2010/6/28  23:27 | 投稿者: 益子

 日曜日は東京、お台場まで姪の結婚式にいってきた。新橋からゆりかもめに乗ってみた。ぐるーっと遠回りしてちんたら進んでいく。レインボーブリッジに上がる前には進行方向を左に90度まがったところにある橋に対し、右に折れ、円を描いてぐるっとひとまわりし徐々に高度を上げて橋の高さへと登っていく。人口の島、人が生活するのではなく、人を遊ばせるために作った人工の街、お台場。ゆりかもめも無人。タイヤで走っているらしい。昔、手塚治虫のまんがでみた、未来都市?みたいだね。
 式場は庭を演出に使っているので、雨があがって本当によかった。フランス料理の最後のデザートはお庭でのデザートビユッフェ。洒落た演出だ。ただし、夏はやっぱり暑いね。美味しいアイスクリームもどんどん温くなる・・・・
 若くして亡くなった兄の次女が結婚した。天国で兄も喜んでいるかな。私の両親にとっての9人の孫が久しぶりに勢ぞろいした。実家のお正月や、家族旅行で全員揃ったのはいつのことだったかなあ!


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/6/24  23:07 | 投稿者: 益子

 けっこう忙しい。明日は校外学習に行って、夕方は両親の施設に行ってこようと思う。土日に顔をだせそうもないのでね。
 土曜日は午前中は仕事。休日出勤。午後はグランシップで歌舞伎を観てそれからいろいろ用をしなくっちゃ。まず、月曜日にATM付近でうっかり落としてしまった銀行のキャッシュカードがパルコの落し物係りのところに届けられているので取りに行く。
 次に、伊勢丹で購入したパンツの裾直しができあがっているはずだから取りに行く。それから職場の後輩がちょっと休んでいるんでお見舞いの品を選びたい・・・
 で、日曜日は朝、美容院にいって頭をセットしてもらって9時代の新幹線で東京お台場へ行く。姪の結婚式。午後からだけれど着物の着付けがあるからね。子ども達、つまり花嫁のいとこたちも呼ばれているので、家族5人、珍しくそろう。暮れ以来。娘は振袖を着る。暑いから大変だけれど、まあ、冷房が効いているでしょ。披露宴は2時半からだから終わるのは5時ぐらいかなあ。娘の着物をたたんだりしてこちらに送る荷造りをして・・・振袖のたたみ方は難しい。一応、ネットでたたみ方の図を見て復習して印刷して持って行こうっと。6時半ぐらいの新幹線には乗って帰ってこれるかなあ?ともかく、一日仕事だね。そうだ!まだご祝儀袋に名前を書いてなかった。新札はなんとか用意したのだけれどね。
 来週は二泊三日のキャンプ引率もあるので、今日は一応荷物を作ってみた。何を着ようかな、足りないものはないかなって点検しておかないと、買い物するにも土曜日の夕方ぐらいしかチャンスはないからね。
 てなわけで、なんだかんだと明日から三日間は忙しい!!
 
0

2010/6/21  8:55 | 投稿者: 益子

 朝5時に起きました。6時に東静岡駅集合。小型のバス2台で出発。朝霧経由で山梨県山梨市の乾徳山へ。10時ごろにはふもと近くまで。それから20分程度バスでけっこう上(1320メートル)まで登っていきます。これがなかなか運転手泣かせ。細くてくねくねで、片側絶壁でもう片側が木が茂っていて落石はあるし・・・ちょっとドキドキしちゃいました。
 さて、曇り、ちょっと霧という天気で出発です。10時半過ぎでしたかねえ。歩きやすい道が続きます。頂上まであと少しというあたりからなかなかの岩場です。そして2箇所はきつい岩場でした。頂上、寸前のところは90度に近い壁を登るという感じです。ロープを使って命綱をつけて登った人たちもいますが、頑張って鎖を持ってうんこらしょ、どっこいしょと登ってみました。ひゃー怖かった、面白かったです。次にどこに足をのせるのか、どの岩を持つのか、そういう判断がなかなか難しく、先輩に教えてもらってのクライミングです。まあ、クライミングというほどのことではないのでしょうね。ほんの触りでしょう。
 ここはまだ良かったんです。のぼりの方がまあ楽です。下りですよ。別ルートを下りましたが、ここもかなりの岩場でそれこそ、どこに足を着けば、滑って転ばずに降りれるのか・・・・あーどうしよう!の連続で、ホント、周りはすいすい降りているのにと焦る気持ちもあり、緊張の連続でした。足はガクガクしてくるし、集中力は途切れてくるし・・・ダメだなあ。それでも怪我もなく降りることができてほっとしました。疲れた。
 下山して5時半に出発。家について10時過ぎでした。お疲れ!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 興味のあるかたはここをクリック
0

2010/6/19  19:13 | 投稿者: 益子

 夕べは強い雨でしたねえ。夜中に何度も目がさめてしまいました。でも朝にはほとんどあがり、どんどんと気温があがり、ムーとする暑さになりました。ちょっと厳しい蒸し暑さでした。
 そんな土曜日に家族参観会という仕事でした。学部の保護者を集めての学部懇談会もあり、いろいろと気を使う一日でした。六日間の長い一週間がおわり、やれやれとビールを飲んだところです。
 明日は乾徳山。6時前に家をでます。帰りは夜8時過ぎになる予定です。岩場もあるようです。お天気はどうでしょうか。無事に登ってきたいと思います。
0

2010/6/17  20:15 | 投稿者: 益子

 どんより曇りの天気はだいぶ晴れてきました。まあ、目途がついたということもあるけれど、自分の中で消化できてきたということでしょうかね。くよくよしたり不安がったりしていても始まりません。なんとかなるさ、「ケ・セラ・セラ」です。
 それにしても他にも悩みはつきません。今年はいろいろ難しいです。だからすぐに自己肯定感をさげます。あーあ、私はなんにもできない、なんの役にもたたない・・・だれだれさんはこんな力がある・・なのに私は・・・てな思考経路ですね。多分これを何度も繰り返していくのだろうけれど、それでもだんだん、こんなもんさ、できることはできる、できないことはできないんだからしょうがない・・・とあきらめ方を覚えていくのだろうと思います。
 昨日はカイロプラクティックに行ってきました。すっかり仲良くなってしまって色々話しをしながら手技をうけています。肩甲骨の奥の筋力の弱さがすべての原因なっているようです。姿勢の悪さや腕が肩の横についていないで、前の方にぶら下がっていること、首が右に傾いて首につまりがあること、呼吸が浅くなっていることや、腕の血流が悪くてへバーデン結節症になっていることや手の痺れがあること・・・全部全部が関連しているようです。だから、どこか一つの症状を医者に見せてそれだけを治そうとする治療を受けることは意味がないんだよねえ。
 それで、ずいぶんと手のひらの痺れが改善されてきましたねえ。けっこう投資しているんだからそのぐらいの治療効果は感じないとねえ。
1

2010/6/15  19:50 | 投稿者: 益子

 どんより曇っているのは天気ではなく、私の心だ。実際の天気は雨。けっこうまともに振っている。明日はプール開きだったけれど、この分だと無理だろう。明日の天気予報はよくない。
 今度の日曜日は6月の定例の山の日だ。乾徳山にいくのだけれど・・・今のところの天気予報では傘のマークが出ている。初めての合羽登場か?!雨の中を歩くのはあまり嬉しくない。もう、30年近く前に鳳凰三山に登ったときは台風が近づいてきて、早朝あわてて下山した。あの時は思いっきり雨だった。降りるという判断がもう少し遅れれば、ヘリコプター救助の可能性もあった。実際、同じ山で下山できなくなった人たちもいたし、富士川の鉄橋が流された。10年ぐらい前だったか屋久島の縄文杉を見に行くためにかなり歩いた時も霧だったり雨だったりで合羽がどろどろになった。そのことを思い出すと、やっぱり雨の山は楽しくはない。
 ところで、なんで心が曇っているかはちょっと説明しにくい。ともかく、いろいろなことがあるものだ。想定外というところか。仕事関係のことだが。こうやっていろいろなことに対応していくことに、少し疲れを感じている。対応そのものの実務というより、関係者の心の痛手や実際の仕事の段取りの苦しさを思うと、自分の立場的な無力感と、実際上の無能さ・・・それを感じる心を「疲れ」と表現しているのだろう。多分。疲れた。
0

2010/6/12  23:31 | 投稿者: 益子

 次男は就活のかいあって、地元の企業に内々定した。内々定者の研修会や懇親会が金曜にあるからということで木曜に帰ってきたのだけれど、今回、珍しく、日曜までいるというので、本日、土曜の夕飯を例のマイレストランに行ってきた。シェフも奥さんも息子の就職内定を喜んでくれた。いつもより奮発して7800円のコースにした。シャンパンも飲んだ。んー美味しかったね。いつ行っても、今までに食べたことのない新しいメニュー(素材は同じでも、味付け、ソース、付け合せの野菜、盛り付けかたが違ったりという感じかな)でもてなしてくれる。ソースがなんともいえない繊細な味なんだよね。
 さて、いろいろな予期しないことが起きる。仕事話なのだけれどね。来週もちょっと苦しい展開になりそうだ。不安になっている職員に対し「でーーん」と構えて「大丈夫さ」という雰囲気で対応しなくてはいけない。そうは言っても、実際、人手の問題なので、苦しいのは確かだ。私がデスクワークはあきらめて、授業に出て行って、何とかなればいいのだけれど。あっちもこっちも・・・状態になってきたし、来週はお客さん対応もあるしねえ。一番、オタオタと不安になっているのは私なのかもしれないが、ともかくもやるっきゃない。
 そうそう、カイロプラクティックは週1のペースで続けている。人間は初めは一個の細胞だったんだから、体の機能は心も含めて全部関連している、つながっているというのはとっても納得のいく話だった。頚椎の○番と○番がどうとやらだから、ほらほらここの背中の背骨の周りに湿疹ができているでしょ・・・みたいな。そんなこんなのフムフムと話を楽しみながら、あちこちグイとかコンコンとか矯正してくれているらしい。MBTという靴も買ってみた。人が昔、はだしで土の上を自然に歩いていた時の歩き方を再現していく靴らしい。体の本来のバランスを取り戻せたらいいなあと思うけれど、どうなんだろうね。
0

2010/6/10  19:01 | 投稿者: 益子

 息子が帰ってくるのでいそいそと夕飯を作っています。
 今週もなんとか乗り切れそうですね。なんとなく、ただただ、日々何事もなくと祈っているばかりで、たいしたことができず、自分の自己肯定感はあまりよい状態ではないですね。
0

2010/6/4  21:27 | 投稿者: 益子

 水・木・金と三日間も帰宅が8時ごろになった。これは今までにない記録かも。特に仕事していたというよりは、いろいろな悩み、心配事を抱えている職員の話を聞いていて時が過ぎていったという感じだ。
 次から次へと様々な問題が湧き出てくる。そういう仕事だといえばそれまでだが、けっこうきつい。主事になってからのこの2年間の中では最高にあわただしい気がする。
 一つ一つの問題が少しずつでもほぐれるというか前進するというか・・・着実にやっていくしかないし、それぞれ担任なり学年主任がやっていくことだから、私はいざという時の後ろ盾になり、先生方の支えにならにゃいかんということだよね・・・そこがまたねえ。なかなか難しい。口出す度合いやタイミング、内容、そして自分自身の力量。んー自信がないねえ。それでもど〜んと構えていなきゃねえ。
0




AutoPage最新お知らせ