2010/7/31  22:21 | 投稿者: ますこ

 今日は、1階のリビングの模様替え。まずは、私が幼児のころに両親が購入したピアノを引き取りに来てもらう。ネットで検索していくつかの会社から見積もりを出してもらった。無料で引き取るという回答が3件、こちらが2万何がしを出せば引き取るという所が1件、12000円を出して買ってくれるところが1件。当然、12000円の会社を選んだ。屈強な男性が2人来た。太いベルトをピアノの両側にかけ、肩に担いで、掛け声よろしくチームワークであっという間に運んで行ってしまった。私がピアノを習ったのは小学校時代まで。娘は5歳ごろから高2まで習った。ちょっとさびしい気持がしたけれど、家の中を整理するぞ!という意気込みを形にするためにピアノを犠牲にする必要があった。
 ピアノがなくなったところへ、今まで反対の壁側にあったオーディオ関係と3段の背の低い箪笥を移し、あいた所に2階で子供たちが使っていた机を下してきて、新しいデスクトップのパソコンをセットアップした。10年も前の古いノートパソコンとは違って、Windows7のデスクトップは明るくて大きくて・・・眼に眩しい。無事にネットにつながり、メールもつながってホッとしている。ネットのお気に入りは前のパソコンのものをうまくコピーできたのだけれど、アドレス帳はうまくいかない。まあ、いいか。
 前のパソコンは動きが恐ろしく遅かったがサクサクと行く。これで光になればもっと速くなるだろう。楽しみだ。
 蒸し暑いので、汗だくになった。夕方、夫と温泉に汗を流しに行って、鰻を食べて帰ってきた。まだまだ完全には片付いていないので、箪笥や机の引き出しの整理をして、またまた汗だく。でもなんだか我慢できる。明日も頑張って思い切っていろいろなものを捨てようと思う。
0

2010/7/27  20:12 | 投稿者: 益子

 今日がピークかな。痛い。ベテランから教えてもらったように、腹筋運動、背筋運動、スクワット、階段の一段抜かしの上り下り・・・で、体を鍛えようかな。
 ところで、やっと終業式。お疲れさん。夏がきたね。もう一分張りして少しは休みをいただきましょう。

山頂から見た八ヶ岳と甲斐駒ケ岳
クリックすると元のサイズで表示します

山頂から見た鳳凰三山
クリックすると元のサイズで表示します

富士山と雲海と山々。 んー この写真いいよねえクリックすると元のサイズで表示します
0

2010/7/26  23:17 | 投稿者: 益子

 夕べより、朝より、今の方が痛い・・・だんだんひどくなるのだろうか。明日は学校の階段を上り下りできるだろうか?
 夕べは体が火照ってしまうし、興奮冷めやらずという感じでなかなか寝付けなかった。

山頂
クリックすると元のサイズで表示します

山頂をかえりみる
クリックすると元のサイズで表示します

やっとみつけた北岳草
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/7/25  21:19 | 投稿者: 益子

 ヒャッホー!行ってきましたよ。金曜日の夜9時集合。8台の自家用車に分乗して出発。芦安駐車場に12時ごろついて休憩所で仮眠。朝、5時タクシーで広河原へ。
 とまあ、行程をずっと説明していると、すごい量になるんで、また後日。
 とにもかくにも、いい天気で頂上の360度の景色。お花畑の可憐さ。雪渓ののぼり、八本歯のコル付近のはしご場と急な岩登り・・・どれもこれもすばらしく、楽しくよくもまあ、あんな高い山まで登ってきたもんだと感動です。
 前回よりもだいぶ足の置き場に慣れてきました。のぼりも下りも要領がよくなったと自分で思います。
 また、ゆっくり報告しましょう。とりあえずたくさん撮ってきた写真のどれにしようかなあ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0

2010/7/21  21:24 | 投稿者: 益子

 ひどい!暑すぎる!蒸し暑い!仕事する限度を越えている!何で夏休みでないんだ!ぶーブーぶーブー・・・・

 それしか言葉にならないねえ。

 新しいパソコンを購入。ネットで注文。昨日、銀行振り込み。今日、もう家に届いている!!速いねえ。
 ADSLからひかりに変える。今、使っているパソコンはかれこれ10年近く前のものだし、容量も低いので新しくすることにした。
 ノートではなくデスクトップにした。部屋の模様替えもして、すっきりさわやかなパソコン環境にしたいねえ。
 あわてないでやっていこう。ひかりの切り替えはまだだいぶ先なのでね。
1

2010/7/19  18:15 | 投稿者: 益子

 久しぶりに一冊読み終えた。寝る前にすこしずつ読み進めて2週間ぐらいかかってしまったかな?もっとだろうか?
 作者の松井今朝子さんは松竹で歌舞伎の制作に携わっていたが、フリーになり評論や小説を書いているとのこと。
 小説を通して吉原の様子を事細かに紹介するという内容になっている。花魁(おいらん)が蒸発した事件について、その花魁にゆかりの人たちをたずねて話しを聞きだし、その全様を明らかにしていくという設定。どういう人がなんのために調べているのかも謎のまま話は進んでいく。話の筋というより、どうやってこんなに詳しく、吉原の生活ぶりを調べたのだろう・・と思える程の吉原生活史みたいな資料集になっている。
 なかなか面白かった。
0

2010/7/18  21:39 | 投稿者: 益子

 今日は、父の88歳の誕生日だった。朝、9時に家を出発、スーパーによって食材を購入して実家へ。うなぎを注文してあるので、つけ合わせの和風サラダ?とお吸い物を作る。父にとってこども、お嫁さん、お婿さん、孫、孫の連れ合いが総勢15人いるが、そのうち11人と両親で全部で13人集まった。残念ながらひ孫はまだいない。我が家は5人中3人参加。
 和風サラダ:きゅうり、人参、セロリ、長いもの短冊切りに、わかめとちょっと生姜をいれて、青じそドレッシングをかけて冷やしておいたものに最後に青じその千切りを散らした。お吸い物:こんぶとたっぷりのかつおぶしでだしをとり、しめじと柚子風味の生麩、春菊を入れた。生のゆずは手に入らなかったので、フリーズドライの乾燥ゆずを散らした。われながらどっちもグー。美味しくできた。
 13人、実家のダイニングとリビングはいっぱいいっぱいで、冷房も追いつかなくて暑かったけれど、両親とも、家で孫たちと和やかに過ごす方が、どこかの料亭なんかで気取って食事するよりずっとずっとよかったみたい。楽しそうだった。
 私が用意した父の赤ちゃんから88歳までの写真のスライドショーを見たり、ケーキを食べたり、集合写真をとったりであっという間の3時間だった。
 その場その場の受け答えはとってもしっかりしている父だけれど、きょうが何の日なのか、自分は何歳なのか、さっき何を話題にしたのか・・・すぐ忘れちゃうけれど、思い出しては忘れ思い出しては忘れを繰り返し、ボケを受け狙いでやってみたりしながら楽しく過ごしていた。周りに不快感を与えない楽しいぼけ方で助かる。
 スライドショーは父の部屋で朝、7時から夜の8時まで自動でデジタルフォトフレームに写るようにしてきた。
 あっという間の一日。親孝行っていうやつは所詮、自己満足。よい一日だった。
0

2010/7/18  21:29 | 投稿者: 益子

 歌舞伎の巡業、地方公演があった。菊五郎、菊之助、時蔵、松禄、となかなかのメンバーで廓三番叟、一条大蔵譚、棒しばりと演目もよかった。菊之助が声に張りがあって芝居も愛嬌というか色というか艶というか華というか・・・そういうものを感じるものがあって・・・んーよかったねえ。
0

2010/7/18  21:08 | 投稿者: 益子

 LD学会の特別支援教育士の静岡県支部の会合があった。新米会員としてはどんな雰囲気なのかなっとちょっと緊張して参加した。知った顔が数人。小学校の先生が多いみたい。いくつかの実践発表を聴き、静岡にもすばらしい、がんばっている先生方がいることを知ることができてよかった。私はこの資格で何っていう貢献もできないかもしれないけれど、とりあえず、ここから得られることを今の仕事にも生かしていけるとは思っている。
0

2010/7/13  21:49 | 投稿者: 益子

 雨が降ったりやんだりのはっきりしない天気が続いている。今夜はハープのレッスンだった。ちょうど、行きと帰りの自転車走行中は雨がぱらぱら程度でラッキーだった。4月の発表会後もけっこういいペースで練習している。
 5月に先生に学校にきてもらってミニコンサートを開いたが、その時、本番前に練習をしているのを聴いていた高等部の先生がとても感動して、今度は高等部の生徒に聞かせて欲しいということになった。2月の予定で高3の生徒対象だ。この高3の生徒が中1、2の時に私は学年主任をしている。私にとって思い入れの深いというか強い生徒たちだ。そんな私個人の思いもあるし、高3を担当する先生方から私も一緒に弾いてという話もあり・・・先生と相談してアイリッシュとのデュオをやろうかということになった。一人で弾くのではなく、先生と一緒ならなんとかそれほど緊張しないで弾けるかな。私から彼らへの高校卒業のプレゼントだと思って夏休みぐらいからぼちぼち練習しようかと思う。ちょっと楽しみ。
 先々にいろいろな楽しみをちりばめておくのは大切な自己コントロールではないかと思う。
 ひゃあ!すごく雨が強く降ってきた。よかった。濡れなくて。
0

2010/7/11  22:45 | 投稿者: 益子

 あわただしく週末が過ぎました。
 昨日は高校時代の部活動の合同同期会?が開かれて我が期の前後5年、40人ほど集まって、懐かしい方々とお話をすることができました。みんなよいおじさん、おばさんですが、初めはえっ?誰?っと思ってもだんだん昔の高校時代の面影がよみがえってくるものです。ブラスバンド部ですが、我が期が2年の時に甲子園に出場し、決勝戦までいきましたので、一つ上や下の期とは一週間以上、泊り込んで応援をした思い出を共有しています。甘ずっぱい青春の思い出っていうのも含めてね。そして、友だちと駅前のホテルに泊まりました。ちょっと贅沢!友だちはもう静岡に実家がないし、ホテルに泊まると思うとゆっくり飲めるしね。実際、1時過ぎまで遊んでしまいました。
 それから、来週の父の米寿のお祝いの準備をしました。デジタルフォトフレームをプレゼントするのだけれど、そのフレームで一日中、懐かしい写真が流れているように、彼の赤ちゃんの時からの写真を順にデジカメて撮ってみました。もちろんごく一部ですが、まあ、88年も生きていると、相当な写真の量です。思いのほか、しっかり整理してあって、最近の10年分ぐらいは整理されていなかったけれど、それまではちゃんと順にアルバムになっていたので助かりました。かなり時間がかかって疲れちゃったけれどね。でも、父の人生は、けして裕福ではないけれど、けっこう幸せな人生だったんではないかなあって思えるアルバムでした。よかった。
 そしてそして、再来週の北岳に向けて、ザックその他の山用品も購入しましたよ。一割引セールをしていたのでね。
 そして、夜になって父のお祝いに来てくれる孫たちの人数が急に増えて、予約してあった店では対応できなくて・・・あちこちホテルとか電話したけれど、予約でいっぱいだったり、足の不自由な母には利用しにくかったりで・・・結局、頑張って実家で・・つまり父にとっての我が家でやることにしました。うなぎでもとって、おすましとお浸しでも作りますよ。そのほうが、スライドショーとかもやりやすいものね。狭いけれど、なんとかなるでしょ。
0

2010/7/6  20:59 | 投稿者: 益子

 ともかく蒸し暑い!!じとじとジトジト・・・んー辛い!
 仕事がけっこうたまってきました。計画的にすすめなくてはいけません。
 一昔前には7月も20という数字には甘い夏休みの香りが漂っていましたが、昨今、20ではまだまだです。小中も特別支援の方も27、28あたりが終業式というところが多くなっているようです。我が校も27まで。そして8月第一週ぐらいまではなんだかんだと休めません。もう一息、この暑さの中で頑張りましょう。
 7月もプライベートの方もけっこう忙しいです。父の米寿の祝い、山はいよいよ一泊二日(前泊あり)で北岳登山。高校時代の部活(ブラスバンド)の4期合同の同期会。特別支援教育士静岡支部会の会合、歌舞伎の地方公演・・・ハープのレッスン、リコーダーの練習日・・・
 仕事もプライベートも楽しくやっていきたいですね。
0

2010/7/3  21:24 | 投稿者: 益子

 今日は、音楽しましたよ。夕べから油揚げをいっぱい煮て、今朝は変わりお稲荷さんを3種類作りました。えっ?音楽と関係ない・・・というのは、今日のリコーダー練習はランチ持ち寄りで昼過ぎまでやることになっていたのです。それで珍しくお稲荷さんを作ってみました。柚子とゴマ、梅干とちりめんじゃことシソ、ひじきと三つ葉の3種類のお稲荷さんにしました。仲間は手巻き寿司を持ってきてくれてちょっとしたお寿司パーティーでした。
 で、たっぷり練習して、それから、今度は友人と久しぶりに会ってお茶して楽しくおしゃべりしました。彼女も音楽家なので話題の中に音楽がちらほらり。
 そして夕方からはAOIのコンサートに行ってきました。ファジル・サイさんはトルコの人だそうです。パワフルでエネルギッシュで、独自の音楽の世界に浸っている・・・憑き物に憑かれたみたいに、音楽している、芸術している、ピアノを弾きながら思わず、声を出して歌い、空いている手を躍らせ・・・ピアノってあんなに大きな音がでるんだ、こんなに響くんだー、人間の指ってあんなに速く動くんだー・・・・っていろいろびっくりでした。やあやあブラボーです!曲目はバッハ(リスト編)のプレリュードとフーガ イ短調。リストのピアノ・ソナタとベートーベンのピアノ・ソナタ。アンコールは彼のオリジナル。ジャズ(サマータイム)も披露してくれました。
 楽しい土曜日でしたね。にっこり。
1

2010/7/3  8:08 | 投稿者: 益子

 ハイドンの交響楽104曲、全部聴き終えました!次はモーツァルトの交響楽全集を聴いてみましょう。モーツァルトの場合は50番台ぐらいまであるのかな?よく知らないので、また調べてみようっと。
0

2010/7/1  16:40 | 投稿者: 益子

 二泊三日のキャンプに行ってきた。1、2年の生徒の大きな行事の一つだ。こういう行事は事前に準備のための学習をする。それは生活単元学習という形態で行う。この単元をどう構成し、どんな計画で進めるかは知的障害の特別支援学校の教員としてのいわゆる腕の見せ所だ。この学習でどんな力をつけて欲しいのか、この行事でどんな体験やどんな思い出を作ってほしいのか、楽しかった、また行きたいと感じたり、何らかの体験が知識となって頭の中に刻まれていったりして欲しいことは何か・・・そんなことを整理しながら時間数その他、物理的あるいは人為的な問題(教師集団の力量とかね)等を加味して計画を練っていくのは本当に大変だけれど、面白い。と・・・私は思うのだけれど。どうなのかなあ。先生たちを見ているとなんとなく、そういう気合は感じない。なんとかこなせばよい、やればよい、去年並みで、できるだけ楽な方法で・・・そんな風にも思えてきてしまう。
 これでイイのかなあ。なんだか、寂しい。なにかが違う。この思いをどうすればいいのだろうか。
 私は職員を指導する立場でもある。教員を育てることも私の仕事だとあまり思いたくはないのだけれど、でもそういうことなのだろう・・・・どう、動けばいいのか、何をすればいいのか?このままでは何か大事なことが崩れて行ってしまうように思う。
0




AutoPage最新お知らせ