2009/11/30  22:19 | 投稿者: 益子

 11月30日。今年もあと一ヶ月となりました。月日の経つのは本当に早いものです。去年のいまごろは、母が入院していましたね。どうやってお正月を迎えようかといろいろと考えていた時期かなあ。娘の大学受験も迫ってきてちょっとぴりぴりしてきていたかもしれません。 
 さて、昨日は例年の冬の京都南座、顔見世のチケット予約開始の日でした。10時ピッタリに予約のページにログインするのはなかなか難しく、タイミングを逃すと「ただいまアクセスが集中し・・・」みたいなメッセージになってしまいます。また、電話予約の方も「ただいま回線が込み合って・・・」になってしまいます。で、まあ、夫がネット、私が電話で10時同時にやってみました。私の電話はアウト。夫のネットは無事にログインできました。一度でいくなんて珍しい。しかし、特別会員が先行予約していますので、すでにかなり埋まっています。平日の昼間なんかはいいのですけれどね。どうしても、冬休みになってからですし、特に私は今年は25日(金)まで仕事ですから、26日(土)の千秋楽にしか予約をとることができず、一番混んでいる日になってしまいました。で・・・結局、1等25000円の席しかなくて、そんな贅沢するのはやめにしました。残念。夫は21日、24日(娘や関西にいる姪と一緒に観る)にそれぞれ夜の部、昼の部とお値段そこそこの席を確保できました。
 とまあ、そんな訳で冬休みに思いを馳せたわけです。後、1ヶ月。しっかり仕事して楽しい冬休みを迎えましょう。
0

2009/11/29  19:42 | 投稿者: 益子

 東福寺を出て、ケーキセットで一休み。暖かな日になったのでぷらぷらと歩いて京都駅に向かう。12時。新幹線の時間まで2時間。ケーキである程度お腹がふくれたので昼食は新幹線の中にしよう。東本願寺の渉成園に行ってきて最後にもう一度、漬物等のお土産を買えばちょうど良い時間。
 渉成園は私は二度目だ。姉は初めて。東本願寺の別邸で、烏丸通りの反対側に位置する。庭園の四季の花々等を写真で紹介した立派なパンフレットを下さったとは言うものの入園料が1000円はちと高い。しかし、これだけの庭園を常にきれいに手入れしていくのにはお金もかかるだろうし、専門的な造園家の力が必要だろう。パンフレットの中でこの庭園の管理をしている造園業者の紹介もされている。ゆったりとした気分になるよい庭だった。
 一泊二日の京都の紅葉旅行は以上で終了。姉と二人で旅行らしい旅行をするのは初めてだったかもしれない。どちらかと言うと私の方が遊び上手で、あまりはめをはずさない真面目な姉だ。義兄(姉の夫)が亡くなってから子育てのために仕事と家事をこなし、両親の面倒もみてくれて、さてこれからは自分のことが少し楽しめるかなと言う矢先の病気。まあ、両親の介護も姉の病気も一段落し、つかの間かもしれないけれど(そうは思いたくないが、両親はなんていっても高齢だもの、いつどうなることかわからないからね。)今は少し落ち着いた日常が戻ってきている。なるべくあちこち連れ出して一緒に遊ぼうと思う。

渉成園
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/11/28  16:25 | 投稿者: 益子

 二日目は新大阪から京都へ戻るのと、帰りの新幹線が14時なのであまり時間に余裕がないことから京都駅から近いところを考えた。紅葉の東福寺・・・混んでいるかなあとは思ったが、「見ごたえがあるだろう、私よりはずっと京都にくる機会の少ない姉には見て欲しいお寺だ」なんて思って決定。この時期はいつもよりも30分早く開門しているようなので朝早めにホテルを出た。京都駅に8時ごろついて奈良線へ・・・あれ?奈良線のホームがすごい人じゃん。まさかみんな東福寺にいくわけじゃ・・・・と一駅となりの東福寺へ・・・・降りる降りるみんな降りる・・・・東福寺駅は小さいからもう溢れるばかり。駅員さんの「ゆっくりあわてずに前にお進みください」みたいな放送が流れ続ける。ともかくも人の流れにのって東福寺へ向かう。
 通天橋を渡り紅葉を眺め、庭に下りて眺める。こういう景色というものは見飽きないものだ。人の多さもあまり気にならない。開山堂、方丈の庭園、奥の龍吟庵、即宗院などを見る。また、東福寺を出てすぐのところにある芬陀院(ぶんだいん)別名雪舟寺にもよって禅寺の建物や庭を堪能した。

クリックすると元のサイズで表示します

開山堂の庭
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

龍吟庵の庭
クリックすると元のサイズで表示します

東福寺 方丈 八相の庭 
南庭
クリックすると元のサイズで表示します
北庭
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/11/27  23:48 | 投稿者: 益子

 青蓮院を見た後は京都駅へ。5時に息子と待ち合わせ、京都駅ビルにあるホテルグランヴィア京都で夕食を食べた。浮橋という和食の店。やや甘目の味付けだったが美味しかった。少しずつ10品の「おばんざい」がでてくる「小鉢小皿の膳」をいただく。5品は決まっているが後の5品は14品の中から自分で好きなものを選ぶ。選び方によってはかなりヘルシーな菜食風にもできる感じだった。
 京都駅のお土産物屋さんはごった返していたが、ホテルの売店ではゆったりとお土産をみることができ、これはいいアイデアだなと思った。ただし、品揃えはかなり偏っているが。
 宿舎は京都市内で予約が取れなかったので、JRに乗って新大阪駅付近のビジネスホテルへ。息子が多分、社員割引で新大阪と京都間の往復の乗車券と特急券を買ってくれたので、ゆったりと座って新大阪に向かった。湖西線、北陸線、京都関空線など、すべて大阪、京都を通るので、1時間に数本の特急がある。なるほどこれは便利。待つこともなく、すっと特急にのり20分ほどで新大阪に到着。ビジネスツインで日曜泊で3割引?とやらで二人で6400円の安さで泊まることができた。京都内でうろうろして、高いホテルに泊まるよりはずっと賢かったと思う。
 ところで、今夜は研究会ご苦労様の飲み会。二次会にも付き合って終わってタクシーで帰ってきたが、お腹がいっぱいなのにどうしてもアイスクリームが食べたくなって、タクシーにコンビニに寄ってもらってハーゲンダッツのアイスクリームを買ってきてしまった。さて、明日も母の通院。寝坊できない。もう寝なくては。日付が変わってしまったよ〜!
0

2009/11/25  22:32 | 投稿者: 益子

 おうどんをいただいた後には東山三条のマイ宿近くの青蓮院に行った。地下鉄東山駅を地上に上がると相国寺辺りとは違って観光客が多い。平安神宮、南禅寺から銀閣寺へ、青蓮院、そして知恩院から八坂さんと天下の東山界隈であるわけだから人が多いのは当たり前だ。
 青不動明王は像ではなく、絵だ。平安時代に院が創建されて以来初めて御開帳するということで今までずっと秘仏としてきたとのこと。「天変地異の災いを治め、煩悩を焼き尽くしさまざまな祈願を成就へと導きます」とパンフレットに書いてある。毎日護摩を焚いてくださるとのことで全ての人に願いをかくお札?を下さった。保存のためか証明をぐっと抑えての展示だし、人も多くてなかなかじっくりお姿を拝見できなかったが青いお体の背後に赤い炎を背負っていかにも、悪や煩悩を焼き尽くすぞというお姿だった。
 青不動明王がいらっしゃるお部屋の隣で写経をするコーナーがあった。500円でできるのでチャレンジした。「諸悪莫作 諸善奉行 自浄其意 是諸仏教」の16文字を書き青不動さんにお供えしてきた。「諸の悪事はなさずに、もろもろの善を行いなさい、自ら其の意(こころ)を浄(きよ)くすること、これが諸仏の教えである」という意味とのこと。心にとどめておきたい。
クリックすると元のサイズで表示します

 お寺さんのHPはどこのものもなかなかよい出来だ。(こちら

0

2009/11/25  18:27 | 投稿者: 益子

 冬の京都にいって食べたいもののひとつにたぬきうどんがある。静岡あたりでたぬきというと蕎麦の上に天かすがのっているものだと思うが、京都で言う「たぬきうどん」はきつねうどん(あぶらあげは刻んである)のお汁を水ときの片栗粉でとろりととろませあんかけにし、おろし生姜を薬味にしたもの。これが、体があったまって美味しいんだなあ。
 今回も是非食べたいと思い昼食はうどん屋さんへ。私が大学生の時には京都のうどん屋さん(天丼とか親子丼とかお蕎麦とか定食などを出す大衆食堂、どんぶり物屋さんのこと)は店名が「○○餅」で、店頭でいなりずしや大福餅、季節の和菓子などを売っていることが多かったように思うが、だんだん少なくなってきたのだろうか。以前には東山三条辺りにそういう店があったと思うのだが、ちょっと見つけられず、まあ、いわゆるこちらで言うところのお蕎麦屋さんにはいってたぬきうどんを食べた。
ちょっとよそのサイトからたぬきうどんの写真を拝借
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/11/24  20:52 | 投稿者: 益子

 今回、姉と二人で行くことにしたので、まず考えたのは、ハードな日程にならないようにということ。まずまず元気とはいえ、手術やその後の治療のダメージが続いている姉だ。でも、旅行など楽しいことをして気分は晴れやかに過ごして欲しい。
 で・・・紅葉の時期の三連休、ものすごい混み方に決まっている・・・う〜む。渋滞に関係のない地下鉄を利用して近場で回るのがいいだろう。「秋の特別公開」等のイベントを紹介しているサイトからその条件で行く場所を選ぶと、相国寺(しょうこくじ)の秋の特別公開、青蓮院の国宝、青不動明王御開帳がよさそうだ。これなら京都駅からの移動もそれほどかからないし、相国寺などはかなりマイナーなので混雑というほどのことはないだろうと踏んだ。
 果たして・・・新幹線の乗客は京都でごっそり降りる。地下鉄の駅もごった返している。それでも、四条あたりでみな降りていく。今出川までいくとかなりすいてくる。姉はまず、同志社大学のレンガのたたずまいに感激・・・さっそくデジカメでガシャガシャやりだした。御所のイチョウの木も馬鹿でかく黄色にそまっている。
 相国寺は案の定、それほどの人は訪れていない。法堂の狩野光信筆の蟠龍図(鳴き龍)はどこから見てもこっちをにらんでいる。天竜寺、妙心寺など禅寺でよく見られる天井に書かれた龍だ。相国寺は金閣寺や銀閣寺の親玉的な臨済宗の寺院。ホームページも一緒に作られている。これがなかなかよくできたHPだ。のぞいてみて欲しい(こちら)。方丈の襖絵や法華経の経文で輪郭を書いてある観音菩薩の絵、僧の入る浴室(蒸気での蒸し風呂と掛け湯のお風呂だね)などを見る。
 また、寺の中にある承天閣美術館では105歳の西陣織の職人(山口安次郎)さんの個展が開かれていたので見てきた。それは絢爛豪華な能装束を織られていて、本当にため息が出るほど美しく、気の遠くなるような細かな根をつめた手作業の結実した作品の数々を堪能した。詳しくはこちら

相国寺の法堂
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/11/23  19:13 | 投稿者: 益子

 連休二日目、三日目と京都行ってきました。紅葉の時期ですのでかなりの混雑でしたが、地下鉄と徒歩だけを使って渋滞には巻き込まれないように、また、姉と二人旅ですので年齢を考え無理のない「ゆったり日程」で、のんびりと行ってきました。とりあえず東福寺の紅葉を2枚アップしましょう。

昨日の午後、少し傘を使いましたが、今日は午前曇り、午後は暖かな日差しが差してきました。楽しい旅でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/11/21  20:21 | 投稿者: 益子

 連休です。いろいろと気になっていたことを一挙に解決。
 まずは母の通院→携帯の機種変更。今のものは45ヶ月も使ったんだって。えらかったね。さすがに電池のなくなり方が早いのさ。薄型でカードに写真データーを入れられるし、ワンセグ(あんまり見るつもりはないけれど)・・・急に最新式になったというか今までずいぶん古い型のを使っていたと言うか・・・ともかくよしよし→予定外?実は内心予定していた?早めのボーナス、自分へのクリスマスプレゼント??ちょっと高めの服やら小物類を購入。さっそく、明日の京都に着て行こう。寒くなるみたいだしね。よしよし→美容院でカット。だいぶ前からちょっとさっぱりしたいと思っていたのだけれど、なんだか美容院にいくタイミングを逃していた。これでよしよし→そのほか、気になっていたお金の振込みをATMやコンビにで。両親のお金を銀行から郵貯へ。よしよし。
 そんなこんなで一日終わりましたね。
0

2009/11/17  18:14 | 投稿者: 益子

 五十肩が少し改善方向に向かっていると思われる。自力整体的生活が効をなしているのだろうか。
 自力整体でいうところの痛みは体に老廃物が溜まっていることに原因があるという。滞留便や余分な水分などをすっきり排泄することで痛みがおさまってくるとこのこと。また、例えば腕が痛いからといって腕だけに問題があるわけではなく、内臓だったり、股関節の開き具合の問題だったりするらしい。
 また、3日間ぐらいのミニ断食を行うとこんなにも体の中に便があったのかと思われるほどの滞留便が出て、いろいろな症状が軽くなるとのこと。3日間、おかゆ以外のものは口にしないようにする。一度挑戦してみたいが、学校のある時だと給食を食べないというのも・・・冬休みは基本、ご馳走を食べる時期だし・・てなわけで春休みまでお預けかなあというところか。
 とりあえず、「痛みの治し方」というプログラムの自力整体をやったり、穀類中心の食生活をし、夜はなるべく空腹で早めに寝るようにしている。こんなことを書くのもなんだが、ここ数日、常よりもなが〜いものがしっかりと出ている。
0

2009/11/14  21:12 | 投稿者: 益子

 夫に誘われて映画を見に行った。「直木賞作家・三浦しをんの同名小説を映画化した青春ストーリー。箱根駅伝出場を目指す大学陸上競技部員10人の奮闘を描く。」とまあ、Yahoo!映画に紹介されている。
 難しいことは全く考えずにほんわか楽しめた。ありえない話だと思ってもそれがまたいい。10人のキャラもいい。走っている姿に真面目に応援してしまった。
 今日は考えてみればなかなか忙しかった。午前はリコーダー(一応名前があって「森の仲間」という会らしい)の練習日。午前中2時間くらいやって一緒にランチしてそれから両親のところにいって夕方から映画と食事。充実充実。
0

2009/11/11  18:28 | 投稿者: 益子

 特にこれといったブログネタもなく、毎日が過ぎていきます。
 まあ、近況といえば、五十肩の具合がどうも良くない(整体はきかなかったね)ということかな。というわけで、自力整体を真面目にやろうかなあと思って、先週の、木・金・今週の月とやったけれど劇的な変化はない。少し辛抱して続けてみたい。せっかくやるなら生活の仕方も自力整体がすすめている方法でと思ってがんばっている。朝食はとらないのは一昨年からずっと続いているが、夕食をなるべく穀類中心にという考え方も実行。10時から夜の2時に空腹でしっかり寝ることが大切ということなので、これは完全には実行できないが、夫が10時過ぎに帰ってきた後に一緒にぼりぼりバリバリお菓子を食べることはやめて、なるべく早く寝るようにしている。
 そうそう、リコーダーのことを書くのを忘れていた。知り合いに誘われてリコーダーの会(?私をいれて4人だけれど)に入った。10月13日だったか、一度目の練習をやった。今度の土曜日に2回目の練習があるので、毎晩、ピーピーと練習している。他の3人は前からやっていて一人仕事の関係でやめてしまったので後釜に誘われたというわけだ。私は学生時代に音楽で吹いた経験以外にはそれほどやったことはない。今回誘ってくれた方と同じ学校に勤めていたときに昼休みは生徒と一緒に過ごすことのない部署だったので(病院に入院している生徒の院内の教室の担当)昼休みに一緒に吹いたことが数回あるぐらい。とっても久しぶりなので、♯や♭の指遣いを忘れてしまっていた。ソプラノ、アルト、テナー、バスのアンサンブル。私はアルトを担当させてもらった。他の3人は木製のいいリコーダーを持っているようだが、私は娘たちが学校でつかっていた安物。まあ、長く続けられそうなら楽器の購入も考慮したい。ハープの練習もあってなかなか忙しい。でも、もともとクラリネットをやっていたので、笛を吹くというのは好きだ。新しい人との交友関係を広げることも大切かもしれないと思い、お誘いを受けることにした。
 てなわけで、今夜もハープをやったりちょっとピーヒャラ吹いたり、自力整体をしたりです。
0

2009/11/8  18:53 | 投稿者: masuko

娘の大学の学園祭に行ってきた。大学の学園祭なんか自分が学生だった時以来のことだから、どんなのが一般的なのか知らないけれど、学生さんがそれぞれに普段こだわっていることをまじめに発表している様子で感心した。出店で使っている容器もリサイクルできるものに統一して綺麗に回収していた。
それで近くなんで鳩山会館に行ってきた。まあ、私も世の中のミーハーの一人な訳だけれどまあ、人の多いこと。観光バスで次々くる。東京の定期観光バスのハトバスのコースにもなっているらしい。首相になるというのはこういうことなのかな??なかなか素晴らしいお屋敷だ。バラもきれいだった。鳩山家というのは代々、政治と教育界に貢献してきたんだね。共立女子学園に関係があったんだ!日本を動かしてきた人達っていうのはやっぱり一流中の一流なんだろうね。今の政治家はその三世ぐらいだからなあ、なんとなく一流の度合いが薄っぺらになっているような気がしちゃうね。
ということで週末はしっかり遊びました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/11/3  16:40 | 投稿者: 益子

 細川佳代子さんの著書を読んだ。とにかくすごい!こんな行動力のある人もいるんだなあ。自分がやろうと思ったことをどうにかして実現させる、その実行力、人を動かす力・・・ボランティアの心、感動を伝え広げていく・・・んーうなってしまった。
 「可能性への挑戦」「勇気の翼」などの言葉がでてくる。自分には何ができるのだろうか・・・
 学校の教員なんかよりこういう一般の人たちの方が、知的障害の人の可能性を開かせ、育てていく力を、ずっとずっとたくさんたくさん持っているのかもしれない・・・
0

2009/11/3  8:42 | 投稿者: 益子

 今年もあと2ヶ月ですねぇ。11月になってしまいました。ホント、月日の流れるのは速いです。急に寒くなり「冬」の訪れを感じます。
 本日は文化の日。週の途中にある休日もいいものです。修学旅行以来、ハープの練習をサボっているので今日こそはやりましょう。
 週末は、とってもとってもボーっと過ごしていました。で、なんだか、遊びの計画を立てたい気持ちになって・・・ちょうど、娘が「今度の週末、大学の学園祭だから遊びにおいで・・・」というので行ってくることにします。土屋賢二先生と柴門ふみと学長のシンポジウムが面白そうだから聞いてこようと思います。土屋さんはジャズピアノが堪能だそうで、ライブもあるとか。まあ、最近の大学の学園祭ってどんなものか雰囲気を味わってきましょう。
 ついでに鳩山会館をみてこようかな。娘の大学に近いようです。首相のおじいさんの鳩山一郎が作った家。今、バラが見ごろとか。東京観光旅行の第二弾ということで。
 そして、なんと京都に行く計画も立ててしましました。姉を誘いました。11月下旬の三連休のうちの後半の二日。紅葉は・・急に寒くなっているんで、そのころでは散り始めになってしまうかも。まあ、よいです。京都は癖になるんですねえ。もう少し、京都を感じたくなってしまいました。しかし・・ホテルの予約も新幹線の禁煙席予約もホント大変でした。さすが連休です。そのためにずいぶん長い時間、ネットとにらめっこしてしまいました。夕べの飲み会で行った店も遅くまでにぎわっていたし・・・連休中のホテルは満室だし・・・どこが不景気なのかなあって思ってしまいますが、それはある一面でしかないのでしょうね。
 楽しく遊ぶために、お仕事もシコシコとがんばりましょう!
 
0




AutoPage最新お知らせ