2008/9/7  18:31 | 投稿者: 益子

 気分転換、自分へのご褒美・・・??(なんの?もちろん親孝行のさ)着物を買っちゃったよ。ウフフ。10月に着るチャンスもあるし、4月にもあるんでね。4月は着物姿で新幹線でお出かけだから、ついでに道行っていうのかな、着物用のコートも作っちゃった。洋服なら何着も買えると思うと、もったいないような気もするけれど、でもね。やっぱり着物はいいよ。なんともいえないねえ。縫いあがってくるのが楽しみだね。
0

2008/9/6  20:15 | 投稿者: 益子

 9月に入ってホント暑い。今日も湿度が高い。
 次男が帰ってきた。大学4年生。この夏休みは院の試験を受けるため、帰省しないでいた。まだ、9月は夏休みなので15日ごろまでいるらしい。その間、高校時代の友達と、2泊でバスケットをやるために出かけるとか。とりあえず一週間あるから一度は美味しいものでも食べに行きたいね。
 今日は、美容院にいって髪を短くした。さっぱりした。夏休み後半からきりたかったけれど、なんだかんだと忙しくてね。やっとすっきりした。
0

2008/9/5  22:44 | 投稿者: 益子

 長谷川町子が「いじわるばあさん」をどんな考えで書いたか分からないけれど、おばあさんというキャラクターにいじわるが似合うのは、何でだろうか。なんて、へんなことを言いだしたのは・・・・
 母は物忘れはひどくないのだけれど、人の気持ちを思いやることはとんと苦手になってしまったという老化現象で、これも前頭葉の萎縮のなせる技であろうから、立派な認知症なんではないかと思うのだけれど、そうなるとけっこういじわるばあさん的様相を示すのですねえ。悪気はないのだろうけれど、それを言われるとけっこうムカっとくるよねって感じです。
 ともかくも、なんだかんだと父も母も面倒を掛けてくれます。当分、彼らに振り回されていくんだろうなあと思います。まあ、親孝行しますかね。それにしても、こどもを思うように、あれこれ心配してしまう時があります。あれはできるだろうか、これは大丈夫だろうかと。こどもと違って、何ができて何がわからないかが、予測がつかないので難しいですよ。当然、前には分かっていたこと、できていたことで、その中の得意分野は今でもかなりいい感じにしっかりしていて立派なんだけれど、関心のない部分なのかよくわからないのだけれど、全く覚えていることができず、数分まえのことでも、すぐ忘れちゃうっていうのが今の父ですね。そのアンバランスがなんともねえ。
 今週で言えば、月、金、土に彼らにあっているのだから、施設に入れた割にはけっこう面倒みているでしょ。
0

2008/9/2  20:15 | 投稿者: 益子

 総理大臣が誰になっても大差ない・・・ようにも思うけれど、そうでもない。「お腹が痛いよ」といって「ぼくやあーめたっ」の安倍さんが総理大臣だった時にいろいろな教育改革をやってのけてくれて、免許の更新だの、小学校で英語だの、道徳の強化と愛国心、武術の必修・・などなど、とっても現場を混乱させることを決めちゃった。
 なぜか人気のある小泉さんは郵政だけやっていたわけではなくて、後期高齢者なんとかという今となってはみんな文句たらたらの医療制度を決めちゃった。そのほか、ワーキングプアの世の中の基盤をいっぱい作ってくれた。
 そして小泉さんは約束を守らなくてもいいということを子ども達に教えてくれた。(公約なんか守らなくてもいい発言)人生いろいろ・・・なんてわけの分からないことを言ってパフォーマンスだけで人びとをだましてもいいというメッセージも世の中に残した。安倍さんは国の一番偉い人も突然やーめたって言ってもいいということを子ども達に教えてくれた。そして福田さん・・・福田さんがどうのこうのというより、安倍、福田と辞任劇が続いたと言うだけで、日本の国には頼るべきリーダーはいない、政治に期待はできないという強いメッセージの発信になっているんじゃないかなあ。もうどうでもいいって感じだもの。この3代の総理大臣が日本の若者に残したものはあまりにも大きいように思う。既存の価値観みたいなものを崩すには十分すぎるよ。
 なんて政治のことはよくわからないくせに・・・だってあんまりだよね。篤姫にでもお説教してもらいたいよ。ホント!「日本国のリーダーとしての誇りを持て!」「自分のふがいなさを恥じよ」みたいな感じで先々週だったかな安倍なんとかという老中を叱責していたように渇を入れて欲しいよ。
0

2008/9/1  20:00 | 投稿者: 益子

 不思議な夏が終わって2学期が始まりました。9月1日は恒例の防災訓練。朝、6時の連絡網を聞いて防災本部役員は直ちに出勤せよ・・・なんてことですが、そうそう直ちにはいけませんでしたが、いつもより30分以上早く出勤しました。
 生徒たちは元気に、あるいはちょっとモードの切り替えがうまくいかず・・・みたいな感じでそれぞれ登校してきました。
 今夜も、父母のところに様子を見に行ってきました。まあ、なんとか暮らしているみたいです。新しい暮らし方を覚えていくというのは老人にはなかなか大変なことでしょうが、それも脳のトレーニングだと思ってがんばって欲しいです。
0




AutoPage最新お知らせ