2010/8/31  21:22 | 投稿者: ますこ

 ともかく暑い。職員室のエアコンは古くて、部品がないから修理できない、新しいものに変えるしかなくてそれは暖房の季節にまにあうだろう・・・という話だ。明日から生徒がきてみんな職員室になんかいられず、教室に行くわけだから、まあ、いいけれど、それでも下校させてやれやれと戻って来た時に涼しいとホッと一息つけるだろうにね。私はエアコンは嫌いで体がだるくなるから、先週あたりは職員室の暑さに「まあ、これもいいじゃん」なんてのんきに構えていたけれど、今週はほとんどの人が出勤して狭い職員室にひしめいていると、さすがにやっぱり暑くてちょっと勘弁してくれっていう感じだ。クーラースポットとやらをレンタルしてくれるかもとのこと。ともかく、9月はかなり残暑が厳しいようだからなあ。ちょっと気がめいる。
 家に帰って夜になっても「さすがに秋めいてちょっと涼しい風が吹くね」という感じでもなく、むしむししている。虫の声だけがやけにうるさく秋を告げてかえって暑苦しい。北海道から帰ってきたころだったか、ちょっとは夜は秋らしい風がはいっていたように思うのだけれどなあ。
 2学期が始まる。あわただしい毎日の始まりだ。
0

2010/8/29  14:20 | 投稿者: ますこ

 ちょっと異常に暑い。雨もずっと降らないし、日差しが斜めになってきていて余計にじりじりと暑い。気温32度。週間天気予報をみると明日からはずっと33度だ。関西の方は連日、35度以上だが、息子たちは元気か?。異常気象というやつはどうなっていくのだろうか。地球は大丈夫なのか!!
 明日からの二日間は夏休み最後の会議などがあり、いよいよ1日から2学期だ。職員室の冷房が8月中旬ごろからこわれているのだが・・・・週明けには治してもらえるだろうか。
 この二日間に私が関連している会議が4つ。資料の準備が間に合わず、夏休みの宿題に追われる子供と同様、本日は日曜日だというのに朝からパソコンに向かっている。ちょっと気分がめいりながら・・・
 あー2学期が始まりますよ。
 この暑さで生徒も教師もかなり厳しい。いろいろあるだろうけど、あんまり構えずにど〜んと楽しんで仕事しましょう。
 休日の遊び計画もしっかりしながらね・・・と自分を励まして・・・
0

2010/8/25  16:18 | 投稿者: ますこ

 旅行最終日は札幌市内でゆっくりすごした。例によって旧道庁、時計台、そして北海道大学だ。
 開拓の歴史と精神、札幌農学校の歴史、クラークさんの心意気といったところがテーマかな。北海道大学には初めていったが、まあ、大きくて立派なこと。3人の子供のうち、一人ぐらい来てくれても(入学する・・受験するかな?・・という意味です)よかったかもなんて思ってしまった。緑も多くてすがすがしいキャンパスだった。
 クラークさんが、校則なんていらない「紳士たれ」で十分だと言ったそうな。どこかそういう高等学校はないものかしら。未来の日本の経済を政治を文化を担っていくリーダーの育成に燃えている学校はないのかなあ、どこそこの大学に何人入学なんていうことでなくてさ。実際、未来の日本をリードしていく人たちには自分の人格に対する誇りと責任の元で校則なんていらないというような高校生活をしてもらいたいものだよ。
 クラークさんは学生の栄養状態を憂いて米食を禁止したそうだが、ただし一日おきのカレーライスは食してよしだったそうな。
 構内の学生食堂の隣にあった、素敵なレストランでクラークカレーを食べたよ。
クリックすると元のサイズで表示します

構内の博物館
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/8/23  21:37 | 投稿者: ますこ

 美瑛、富良野は2回目。ファーム富田も2回目だ。ラベンダーはせめて8月の初めにこなくちゃだめだね。刈り取りをやっていたよ。きれいに一面の紫色をしている時に一度はきてみたいものだ。美瑛、富良野の景色も北海道らしくていいね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/8/22  21:04 | 投稿者: ますこ

 二日目は観光バスを予約してあった。旭川の旭山動物園を見て、美瑛、富良野を周って札幌に戻るコース。広い北海道だ。このコースにもそれなりに無理があり、動物園には2時間しかいられない。ガイドさんからペンギンと白クマとあざらしは絶対に見るべし、ただし並ぶよと言われていたので、お昼なんか食べている暇はないぞ、がんばろうって感じ。
 園内の動物の説明なんかはみんな手作りでアットホームな感じ。ゆっくり読んでみてまわりたいけれど、そんな余裕はなし。
 行動展示というのは「目からうろこ」「発想の転換」ということか。動物の生活ぶりをあちこちの角度から見れるようにしたってことだよね。ペンギンが泳いでいるところを下からみれば、まるでペンギンが空を飛んでいるみたいというわけだ。アザラシは狭いところを潜るのが好きだから、あざらしのプールに狭いトンネルを作ってそれを見れるようにすれば、プールと上からみているだけのあざらしとは違う生き生きとした姿が見れるってわけだ。
 動物に対する温かさを感じたよ。
 映画では美人市長さんが、閉園になりそうな動物園のこのアイデアを理解して予算を付けることにしてくれたという筋だったけれど、実際、かなりの投資をしただろうから、理解してくれる人がいて良かったね。
 老いて死ぬ間際の動物の展示もやめないそうだ。それが自然なことだから。
 たくさんの人がいて並んだけれど、けっこうあちこち見たよ。2時間でもそこそこいける!

クリックすると元のサイズで表示します

高いところに子供を登らせ(母は厳しかった!ちょっと嫌がった子供を無理に上げていた)ロープわたりをさせていたよ。

クリックすると元のサイズで表示します

子供をロープのところにおいて母とっとと渡って下に降りちゃった。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/8/22  20:04 | 投稿者: ますこ

 本日、22日の日曜日は山の会の例山行でした。本日は安倍川の奥、梅が島温泉の近くの新安倍峠から登り、八紘嶺、大谷崩れの頭を歩いて新窪乗越から下るコースでした。
 はっきり言ってきつかったよ。北岳にいってきた自信から大丈夫だろうと思っていたのだけれど、まず、夏休みで体がなまっていたらしいです。やはり学期中は生徒と一緒にグラウンドを毎日走るし、3階の教室と棟の違う2階の職員室との間を何度かいったりきたりして階段の一段抜かしをやっていて、これってそこそこ体力づくりになっているみたいね。それを思うと夏休みは運動不足でちょっと体がなまっていたらしく、最初からなんだかしんどい・・・。おまけに樹林帯の中の道が多くてこれという景色もみえず、さらに、「えーここを一歩足を滑らして転がって落ちて怪我するっていうのはちょっと勘弁してほしい」というスリルのあるところがたくさんあったし、急登だし、登っては降りての連続だし・・・一番高い八紘嶺、大谷崩れの頭ではガスっていて周りの山々はなんにも見えないし、下山も急でガレ場で滑るしでホント疲れたー!苦しい時にはなんでこんなことやることになっちゃったんだろうって思ったりもするけれど、やっぱり歩き終わったあとの疲れは爽快。これが山の楽しさなのかな。
 今日、歩いたところは山梨県と静岡県の境。身延山地のひとつ。そうか安倍奥は身延と近いんだーってホント地理に弱い・・・・地図をみてすこし勉強しようっと。
 あんまり写真は撮れなかったよ。余裕なくてね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/8/20  19:44 | 投稿者: ますこ

 17時間の鉄道の旅を終えて札幌に9時半ごろ到着。小樽へ。小樽行きの快速をまっているホームにトワイライトエクスプレスが到着。大阪から日本海側を通ってくる寝台特急だ。カシオペアよりブルートレイン風。個室ばかりではないみたい。いわゆる昔のB寝台。2段ベッドを向かえ合わせにしてあってカーテンをして・・という。
 さて、小樽。ガイドブックやインターネットで調べてみると、歩いて見て周れば十分みたい。駅をまっすぐに行って、左の運河の方へ行く。なんだか他の観光客は右の方へ行くみたいけれど・・・気にしない気にしない。
 運河通りには明治時代からの倉庫群が続く。しばらく歩いて行くと、旧日本郵船(株)小樽支店があった。ボランティアの方かなあ、初老のおじさまが丁寧に建物や小樽の歴史について説明してくれた。

 クリックすると元のサイズで表示します

 小樽は明治の初めの北海道における重要な港街、商業の要だったようだ。三菱の岩崎弥太郎がさっそく小樽に目をつけて出張所を作ったとか。ライバル会社と合併して日本郵船という会社になったそうだ。
 本当に立派な建築物だ。レトロといってしまえばそれまでだけれど、明治時代の西洋建築には新しい国づくりへの意気込みを感じるねえ。戦後の欧米化とは違うような気がする。2階の広い広い洋間では日露戦争の後の国境画定会議が行われたとな。電気のシャンデリアにはロシア人もびっくりしたかな。

 貴賓室
クリックすると元のサイズで表示します

 国境画定会議の行われた部屋
クリックすると元のサイズで表示します

 昔、銀行が立ち並んでいた街並みを歩き、旧日本銀行小樽支店の中の資料展などを見る。
クリックすると元のサイズで表示します

 説明してくれた方が「こっちに先にきたの、珍しいね、歴史が好きなの?インテリだね」と言っていたが、「?」どういう意味かなっと思っていた。さっき観光客はみんな右の方へ・・・と書いたがそちらの方に行って理由がわかった。つまり、そちらはまさしく観光客相手のお街。古い昔の建物も利用してはいるけれど、要するにお買いものするところ。オルゴールやガラス製品。スイーツと海鮮・・・
 ガラス細工のアクセサリーを娘に、それほど高級ではないけれどワインにもいいようなぐい飲みを夫と自分に、そんな買い物をして有名なチーズケーキの店でお茶をした。
0

2010/8/20  13:35 | 投稿者: ますこ

 学生の時に友人と二人、リュックを背負って夜行特急、青函連絡船に乗り、そしてユースホステルを泊まり継いで、10日間ほどの北海道旅行