2009/12/29  21:32 | 投稿者: 益子

 今年の読み収め。吉村昭氏の「冬の鷹」を読んだ。「解体新書」の日本語訳に携わった前野良沢と杉田玄白の二人を比較しながら話しは進む。良沢を主人公とし、良沢の生き方に吉村氏は尊敬ともいえる思い入れをし、玄白には冷ややかな批判の目を向けているように感じる。同じ時代を生きた平賀源内や前野良沢と懇意だった高山彦九郎(京都の三条大橋のところで御所の方に向かって座っている銅像の人)の話しも加わり、例によって詳しく資料を調べつくしただろうと察せられる筆運びで歴史のある一面を描き出していく。
 面白かった。
 おまけに良沢はアスペルガーだなあ、平賀源内はADHDだ・・・なんて思いながら読んでいた。
 歴史を動かしてきた偉人たちには今で言う発達障害の方たちが多かったのだろうなあ。
0

2009/12/28  21:13 | 投稿者: 益子

 京都マイ宿いってきました。ファミリーもしてきましたよ。当分、蟹はみたくないよっていうぐらい蟹も食べてきました。天橋立はなかなかいい景色ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/12/26  7:44 | 投稿者: 益子

 わ〜い!冬休みです。12月26日から1月3日まで、お仕事はお休みしましょう。1月4日、5日は少し働いて、6日からの3学期の準備。ちょっと今年の冬休みは短いようにも思いますが、ともかくも、体の全部の細胞をお休みモードに切り替えたいという感じです。これがなかなか意外と難しくて、今朝なんかもいつもの時間に目を覚ましてしまうし、頭のどこかで何かしら職場の人間関係のことやら仕事そのものとことやらを考えているようにも思うのですねえ。まあ、職種の特性で、仕方がないかもしれません。
 2009年もあとわずかとなりました。今年は母は体調を崩すことがなく、元気に過ごすことができ、私の介護生活も毎週土曜で安定しました。これは大きな収穫だったと思います。姉も治療を終えてだいぶ元気になってきましたので、たまに介護を姉に頼んで、休日に遊びを組み入れることもでき、三方、丸く収まりというところですかねえ。
 娘が東京に出たのを機会に東京で遊ぶことが増え、それもとてもよい気分転換になっています。娘が第一希望の大学に落ちたので生じた現象で、物事、前向き志向が大切というか、人生はそうなるべくしてそうなっていくというか・・・娘にとってはこういう道筋がよかったのだ(私にとっても)と解釈しています。
 ハープもかなり楽しく練習しています。今までの中で楽しさという面では最高ですね。リコーダーという新たな出逢いもありました。天皇誕生日の日に公園で市民ブラスバンドが演奏していました。頭の白いおじさんと若い女の子が一緒に楽器を吹いていて、あー私もまたクラリネットも吹きたいなあなんて思いました。いつかそういう出逢いもあるといいなあと思います。
 夫との二人暮らしも意外と楽しくやっています。娘がいたときより会話が増えているかもしれないし、二人での外食も数回楽しみました。休日ではそれぞれ自分の時間を過ごしていることも多く、自立と共存のバランスはまあまあでしょう。夕食が私ひとりというのが、なんとも楽なのですが、これがどうも4月からは変化しそうです。夫が昼間の仕事に戻りそうなんですよね。そのあたりで生活がどう変わってくるか、来年の楽しみというか心配でもあります。
 仕事の方はどうなんでしょうね。今の管理職の立場で2年目。皆さんにとってどういう存在なのかよく分からないのですが、全ての人にとって『いい人』であるわけないし、そんなことを目指してびくびくする必要はないのです。自分の色を出せば、どこかで「受け入れられない」と思う人が出てくるものです。でも色を出しましょう!少し出すようにしてきたつもりですが、もっと出してもいいのかもしれません。少し強引にリーダーシップをとっていかないと何も変わりません。何かのエネルギーを含んだ新しい風を職場の空気に吹き込んでいく・・・そのためのきっかけになれたら・・・
 一年の総括ですね。さて、そろそろ京都に出かけようかと思います。
0

2009/12/24  20:57 | 投稿者: 益子

 ひとりぼっちのクリスマスイブです。夫は京都で、すでに今夜は7泊目。学校の終わった娘は昨日、東京から直接京都に向かいました。本日は、関西に住む大学生の姪を誘って夫、娘の三人で南座で歌舞伎を観て、ロシア料理でクリスマスディナーを楽しんだとのこと。チェ!!いいなって感じです。私は明日まで仕事して忘年会に出て、明後日の昼頃に出発します。ところがその日は姪の家(夫の弟の家)に招待されたとのこと。神戸の次男も合流してみんなで出かけるそうです。というわけで、私はその日は一人で過ごすことになりました。(私も義弟の家に行くっていう選択肢もあることはあるけれど・・・これはなんとなくいろいろな事情で・・・ってことで)昨日、ネットでいろいろ調べたんだけれど、さすがに年末にはイベントもないし、特別公開なんかも一度終わってまたお正月からって感じで・・・映画でもみるか、それともマイ宿でテレビでも見てのんびりするか・・・土曜日の過ごし方を決めかねています。
 2泊ぐらいじゃそれほど遊べませんね。日曜日に家族5人が久しぶりに揃うので、天の橋立まで特急で行って蟹料理をいただく予定。それで月曜日には帰ってくるのだから・・・ちょっと物足りないけれど、贅沢は言わないようにしましょう。
 まあ、すっかり気分は冬休みです。明日も仕事ですよ。しっかりね。
 いろいろと問題を抱えていてすっきりとした気分で冬休みを迎えられない同僚も何人かいるかなあと思いますが、一度リセットしてもらってゆっくりと充電して欲しいです。本当にお疲れ様です。
 私も来年度の経営のことなど、難題をたくさん宿題に抱えていますが、考え続けたところで下手な考えなんとやらです。一度、忘れてしまうつもりです。年が変わればまた何かいい考えがうかぶだろうと楽観しています。
0

2009/12/23  8:20 | 投稿者: 益子

 「次郎と正子ー娘が語る素顔の白洲家ー牧山桂子著」読み終えました。とっても読みやすく、面白かったです。それにしても家事をいっさいできない母親(皿洗いさえできない・・・正子さんが洗ったものは後で洗いなおさなければならなかったそうです。)もいるもんなんだなあ、その娘さんはちゃんと家事ができるようになるんだから、「母親の家庭的さ」という基準はあんまり娘に影響しないかな・・・なんてちょっと自分に置き換えて、娘がもし家事が苦手でも私のせいじゃない・・・と都合よく思ったりして、あちこち声を出して笑いながら読みました。
 自分の「感性」を正しいと信じ、自分の思うことをはっきりと主張して強く生きてきた次郎と正子さん。その生き方はわがままだし、はた迷惑だったりもしたみたいけれど、でもとってもすがすがしく豊かな生き方だなあ!!
0

2009/12/21  19:56 | 投稿者: 益子

 2学期、あと3日!もうひとふんばりです。寒さに負けずにがんばりましょう。
一人暮らしになって四日目の夜です。今は、別にどうということもないけれど、もし、夫に先立たれるかなんかでずっとずっと一人で暮らすとなったらどんなもんかなあ、やっぱり寂しいかなあ、一人で家をきれいに管理していくのは大変かなあ、なんてちょっと思ってしまった。私も夫もそこそこの年齢ですので、これから先は本当にどういう展開になっていくのか・・・ミステリーですね。まあ、運命に身をまかせながら、その時その時に良かれと思って前を向いて楽観的に生きていけたらなあと思います。なんだか大げさな話しになってしまいました。
 昨日は特別支援教育士の最終資格試験にいってきました。記述式ではなく、穴埋めで記号が中心でしたが、教科書全般にわたって隅々まで勉強しておかなくてはという問題でした。間違えちゃったなあというところもいくつかすでに気がついていますが、どうでしょう・・・ぎりぎり合格点には達していると思うのですが。
 午後は銀ブラをしました。ヤマハでリコーダーフェアをやっているというので見にいくのが主な用事。3万円代からうん十万円というものまでいろいろです。眺めていて・・・もう少し上達してから買おうという気持ちになりました。当分は子ども達が学校で使っていたプラスチックでよしとしよう・・・
 で・・・まあ、ぶらぶらと銀座を歩いて、試験も終わったので久しぶりに本を読もうと思って本屋で文庫を3冊買って、喫茶店で珈琲飲みながら読んで時間をつぶして、5時ごろ用事の終わった娘と待ち合わせて、東京駅近くの丸ビルをうろうろし、クリスマスイルミネーションを楽しんで、なんとなく娘にクリスマスプレゼントと称してカーディガンを買ってやり、夕食を食べて・・・そんなこんなで8時の新幹線で帰ってきました。
 文庫の1冊は白洲次郎と正子の娘さんの牧山桂子さんの「次郎と正子」。まあ、普通とは違う両親のことを面白おかしく紹介しています。一流という人たちの昭和の時代の豊かな暮らしぶりや、二人の頑固一徹な考え方やとっても純粋でかわいらしいともいえる心根。いろいろなエピソードから二人の人柄が描き出され思わずくすくすと笑ってしまいます。
 久しぶりに読書ができて嬉しかったね。
0

2009/12/18  22:01 | 投稿者: 益子

 久しぶりのレッスン。寒さにめげそうだったけれど、たくさん着込んで、皮膚の出ている部分を極力少なくして自転車で15分程度の先生の家までレッスンに行ってきた。今日は割りと気持ちよく弾けた感じ。発表会はソロは2曲で、バッハのゆったりと和音を聞かせるものと速いパッセージのもの。どちらもけっこういい仕上がり具合で、特にゆったりと和音を聞かせるものは旋律がとても気に入っているせいか、自分でも弾いている時に気持ちよくて、テクニックにハラハラドキドキせず、音楽そのものに気持ちが入っていくようなそんな快感を感じている。先生も「うまくなったね」と誉めてくれるので嬉しい。今度の発表会こそ「気持ちのよい」演奏をしたいものだ。
 てなわけで割とご機嫌になって鼻歌交じりに帰ってきたので、帰りはあまり寒さを感じなかった。家について9時半ごろ。そろそろ夫たちは京都のマイ宿に着いたかなあと思っていたらちょうどメールがきて、長男も合流して今から飲みに行くよだってさ。息子二人に囲まれてさぞかし嬉しいでしょうよ。フン!ちょっと羨ましくて拗ねてしまう。
 明日は母の通院。その後は勉強しよう。結局、日曜日以来、ほとんど手付かず状態。明後日、東京で試験。午前で終わるので午後は遊んで、夕方、娘と夕食を食べてから帰ってこよう。
0

2009/12/17  19:36 | 投稿者: 益子

 この冬一番の寒さがやってきました。寒いです。
 火曜日に次男が帰ってきたので、仕事は早めに切り上げて帰ってきて夕飯作りしています。大学院1年ですので就活ですね。どうやらこっちに帰ってくるつもりらしいです。この就職難、どうなることかわかりませんが。
 さて、明日の週末から一人暮らしがしばらく続きます。夫は明日で終業式。私より一週間も早いのです。そして例の京都のマイ宿のマイウィークがちょうど明日からですので、息子と一緒に出かけてしまうというわけです。(息子はマイ宿に一泊して神戸の自分のアパートに帰りますけれどね)7泊の今年の宿泊分に3泊のデイプランを追加してたっぷり冬休みを楽しんでくる計画です。長女は東京から23日に京都入り。私はやっとこ最後の二泊に合流です。なんだかがっかり。もう少しはやく冬休みになるといいのになあ。マイウィークが今年は18日からで早いので仕方がないのですけれどね。来年は17日から、再来年は23日からです(金曜日からと決まっているので)。再来年は長めにいけるかなあなんてずいぶん先のことまで考えてしまいます。
 そんなこんなで我が家ではすっかり冬休み気分の人もいますが、私はめげずにもう少し働きましょう。
0

2009/12/13  12:42 | 投稿者: 益子

 20日の特別支援教育士資格試験のために勉強しています。夕べは次男の高校の時のバスケット部の母親の仲間との久しぶりの飲み会でしたが、アルコールは飲まないようにし、一次会で帰ってきました。昨日も今日もがんばっています。
 どうやって勉強しようかなあと3冊もある教科書やセミナーでもらったレジュメを前に途方にくれていましたが、勉強の方法をみつけました。5月の連休に2泊3日の実習に行った時に実習以前につけておきたい力の一覧があったのを思い出し、まず、その一覧にそって復習し、その後にそこから漏れている内容をやることにしました。そして、鉛筆で書くよりパソコンに向かってキーボードを打つ方が眠くなりにくいことがわかったので、要点はパソコンでまとめることにしました。でも、実際の試験では、たくさん専門的な用語の漢字も書かなくてはならないと思うので、この要点のまとめが終わったらそれを一度は自分の手で文字にしたほうがいいかなっと思っています。
 学生の気分ですね。
 通常学級に在籍しているような発達障害の子ども達のことを中心にした勉強ではあるけれど、現在、目の前にいる子ども達のことを考えていくのにもとっても参考になるなと思います。ガンバガンバ!!
0

2009/12/9  21:43 | 投稿者: 益子

 特に話題なし。1、2年が登校せず、先生たちが職員室にいるのでなんとなく落ち着かず、いつもより仕事がはかどらない。
 昨日のハープのレッスンは先生がインフルエンザのため中止。20日の試験の勉強をしているが、教科書を読んでいるとすぐに眠くなってしまう。鉛筆を動かす方がいいかと思い、要点をまとめるようにしているが、なかなかどうして睡魔には負ける。
 12月にもなるとだんだん落ち着かなくなってくる。毎年のことながら、年度末の人事異動が気になりだすわけだ。
 年賀状もやらなくちゃね。
 年内中におおそうじをする時間はなさそう。1月始まってすぐに3連休があるからそのあたりで掃除しようかな。ともかく、あちこち整理してすっきりした方がいいね。掃除も下手だけれど、整理や物の廃棄が下手。とっておいても仕方が無いものはどんどん捨てなくちゃ。もっとステキに住まう術を身につけたい。センスの問題かなあ。ズボラだからかなあ。
0

2009/12/7  19:36 | 投稿者: 益子

 ひゃあ!今日、学校にいったら続々と欠席連絡。みんな発熱だ。すでにインフルエンザと診断された人もいる。結局、午前中に1年生が明日から学年閉鎖を決定。夕方には2年生の学年閉鎖も決定。明日は3年生しか登校しない。
 いままで、ぼちぼちとは出ていたが、こういう集団感染にはいたらないでいた。どういう加減でこうなっていくのかなあ。
 あわただしい一日だった。
0

2009/12/5  20:12 | 投稿者: 益子

 ひとつ大きな仕事が終わってホッとしている。
 今日は友人とランチ。和食。ランチメニューで3150円。お腹がいっぱいになった。もう少し量を少なめにして2000円ぐらいでもいいかも。少し濃い目の味付けだったけれど美味しかった。天ぷらはもう少しカラッと揚げて欲しかったな。最後はお抹茶と小さなチーズケーキとアイスクリームだった。
クリックすると元のサイズで表示します

 明日は地域の防災訓練に行ってこよう。そしてお仕事しなくては。それに、20日に迫った特別支援教育士の資格認定最終試験の勉強をしなくちゃ。大丈夫かなあ。どんなテスト問題なんだろう。ドキドキ。記述ばっかりだといやだなあ。
 お正月を迎えるまでにはまだまだいろいろとやらなくてはいけないことがあるね。ガンバガンバ!!
0

2009/12/3  20:26 | 投稿者: 益子

 今週は忙しい。明日の大きな仕事が終わればとは思うが・・・そのことが気になってやらなくてはいけないことが手につかないでいるので、週末のお持ち帰りにする予定。そろそろ来年度の学部経営をにらんだ動きを作っていかなくてならないのでね。しゃかしゃかとやってしまえることではなく、考えるという作業が大事なんでね。なかなか拍車がかからない。
 さて、京都からお土産に買ってきた益壽糖というお菓子の紹介。昔から伝わる仙菓で、大正天皇が皇太子だったころ、大変好んで食べたというような逸話が残っているようだ。体によいとされている9種類の和漢成分が含まれているそうな。その秘伝の製法はたった一人のひとに伝承されていたそうで、最近、その人と八橋の井筒の当主とのかかわりなどで復元されることになったらしい。詳しくはここ
0




AutoPage最新お知らせ