2012/3/31  18:35 | 投稿者: ますこ

 平成23年度が終わった。新しい年度のスタートのための準備に追われた一週間だった。でも、思ったよりは早く終わらせることができたので、金曜の午後からお休みをとり、夫の実家にむかった。三七日なので、和尚さんがお経をあげに来てくれる日だったからだ。3時ごろ着くと、和尚さんがくるのは5時だというのにもう親戚が集まっていた。実家近くにすんでいる夫の叔父や従姉妹たちはなにかと心配して助けてくれる。その日も祭壇に飾る花をもってきてくれたり、実家を片付けて出た大量のごみを処理場に運んでくれたりしてくれたそうだ。片付けと言ったって、まだまだ序の口だけれどね。
 というわけで、一晩泊まって、午前中はまた片付けをして、今日は昼過ぎに戻ってきた。朝から春の嵐。雨と風が強い。強風のために焼津駅で一本在来線が運休になっていて待たされた。ところが、午後から急に晴れてきて、さわやかな青空となった。風が強かったから、咲き始めた桜は大丈夫だっただろうか。
 職場の人がバレエを習っていて「オーケストラの日2012 フレンドリーコンサート<協奏曲とバレエ>」という催しに出るというので文化会館に見に行った、ハープの先生が入団している静岡交響楽団主催で、もちろん先生も出ていた。バレエの伴奏のハープってけっこう重要な場面が多いだろうと思って楽しみだった。休みも多いけれど、弾くとなると目立つ。失敗できないよなって感じ。あたり前か。プロだものね。ついついバレーより先生の動きの方を見てしまっていた。職場の人がでる場面はバレエの方を一所懸命にみたけれど、遠かったし、衣装も髪型もみんな一緒でだれがだれやら分からない。オペラグラスを持っていけば良かったのにね。
 なんだか、うれしい土曜日だった。4年間の名ばかり管理職も終わって、ほっとしたのが大きい。もちろん、次の仕事もけっこうややこしくて大変だけれど、責任と言うやつの大きさが違う。これから職場でどんなポジションを自分で作っていくやら楽しみだ。小姑ならぬ大姑で、お小言いううるさいおばさんもいいかもなあ。影でサポートするかっこいいお助けマンみたいになれるかな。
 コンサートなんか聴きに行く気持ちの余裕もできて、続いてしまった弔事からも気持ちの面でちょっと抜け出せた感じがする。
 春です。生まれ変わる春にしたいな。
 夫はまだ実家だし、息子は夕飯いらないっていうし、コンサートを終わって、一人分だけお寿司を買ってきて食べた。美味しかった。満足満足。
0




AutoPage最新お知らせ