2008/9/23  21:13 | 投稿者: 益子

 朝はチューリップと同じ時に注文して届いたつりがね草の球根を植えた。これは時期が今でよいようだ。庭の土を掘り起こして石を取り、少しはよさそうな土を他の場所から移したりして植えた。
 9:30出発でお寺へ。大勢の人が法要のお話を聞きにきている。みんな偉いなあ。受付で志を出し、お弁当の引換券は断って申し訳ないけれど、お話は聞かないでお墓に直行。お墓には久しぶりにいった。お掃除をしたり、お花を上げたりお線香を焚いたり・・・。このお墓には祖父母と兄が入っている。祖父はもともとこの土地の人ではないので、祖父の時からのお墓で先祖代々のものではない。兄は父母を抜かしてずいぶんと早くに入ってしまった。
 そうして、携帯ショップへ。契約者だの、本人確認だのってやっぱりいろいろある。もともと両親の携帯の契約者は姉なので姉を誘って一緒にいって購入。結局、姉と私が家族であることを証明するものは用意していなかったので、我が家の家族割りには入れず。まあ、それは後からでも手続きできるそうな。
 元の携帯があんまり古いせいかデーターが移せなかったので、必要最小限のデーターを入れたり、ワンタッチボタンの設定をしたり・・けっこうな時間がたってしまった。夕食を済ませてから、父母のところに持っていく。あーー徒労感漂いしなんとやら・・・・彼らは使えるようになるのだろうか?はなはだ疑問が残った。使い方がわからないというより、反応が遅い、指の動きが悪い、とんでもない思い違いをする、まあそんなこんなで、高いおもちゃを買ってしまったかも。母はちゃんと使えていたのに、この数ヶ月でほんとうにいろいろなことができなくなっている。でも、施設は電話の取次ぎをしないので(契約の形は賃貸住宅だからね)、部屋にいる本人たちと連絡をとりたい場合は固定電話を部屋に置くか、携帯を持っているしかない。あとは、施設に電話して、公衆電話で私にかけるように伝えてもらうか・・・ともかくも、私の電話にでれること、私にかけれること、それが当面の目標。
0




AutoPage最新お知らせ