2010/10/31  11:32 | 投稿者: ますこ

 吉村昭の漂流物。吉村さんらしいテンポの良い筆運びに引き込まれて三日で読んでしまった。面白かった。彦蔵の数奇な人生も興味深いものであるが、人の人生が歴史の流れに翻弄されていく有様や、逆に、一人の人が当たり前に生きていく生活の中で、いろいろな出会いがあり、その中で歴史は作られていくのだということの面白さを満喫した。小さな村の貧しい船乗りだった彦蔵が漂流してアメリカに行ったことがその時期の日本や諸外国の歴史を変えていくひとつの因果関係の中にある・・・幕末であるから、小説にでてくる多くの人々や出来事がそれ独自で小説や伝記、歴史書など多くあるわけで、そのつながりを思うと、わくわくしてしまった。吉村さんの頭の中ではどんな整理の仕方していたのかなあなんて思いながら楽しく読んだ。
 今年は趣味が広がってか読書が少ない。秋の夜長に少し挽回したい。
0

2010/10/31  11:23 | 投稿者: ますこ

 土曜の夜もコンサートにいった。文化的活動が盛んなお寺さん企画。mama!milkというアコーディオンとコントラバスのグループがピアノ、クラリネット、ホルン、フルートとコラボしているコンサート。ほとんどオリジナル曲で、繰り返しの多い、癒し系の音楽だった。アコーディオンの奏法に興味があったが、一番前だったのでゆっくり見ることができた。
 上等、ハイレベルというようなものではなかったけれど、まあ、のんびりとした時間を持つことができた。若者が自由な音楽活動を楽しむだけでなく、一応こうやってお金をとり、CDを販売して仕事としていくことのできるよい時代だなあなんて思ってしまった。
 アマチュアも遠慮なく、がんばっていこうっと。
0

2010/10/29  22:53 | 投稿者: ますこ

 AOIのコンサートにいってきた。ピアノ誕生初期の楽器、フォルテピアノの演奏だ。曲目はすべてベートーヴェン。スタンリーさんはお幾つなんだろう。歩き方はかなりよぼよぼだが、演奏はしっかり。でも暗譜はちょっとしんどくなったのなあ。楽譜を置いての演奏は独奏では珍しい。
 全体に派手さはないがしっとりとした響きが耳に心地よい。
 週末の夜、きれいな音楽を聞いてリフレッシュした。
 明日は台風接近。いろいろ予定があるのだけれど大丈夫かなあ!
0

2010/10/28  17:46 | 投稿者: ますこ

 先日、購入した本の中の一冊。すっかり話題になった水木さん。文化功労賞も受賞した。「ほんまにオレはアホやろか」はあっさりと簡単に自分の一生を・・・という感じの自伝。あくまでも自然体で、自分の感じ方だけを信じて生きてきた水木さんの文章は淡々としていて且つなんともいえないユーモアと温かさを感じる。子供ころからかなりの変わりものだったようで、朝も寝たいだけ寝て、しっかり朝食も食べてゆっくり9時ごろ登校。先生もすっかりあきらめて怒るのをやめていたとのこと。落第人生がずっと続いて、貧乏生活も続いて・・・戦争でもずいぶんひどい目にあって、それでも全然、悲壮感がなくてあたり前に受け止めていて、「大地の神々がぼくを守ってくれているというようなことを本能的に考えていた」「この地上にうまれてきたからには、地上の神々がぼくをいかしてくれるにちがいない、大地の神々にそむくようなことをせずにいれば、あくせくする必要はない・・・」と本文にあるように、そういう気持ちをずっとずっと持ち続け、それを地で生きていたという感じだ。特に、戦争の時に現地の土人と仲良くなっちゃう話の中での水木さんの感じ方、考え方はもう最高!すごいです。
 書店には水木コーナーができている。ゲゲゲの女房は映画化されるようだし、松下奈緒は紅白の司会の最有力候補とか。朝ドラの人気もさることながら、このブームの原因には水木さんや奥さんの人柄に魅かれるところもあるのだろうね。
 前回、佐渡裕さんの本にも勇気づけられたけれど、今回もとても勇気づけられた。
水木さんの言葉:「落第したってくよくよすることはない、わが道を熱心に進めばいつか神様が花をもたせてくれる。神様が花をもたせてくれなくても、それはそれなりに、また救いがあるものだ。人がどうこうしたからとか、スタートが遅れたからといってクヨクヨする必要はない。」「人間はそれぞれ違うのだからそれぞれ変わった生き方をしたっていい。」
 
0

2010/10/24  19:34 | 投稿者: ますこ

 10月生まれの私と姉の誕生会という名目で施設から我が家に帰りたかった母。そうだよね、父の米寿のお祝い(7月)以来、帰ってなかったもの。8月は暑かったし、9月はうっかりそういうイベントはセッティングし忘れた。
 御馳走は先日紹介したピサンリというフランス料理の店のお弁当を頼んだ。2000円から4000円までということで2000円で予約。両親、姉、私、姪の5人で3人前で十分だった。母の要望で炊きたてのご飯とあったかい味噌汁をプラスしたけれどね。(施設では母はおかゆになっているし、味噌汁もいつもさめているとのこと)オードブル2種、魚、肉、ピラフ、マドレーヌで6つに区切れた御弁当箱に入っていた。美味しかったよ。
 ケーキはパティスリーマジックという最近みつけたお店で購入。これも大正解。美味しかった。クリームがくどくなくて、甘さもほどほど。手作りの素朴さもある。
 新しい店を開拓してなんだか得した気分。
 夕方送って行って、掃除、シーツ交換、夏物衣類を秋、冬物へ交換。
 今日は、どんより曇っていて気温もあがらず、秋から冬の訪れを感じる一日だった。
 さてお風呂にはいって、昨日買ってきた本をよみながら眠りの世界に早めにはいるかな。
 
0

2010/10/24  8:24 | 投稿者: ますこ

 久しぶりに書店によって何冊か本を購入。昨日は時間があったので公園のベンチやTULLY'Sでゆっくりと読んだ。
 昨日読んでしまったのは佐渡裕の「僕はいかにして指揮者になったのか」。面白かった。クラッシックのコンサートに行こう!という気持ちになったし、佐渡さんのコンサートにも行ってみたくなった。
 才能のある人っていうのはすごいよね。でも、この本を「佐渡さんは才能があるから・・・」で済ましちゃったら申し訳ないだろう。自分の中にあるものをどう大事にするのか、そのことにどう自信をもつのか、それは生き方の問題なんだよな・・・
 若い人たちを勇気づける一冊だろうけれど、おばさんも勇気づけられた。 
0

2010/10/20  20:07 | 投稿者: ますこ

 今週は週末によその学校23校を招いての会議がありその資料の準備で忙しかったが本日、水曜日になんとか出来上がった。そのほか、授業研究等もあったりで、なんだかんだと一日があっという間だ。
 そのせいか、家に帰るとけっこう疲れている。ハープの練習も昨日はさぼったが今日はなんとかやった。今やっているグリンカのノクターンはハープ用のオリジナル曲で、芸大の課題曲にもなるそうだ。だいぶ仕上がってきたのでもう一息がんばりたい。
 仕事を毎日持ち帰ってはくるのだが、月も、火もできなかった。今日はちょっとだけやろうかな。なんとかやれそうな余力が残っている。
 こうやって次の週末を楽しみにしながら一日一日しのいで過ごしていく・・・と、いつのまにやら年が変わり、年度が変わり・・・とあっという間の一年なのだ。
 いつまでこういう生活を続けていくやら。まだ、「いまだ!」というひらめきはないので、とりあえず、今年度末の退職はなさそうだ。
 話は変わるが、今度の日曜日は両親を実家に連れて帰っての昼食会。姉も私も10月生まれなのでお誕生日会をやってくれるそうだ。やってくれると言ったって、準備するのは私たちで、呼ばれるのは彼らだけれどね。会計をもってくれるということなので、せいぜい御馳走するかな。ちょっと素敵なケーキ屋もみつけたので、そこでケーキも買おうっと。
0

2010/10/17  9:11 | 投稿者: ますこ

 久しぶりに我が家近くの山を縦走し反対側の温泉にいく「ウォーキング&温泉」を実施した。この時期はまだまだクモの巣が多いのでストックを夫が持ってクモの巣払いをしながら進んだ。
 山の会に入ってからは初めてかなあ?ずいぶん久しぶりだったけれど、かなり速いペースで歩くことができた。足の運びが軽やかで自分でもびっくり!さすがに月1回の登山で鍛えられたらしい。賤機山ハイキングコースもなかなか良いコースで部分的には南アルプスの登山を彷彿させるようなところもある。そのあたりを数回往復したらよい訓練になるかもしれない・・・
 温泉近くの両親の施設でいつものお掃除、シーツ交換、おやつの補充。夜は友人のジャズライブを聴きに行った。最近、休日が充実しているね。けっこうけっこう!!
0

2010/10/15  19:07 | 投稿者: ますこ

 昨日は午前も午後も出張で、比較的、繁華街近くで仕事終了となるし、夫はは一日仕事を休むことにしたとのこと、そんなわけで・・・外食しようかと言うことになり、街で待ち合わせとなった。日曜日の私の誕生日外食を早めにやってしまおうということらしい。
 以前から気になっていたピサンリ(Pissenlit)という店にいってみた。んー満足!ワインの種類も豊富で美味しいものをおいてある。野菜は三島の農家と契約してあるそうで、有機野菜で珍しいものばかり。人参も赤、黄、紫、白と4色。そんなに種類があるとは知らなかった!味はあっさりしていて、ソースに味噌やゆずをつかって和風仕立ても。ニンニクは使っていないみたいだったな。珍しいキノコも多くて秋らしい付け合わせになっていた。肉は鴨肉だったけれど柔らかくて食べやすかった。デザートはいちじくのローストにチーズとバニラアイス添え。いちじくはぜひ食べたいというほどには好きではないが、ほんのり甘いソースがかかり、焼いてあってチーズがとろっとしているというアイデアと見た目のきれいさにびっくり。美味しく頂いた。メニューの黒板をいろいろ見ていたら、奥さんが「何かお好みのものがありますか?」と聞いてくれて、「コースメニューにプラスαしますよ、どうぞ言って下さい!」という雰囲気なので、「チーズが食べたい」というと、デザートの前に3種類のチーズの盛り合わせを出してくれた。これもとても美味しいチーズだった。
 ちょっとお気に入りのマイレストランを超えるレベルでびっくり。また行きたいな。HPもなかなか充実している。
0

2010/10/10  22:30 | 投稿者: ますこ

 10月の山の例会は一泊二日のバス旅行だった。バス旅行というぐらいだから、山小屋泊まりをするような登山ではなく、日帰り登山二日間と旅館お泊まりという計画だ。土曜日は朝から雨で、これはだめだなあとあきらめてはいたものの、ともかくも乗鞍を目指した。松本インターを降りて乗鞍エコーラインで2702メートルの畳平まで行けてしまうというのがすごい。畳平は気温4度。雨、霧がひどくとても頂上(3025.6メートル)には登れない。お宿の平湯温泉に2時ごろ入った。硫黄の香りのする体のあったまる温泉だった。
 本日、日曜日は朝はまだ雨が残っていた。出発を遅らしてだめなら上高地散策という計画だったが、8時ごろから急に青空が出てきたので、予定通り焼岳(2394メートル)に登ることになった。
 昨夜の雨で足元はドロドロで歩きにくかったが、紅葉がすばらしく、往復で6時間というのはほどほどの疲れ具合でなかなかよい登山だった。頂上近くからは硫黄のにおいの蒸気がシューシューと噴出しており、火山だなあという感じだった。けっこう急な登りでちょっとだけ大変な岩場もあった。
 二日間とも雨で山登りができなかったら・・・と心配していたけれど今日は天気が回復して本当によかった。
 長野のりんごや山里のキノコを買ってきた。明日の朝はキノコ汁にしようっと。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/10/4  18:20 | 投稿者: ますこ

 運動会が終わって日曜と月曜が休日。日曜日はさすがにのんびりした。土曜の夜の飲み会の後遺症もあって(そんなに飲んでいるわけではないけれど、飲むと疲れるんだよね・・・歳ってこと)ぼーっとしていた。どうせぼーっとするなら、髪の毛をヘナで染めることにした。ヘナだと3時間ぐらいはそのままにした方がいいようだからね。けっこうきれいに染まった。ついでにスキハサミですいてみた。まずまず…いいぞって感じ。サイドが軽くなった。ヘアダイとカット代を節約した。
 本日は母の通院の付き添いと、たまの平日での通院だったので、ついでに銀行によってもらい、本人でないとできないいろいろな手続きをしてもらった。すでに前から損している、投資信託を売却したり、定期が満期になったら普通預金に入金になるように、自動継続の変更をしたり・・・。
 そして、午後は、ばかばかしい映画を観るのもいいじゃんと思って「大奥」を観に行った。二宮君や玉木宏が好きだったら観ていられるね。私のように代休かな?学校終わってからきたの?っていう女の子もいるけれど、おばさんもけっこういる。そういうおばさんの一人だったみたい。ガクッ!
 寒くなってきた季節の山登りのためのフリースやダウンのベストも購入。なかなかよい休日だった。
0

2010/10/1  21:22 | 投稿者: ますこ

 今週は更新しないまま数日たってしまった。明日の土曜日は運動会だ。お天気は大丈夫のようだ。よかった。子供たちがいつも以上に頑張る時でもあり、逆に、緊張、プレッシャーでいつもとは違うハプニングが起こる時でもある。ともかく、楽しくやりたいものだ。
 水曜日に次男が帰ってきた。今日、10月1日は内定式だ。4月からの同居はどういう生活になるやら。なるべく、「別」の暮らし方を最初から作り上げておかないと、ついつい息子のペースに巻き込まれてしまいそうだ。朝、起こす、夕飯の時間がまちまち、洗濯をやらされる、アイロンがけをやらされる、ムムムムム・・・こういうことで自分の時間や都合を変更させられるのはまずいぞ!娘が大学にいって2年、夫との二人の生活はそこそこ「別」でお互いにお互いのペースに踏み込まないようにしている。そこの微妙なバランスがけっこういい感じだと思っている。実は夫は年度末で退職する。そんなこんなで家庭の雰囲気は大きく変わりそうだ。どちらにしても息子に甘い顔をしないように気をつけよう。
 夫が退職するということもあり、自分の行く末を考える「秋」だ。仕事人生をどう生きていくか、どう終わらせていくか、まだ、ぐっと自分を動かすものに出会わない。
0




AutoPage最新お知らせ