高峰秀子さんのヨーロッパ二人三脚で度々登場する藤田氏。どんな絵をかく人だったかなあと行って来た。
 平日の10時代、なんでこんなに混んでいるの?今週で終わりだからかなあ?中高年だけれどねえ。まあ、私のように皆ヒマってことです。
 藤田さん、なかなか数奇な人生を歩まれたようですね。
 5度の結婚、フランス国籍取得、日本国籍抹消。洗礼を受ける、ピカソを始め多くの画家や文化人との交流・・・・
 紹介されているエピソード等や最初の奥さんへの手紙などから、彼がフランスに渡って得たことは「精神の自由」だったみたい。「日本画とか西洋画とかのくだらない区別」なんていう言葉もどこかにあった。なにものにもとらわれず、自分の心から湧きいずるもの、それを表現してこその芸術ってことかなあ。
 心の自由。
 芸術家だけでなく、我々も本当の意味での自由を得たい物だ。意外と自分が一番自分を束縛していたりするよね。
0

2013/6/17  18:24 | 投稿者: masuko

 友人がDVDを貸してくれた。小沢昭一の唐来参和(井上ひさし作)。
 面白い!面白すぎ。
 前半は落語かと思うような小沢さんのおしゃべり。ぐいぐいと引き込まれ、笑いが絶えない。その笑いの中で知らず知らずの内に江戸の生活、吉原の仕組み等を教え、本題に備える。
 突然、すっと彼は役者になってしまう。羽織を裏返し、手ぬぐいを頭巾かぶりにし、お婆さんになってしまう。そして、訪ねてきた同心とおしゃべりするような形で身の上話になっていく。もちろん、一人芝居だ。
 芝居をしながら粘土を器用に扱い、まねき猫を作ってしまった。
 笑いと涙。人間の生きざまの悲しさ、面白さ。
 なんとも言えない。
 上質の笑いとはこういうものだよね。芸についてどれだけの勉強、研究をし、そして世の中について、人間について考えてきたのか、そういう人間の大きさそのものがバックグラウンドにあってこその笑い。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/6/16  22:40 | 投稿者: masuko

 またまた作りましたよ。けっこう背が高くなった少年の着物だったんでしょうね。お腹あたりで上げがしてあって、袖のたもとを半分に折り込んでありました。裏地の布もしっかりしている部分もあるんで使えると思います。
 もう一枚、ノースリーブのブラウスくらいできそう。やはり直線裁ちには限界を感じます。この服も首のところがちょっときつい。カーブがないのだから当然ですよね。
 だいぶミシンの扱いや、布の操作、糸の始末、作るってことそのものにも慣れてきました。次からは普通の(曲線のある)型紙利用で洋裁らしい作り方にチャレンジしましょう。
 これ、姪御ちゃんにもらってもらうかなあ。もう少し、上手になってからにするかなあ。

クリックすると元のサイズで表示します

裏地 この布ももったいないよね
クリックすると元のサイズで表示します

見えないところは別布を使ってあったり、途中で模様がうまくつながるように丁寧に縫い合わせてあったり、これもリメイク品。着物はちょっとした工夫で何度でも再利用できるものね。
クリックすると元のサイズで表示します

この前(第一弾)とほとんど同じですが、襟がついています。
クリックすると元のサイズで表示します

袖下のまちをつけなかったから着たり脱いだりがちょっと窮屈
クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/6/14  21:58 | 投稿者: masuko

 ケストナーさんのお話で読んだことがあるのは「ふたりのロッテ」。面白かったなという印象がある。翻訳ものはカタカナの名前の登場人物のイメージ像が頭の中でできあがるのに時間がかかり、始めのうちちょっと読みにくい。少年がたくさん出て来るのでその区別も大変。慣れてくるとぐいぐいと引き込まれて読んだ。
 ヒットラー政権下のドイツでは平和主義者の彼の小説は公衆の面前で焼かれ子どもの本を除いてはドイツで作品を発表出来なくなったそうだ。
 男の子の学校の寄宿舎での少年たちに起きた出来事や舎監の先生との交流。
 登場人物の少年たちかまたは大人の誰かがケストナーさん自身をモデルにしているのかなっと思いながら読んだ。訳者の後書きによるとやっぱり自叙伝的小説とのこと。
 少年たちもそして少年だった大人も、辛い、不幸といえる境遇を生きている、あるいは生きてきた。それでも、その時に出会った友や先生との、暖かなおもいやり、知恵と勇気がたくさん詰まった心の結びつきが「悲しいけれど幸福」というような尊い思い出となっている。そしてそのことがみんなと自分を幸福にすることができる力となっていく・・・
 少し、訳者後書きの中の言葉をパクっていますが、そんな感じの小説かな。
 
 
 クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/6/12  14:46 | 投稿者: masuko

 5月のイベントは南三陸町への旅行だった。さて6月はといくつか考えている。本当は今日、明日で決行しようかと先週のうちは思っていたが、台風・・・なので来週に延期。
 本日は着物リメイク関係を楽しんでいる。意外と雨がふらない。陽が照ってきた。
0

2013/6/11  21:14 | 投稿者: masuko

クリックすると元のサイズで表示します

母が昭和46年に購入しているかせくり器とお巻器を使って。

クリックすると元のサイズで表示します


こんなお手伝いしたよなあ。懐かしい。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/6/11  15:48 | 投稿者: masuko

 なんと「ハープの先生」主催のお料理教室に行って来ました。彼女、とってもお料理が好きで、数年前からオケのメンバーとかにお料理教えているって聞いていたけれど、今回、誘われたので行って来ました。昼間ヒマでないと参加出来ません!
 5、6人うろうろしてもいい広いキッチン。真ん中には四角い調理台。みんながそこを囲ん作業できる。お店の厨房みたいに火力の強いガスコンロ、大きいガスオーブン、たくさんの調理器具や調理具材等を収納できるドイツ製のシステムキッチン。使いよい鍋やすぐれものの調理器具・・・このキッチンを作る時にはすでにいつかお料理教室をしたいなあという夢を持っていたとのこと。ハープばかりでないところが凄いね。ずっとご自身も習いに行っていたそうで、本格的日本料理(懐石料理ってやつ)もできるよって。冷蔵庫が廊下に出ちゃったのはなにか誤算だったのかな。それにしてもよいキッチンだ。5人で食べた食器や調理器具を入れてもまだ空き空きの食器洗浄機も凄いよね。そんなこんなで「調理環境」に感嘆しながら、11時から2時過ぎまで集中して料理したりおしゃべりしたり、食べたりしたんでなんだか疲れちゃった。たくさんお持ち帰りもあったので甥夫婦のところに半分強おいて後は今夜の夕飯。美味しく出来ました!
 ちなみに本日の献立は
 五目おこわいなり、鶏挽肉と野菜の味噌ナゲット、海と山のホイル焼き(蒸し)、フルーツポンチ

 私も一応、生活科学部食物科っていうところを卒業していまして、調理実習もあったし、100食ぐらいの給食実習というのもあってけっこう学生時代に調理に親しみました。仕事をするようになって最初の2年はちゃんとした家庭科専門の高等部の教師だったから調理実習を教えるってこともやりました。で、お料理をもっと本格的にやってみてもいいなあっていう思いとか、自分の中の自信みたいなものもあった時期があるような気がするんだけれど、それがなんとなくぐちゃぐちゃになったのは自然食とか玄米菜食とかとの出逢いかなあ。結婚一年目あたりだったよね。根本の考え方とか料理方法とかが違うんだよね。「おいしさ」そのものの基準っていうのまで違うんだな、多分。そのあたりでちょっと自分の中の価値観がくずれちゃたり、とりあえず玄米菜食の人が言うやり方でやってみようかしらんっていう時期もあったし・・・そのうちに、仕事が忙しいときには究極レトルトや冷凍食品に成り下がってしまった時期もあるし。 
 そして今はどうなったかといいますと、朝はほとんど野菜ジュースか生姜紅茶ぐらい(夫は玄米と味噌汁)。昼は朝の残りの玄米とおそば。夜は玄米と具だくさんの味噌汁か野菜の煮物。まあ、肉とか魚の料理もするけれど、なるべく野菜中心で。あっさり系。玄米菜食をかじった頃からの一貫したことといえば味付けに白砂糖を使わないことですね。
 そういうわけで代わり映えのしない食生活をしているのでたまにはお料理教室で刺激をうけるのもいいかと思いますです。ハイ。

 この文章を作っていて、料理と調理ってどう使い分けるのかな?わからなくなった(笑)
 
 クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/6/11  6:54 | 投稿者: masuko

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

柳田邦夫さんが、大人も絵本を読むように薦めている。なにがどうって感想とかその本の「意義」みたいなものはわからないけれど、そんなむずかしいことではなく、心で感じて楽しめばいいよね。
0

2013/6/10  13:16 | 投稿者: masuko

 夫の注文により、単行本用のものを作成
 アイロンをしっかりかける。ひっくりかえすための開き口を広くとる。部分的に手縫いも導入。など、自分なりに工夫してちょっとはましな出来具合。

 華やかなブックカバーでいいじゃん!

クリックすると元のサイズで表示します
 右の小さい方は昨日アップしたものの反対側の面

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/6/9  19:55 | 投稿者: masuko

 5月11日、5月30日、6月1日に紹介した着物リメイクの余り布で文庫本のカバーに挑戦。簡単そうに見えて綺麗に仕上げるのはなかなか難しいねえ。二枚を合わせてまわりをぐるっと縫って一部開けといたところからひっくりかえす。角の所を綺麗に整えるのがなかなかねえ。それと格子模様の布地の方は曲がって縫ったりするとばれちゃうよね。アイロンで縦横をきちっと修正すればいいのかなあ。微妙に布自体が曲がってい縦糸と横糸がしっかり直角になっていないようなところもあるんだなあ。
 まあ、そうはいっても何とか出来た。文庫本のサイズにぴったりすぎて裏表紙を入れる時ちょっと大変。
 帯の布はやっぱり固すぎてうまくいかない。他の布と同じ大きさで作らず、少し大きめ、新書サイズくらいで作ればもう少ししやすかったかなあ。そういう問題じゃないのかなあ。
 まだまだ、布の種類による扱いや微妙なテクニック等等に不満が残って今一達成感がない。
 完璧主義者の母の血だなあ(笑)。でも、「上手に」ということより、作ることを楽しめばいいのですよ。ハイ!
 で、いくつか出来たので、友達にあげようかな。(作るのを楽しんでたくさんできちゃうとさ、やっぱり上手にできてないと人にプレゼントするのもなんだか躊躇するわけじゃん・・・・技術もそこそこ大事です。ハイ!)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/6/6  19:47 | 投稿者: masuko

 ぼちぼちと家の片付けものをしている。クローゼットなんていうのは名ばかりで、なんでもとりあえず突っ込んでおく納戸みたいなスペースの片付けをちょっとずつやっている。そこにいったい何枚の手編みセーターがあるのだろう?!
 夫の母は編み物のたいへん上手な人だった。次々とセーター等を私たち家族のためにきれいに上手に編んでくれた。まだまだ十分に着れるものもあるが、ちょっとよごれちゃった、のびちゃった・・・というモノもある。さらに、なんと、このわたくしも編み物が好きでよく編んだんですよ。独身時代や子どもがまだ一人で赤ちゃんで寝ていることが多かったころに、夫に編んだり、自分の物を編んだり。(確か、父や母のものも編んであげたよなあ。)私の編んだ物は義母のものよりよけいにだらだらよれよれとなっている。編み方が緩いのかなあ。そんなこんなでその納戸に、もう着れないなっていう手編みのセーターが相当数、積んである。
 とりあえず、一枚ほどいてみた。どこからどうほどこうか。どういう順番で編んだのか・・・するするとほどけるようにするにはけっこう手間だ。モヘヤだから糸が絡んでいるしね。それにしても義母はきれいに編んである。目が揃っているねえ。
 ほどいていて、この糸をどう再生させようかって考えながら、あっ!そうだ、ほどかずにそのまま、クッションカバーにするとかカバンにするとか、そういうリメイクの方法もあるよなって思いついた。さて、またまた調べ物が増えたぞ。
 着物や帯のリメイクのこと、それから四国のお遍路さんのこと(歩き遍路をしたい)も調べている。さらにセーターのリメイクについても研究しなくっちゃ。児童書も読みたいし。なかなか忙しいね〜!!

クリックすると元のサイズで表示します

 これ、ほどき口が反対だった。逆の袖口からほどいたらするすると続けてできた。凄い編み方だね。横にずっと続いている。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/6/5  9:17 | 投稿者: masuko

 2003年に刊行されたものの新書化。夫の吉村氏がなくなったのは2006年。氏が亡くなった後の、自分がいかに愚妻だったか・・・という後悔がベースになっている文章とは違い、のびのびと自分の老いのこと、故郷の福井のこと、今までの自分の執筆活動のこと、夫婦のことなどさまざまなテーマで書かれている。
 いつも彼女のエッセイを読むと彼女の小説を読もうと思うのだけれど、図書館にでもいかないとなかなか手に入らないようだ。智恵子のこと、佐渡銀山のこと、福井の陶芸家のことなど、興味深い小説がたくさんあるようだ。いつか挑戦しよう。
 小説家とはいえ、妻として母として主婦としての思いや行動はやっぱり「母と同じ年代の女性」だなあと感じながら読んだ。彼らのベースは「良妻賢母」!だもの。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/6/4  16:30 | 投稿者: masuko

 ぼちぼちと家の片付けをしているけれど、本がひとつの課題だ。私が買って読んだものはどんどん処分していく予定(買って貰えそうなモノは売ります。)夫の本はまあ、夫の判断を待つとして、子ども達に買い与えた絵本や児童書をどうするか・・・なんですねえ。
 けっこうな教育ママだったんで、静岡で子どものための良い本を扱っていることで有名な本屋さんの外回りを受け持っている人と仲良くなり、月に2册程度、家や職場に届けて貰っていた。まとめてお金を預けて適当にいいのを持って来てよって感じで。木のおもちゃなんかにもこだわる店だったんで、高額な外国のおもちゃを購入したこともある。そんな『良い本』が子ども部屋だった部屋の本棚にぎっしりとつまっている。私が読み聞かせたモノもあり、彼らが自分で読んだモノもある。だ〜れも読まなかったよというモノもひょっとしてあるのかもしれないけれど、けっこう3人の子どものうち誰かは読んだのではないかと思う。
 さて、この本をどうするかだ。先日、放課後児童クラブの関係の人にちょっとあげたけれど、そういう手がまだあるなと思っている。子どもの集まるところに寄附するってこと。
 でも、とりあえず読もうと思う。読んでから次の手を考えよう。記事カテゴリに「絵本、児童書」というのを新設した。よ〜し!
0

2013/6/4  14:45 | 投稿者: masuko

 朝から不発弾処理のニュースが頻繁に流れている。新幹線や京浜東北線なんかが止まっちゃって大変な影響だろう。このニュース、いつもなら「へー」で終わっちゃうところだが、とても身近に感じて聞いている。
 実は、先日の東京行きで京浜東北線に乗って上中里駅で降りて旧古河庭園に行っている。その際に駅の線路横に飛鳥の小径とやらいう散歩道があったのでぷらぷら歩いた。その道の途中にこんな看板をみつけ、「えー!不発弾ってあの戦争の時のだよねえーへー!!」って思って写真までとってしまったのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 でも、まさか新幹線や電車までとまるような大事の話とは想像しなかったなあ。
1




AutoPage最新お知らせ