2012/3/7  19:54 | 投稿者: ますこ

 結局、インフルエンザになってしまったのが、ケチのつき始めだ。亡くなった義母の看病であちこちガタがきていたのが、どっとでてきたのだろう。気持ちの張りがなくなったことも大きいと思う。インフルエンザで寝込んでしまったことで筋力が落ちたともいえるけれど、老人に対するインフルエンザ菌、その治療のためのタミフルが体のバランスを崩す原因そのものになったとも言えるのかもしれない(素人考えですが)。理由をあれこれ考えても仕方が無い。87歳。つまりは老衰なのだ。
 首、肩の痛さは痛み止めの注射等でちょっとだましても治るわけでもないし、逆に動けない、力がはいらない、痛いという範囲がどんどん広がって、ついに腕を口のところまで上げられなくなり、ベッドから起きあがることが出来ないときがあり、下ろしたズボンが上にあげられず・・・あれよあれよとひどくなっていくのを、こちらもついて行けずにおろおろしていたら、誤嚥性だと思われる肺炎になってしまった。肺炎自体はそれほどひどくないのだけれど、入院させてもらうことになった。家で療養すれば治るぐらいの肺炎でも、一人でトイレに起きられず、ご飯も食べられないという生活機能状態では治るものも治らない。
 明日はフルに仕事にいってはいられないな。時間で休むことになるだろう。
0




AutoPage最新お知らせ