2009/11/28  16:25 | 投稿者: 益子

 二日目は新大阪から京都へ戻るのと、帰りの新幹線が14時なのであまり時間に余裕がないことから京都駅から近いところを考えた。紅葉の東福寺・・・混んでいるかなあとは思ったが、「見ごたえがあるだろう、私よりはずっと京都にくる機会の少ない姉には見て欲しいお寺だ」なんて思って決定。この時期はいつもよりも30分早く開門しているようなので朝早めにホテルを出た。京都駅に8時ごろついて奈良線へ・・・あれ?奈良線のホームがすごい人じゃん。まさかみんな東福寺にいくわけじゃ・・・・と一駅となりの東福寺へ・・・・降りる降りるみんな降りる・・・・東福寺駅は小さいからもう溢れるばかり。駅員さんの「ゆっくりあわてずに前にお進みください」みたいな放送が流れ続ける。ともかくも人の流れにのって東福寺へ向かう。
 通天橋を渡り紅葉を眺め、庭に下りて眺める。こういう景色というものは見飽きないものだ。人の多さもあまり気にならない。開山堂、方丈の庭園、奥の龍吟庵、即宗院などを見る。また、東福寺を出てすぐのところにある芬陀院(ぶんだいん)別名雪舟寺にもよって禅寺の建物や庭を堪能した。

クリックすると元のサイズで表示します

開山堂の庭
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

龍吟庵の庭
クリックすると元のサイズで表示します

東福寺 方丈 八相の庭 
南庭
クリックすると元のサイズで表示します
北庭
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ