2007/11/30  22:06 | 投稿者: 益子

 今日は、市内の特別支援学校の研究会にいった。LD教授(パパ)こと上野一彦先生の講演を聴くことができた。上野先生の暖かいお人柄と、日本の教育が真に一人ひとりを大切にした教育になって欲しいという熱い想いを感じることのできる講演で、少しでも前に進んでいかなくてはという気持ちを強く持った。私ごときの力ではどうにもならないけれど、それでも、一昨日のような仕事を丁寧に心を込めて勤めていくことで何かを変えていく力になれるかもしれないと思った。一人ひとりの教員がスキルアップしていくしかないのだから、ともかくも私自身が前進しよう。
0

2007/11/28  19:12 | 投稿者: 益子

 けっこう充実した気分で帰ってきましたよ。高校の先生たちも熱い思いで生徒のことを見守っていてくれていることがわかってちょっと嬉しい気分になっています。先生たちの熱い思いは「自分も大切にされている」というメッセージとして生徒たちに伝わることでしょう。あとは先生方に発達障害を理解したちょっとしたスキルが蓄積さればOKです。学校によってだいぶ温度差はあることでしょうし、先生方の理解もいろいろかと思いますがとりあえず今日の学校は校長、教頭の理解もあるようですし、支援担当としてコーディネーターの役割をしている先生もグーでした。ともかくもお疲れ様。もう1回、支援方法のまとめということで出かける予定です。今日話しをした担任の先生以外にも広く話しが伝わるように、準備したいと思います。
0

2007/11/27  18:39 | 投稿者: 益子

 職場の方はほとんど元のペースに戻ってきています。上司もそこそこ元の生活ができるようになっているようなので、もうそれほど気を遣うこともなくなってきました。どういうわけか、そんなタイミングを待っていたらしく、相談支援の仕事が入ってきています。それも、高校です。高校に特別支援教育のよい種を蒔けるようにと思っています。明日、行ってきます。
 今日は、午後から会議出席の出張があって4時半ごろ終わり、そのまま学校に戻らずに帰ってきたので、いつもより早い夕食となりました。少しゆったりとした気分です。
 コーヒーを入れようかな。
 11月もあと3日。いよいよ師走ですね。ホント時の流れは速いです。例年通り、冬休みは京都に行く予定。その前に特別支援教育士の養成セミナー(東京)に参加する予定なので、終わったら東京からのぞみで直接、京都に行っちゃおうかなあなんて考えたりして、冬休みにむけて浮き足だってきています。
 12月はレポートを提出しなくてはならない1泊2日の出張もあるし、ボランティア養成講座の報告会として東京から講師を招いてPTAセミナーを開くというデカイ仕事もあるし、前述の高校の支援のこともあるし・・・まだまだ冬休み気分とはいきません。しっかり落ち着いて取り組まなくてはいけませんよ。
 読書が進んでいない。久しぶりに柳田邦男の本を枕元においているのだけれどね。布団に入るとすぐに寝ています。最近は割りと上質な眠りの時間が持てている感じ。健康でけっこうけっこう!
0

2007/11/25  20:17 | 投稿者: 益子

 今日はまた横浜まで行ってきた。さすがにちょっと疲れた。今日はLD学会といっても発表等を聞いたのではなく、特別支援教育士養成セミナーの受講。午前、午後とも終わりの30分にテストがあるので緊張する。わかっているつもりでも上手くまとめて書けなかったり、用語が浮かんでこなかったり・・・。
 ところで、午後の講義の先生が参加者の所属を聞いた。小中の学校関係者が多いが、幼児の関係、高校、大学、さらに就労関係の人もいたのはうれしかった。少しずつ、それでも確かに、支援の輪が広がっている。地域によっては少しずつではなく、大きなうねりで変革が行われているところもあるように思う。選択肢の中に「特別支援学校の人?」というのがなかったが、特別支援教育は最終的には通常学級の先生方の肩にかかっている。特別支援学校の教員の出番はなくなることが理想的だ。今だって、私達の立場はけっこう微妙。相談支援に携わってはいるものの、専門機関とか専門家チームとかいう立場ではない。対象の児童生徒に直接指導できるわけでもなく、困っている担任に対し、何度も何度も支援にいくということもそうそうできず・・・とっても中途半端な支援者だ。もう少し、つっこんだ立場になるか、あるいは外部の相談支援からは手をひいて、特別支援学校の自分たちの学校の生徒の特別支援教育について深く考えるか、立場をはっきりさせたいように思ったりする。
 とりあえず、この3日間はお疲れって感じ。非日常的に過ごすのも、リフレッシュといえばリフレッシュだが、ちょっとハードだった。
 横浜の会場だった開港記念開館が国の重要文化財でステキな建物だったこと、近くにあったサンドイッチのお店のサンドイッチとケーキが美味しかったことがちょっとしたレジャーだったかな。
0

2007/11/24  19:56 | 投稿者: 益子

 仕事やら私用やら自分に起きるいろいろなことやその前の準備やらがドドドっと重なってしまうことがよくあるけれど、今、けっこうそういう感じになっている。来週の出張のための準備もしなきゃいけないし、月曜日の事例検討会の下準備もしておきたいし・・・などなどいろいろあるというのに、この3連休はめいっぱ予定を入れてしまっている。今日のボランティア養成講座のための準備もいろいろあったのだけれど、週末の木曜日には母に頼まれて半日、休暇をもらってデイサービスの見学、学校にもどって3時間ほど仕事したら出張、もどってきて・・・みたいなバタバタ。そういう時はけっこうポカもしてしまうし、なにか変なテンションのあがり方になってしまっていて、人に接するにもせかせかしていて、一息ついたときにいやーな気持ちになる。自分らしくないような、あるいはこれが本来の自分なのかよく分からないが、もっと落ち着け、鷹揚に構えろと自分に言いたい。多少、多動で不注意というADHD系のあらわれが自分にあることは前々から感じてはいたが・・・さらに、歳をとったことを自覚し、しっかりメモを取るなどして自分が忘れるだろう、混乱するだろうということへの対策をしっかりとする必要がある。(メモをなくしてしまうこともあるので、対策の仕方も工夫すべし)
0

2007/11/23  21:14 | 投稿者: 益子

 横浜でこの連休に開かれているLD学会にいってきました。LD疑似体験プログラムに関するスキルアップセミナーやシンポジウム、ポスター発表などを見たり、聴いたりしてきました。会場は特別支援一色というかんじで熱気に包まれていました。夏の特別支援教育士養成セミナーの時も感じましたが、あの熱気と静岡の特別支援教育の現状との温度差に恐ろしささえ感じてしまいます。
 明日はボランティア養成講座があるので横浜の方は我慢。明後日は再び横浜にいき、特別支援教育士養成セミナーを受講して2ポイントの単位を修得する予定。冬休みにも4ポイント、5月の連休にできれば6ポイント・・・という具合に頑張っていって、来年の冬にはすべてのポイントが取得できたとしても資格認定試験を受けれるのは再来年・・・ちょっと道のりが遠すぎるなあ。まあ、資格取得より、とりあえずの情報入手が目的だけれどもね。それでもせっかくやり始めたので頑張ろうとは思っていますが・・・。
0

2007/11/18  17:28 | 投稿者: 益子

 有名なシェフの店らしい「アルボルト静岡」にいってきました。片岡護を検索するとたくさんのお料理の本を出していることがわかりました。ご本人もたまには静岡の店にくるようで、その日は15000円の特別なディナーがあるようです。
 で・・・3500円のランチ。よかったですよ。前菜2種、パスタ、メインディッシュ、パン、デザート、コーヒー。美味しかったです。お腹もいっぱいになりました。イタリア料理のコースはフランス料理と違ってパスタがあるのでかなりお腹に溜まりますよね。にんにくは控えめに使っていて味はあっさり系。ティラミスはとろけるようでした。エスプレッソはちょっと酸味が強かったのが残念。苦い方がいいでしょう。これで5000円、7000円となって皿数が増えてくると、ちょっと食べすぎ感があるかも。それでも、もう一品ぐらいはいけるから、次回は5000円のランチにしましょうかね。また行きたい感じはしているので合格でしょう。びっくりしたのは、家族の都合で11時半からの早めのランチを予約していったら、もうすでに7割がたフロアに客がはいり、みなさん、ランチが始まっていたこと。そして、周りのテーブルに運ばれてくるお皿の様子をなんとはなく伺っていると、5000円以上らしいテーブルが多い様子。けっこうみなさん、リッチな昼食を楽しんでいるのですね。同じホテルの1Fのビュッフェも次々と人が入っていきましたからねえ。
 買い物の方もまずまずです。マルイでかわいいワンピースを見つけました。親戚の中で一番ちびさんの高校生のいとこっていう役回りですから可愛げでおとないしい感じを探そうと思っていましたが、割とさっとイメージのものが見つかりよかったです。
 木枯らしというのでしょうか。冷たい強い風がふいています。遅れていた冬が駆け足でやってくる・・・3、4日前に天気予報のお姉さんがいっていました。
 インフルエンザも流行しだしているそうな。体調にきをつけましょう。
0

2007/11/17  22:32 | 投稿者: 益子

 遊びたいと言っていた週末がやってきた。結局、遠出はしないことになって、ホテルでランチをしてその後、買い物という計画だが、家族の都合で明日の日曜日となった。
 今日は、午前中はたっぷりハープを練習した。今、少しのめっている。こういうときに一気に練習を積んでを技術を高め、さらに音楽性のコツ?みたいなものを体得しておきたい。
 午後は一人で出かけた。留袖を着るとなるとバッグ、ぞうり等も手持ちのものでは合わないので、デパートをみることにした。この前から街に出る機会に数軒のぞいて、だいたいの相場は把握しておいたので、懐具合と相談して購入した。高いものは相当高いがそんな高級品は必要ない・・・しかし、自分もそこそこの年齢だと思うとそう安っぽいものでもなあ・・・と見栄を張る気持ちもあるので、最低ではない線で手を打った。
 ぶらぶらウインドウショッピングをして本日は終了。
実家によってご機嫌伺いもしたし、少し仕事もしたし、まあまあの一日。
0

2007/11/14  20:37 | 投稿者: 益子

 先週、木曜日にハープのレッスンにいってご機嫌で帰ってきたことを書いた。その後、金曜日は映画で夜おそくなったので練習はできなかったが、土、日、月、火、水と毎日、練習している。珍しく一週間後の明日、また、レッスン。明日はカセットテープレコーダーを持っていって練習の様子を録音してくる予定。先生のアドバイスとか、私が弾きやすいようにメロディーに抑揚をつけて歌っている声を録音して、復習につかうため。その場ではわかったような気がしても、家に帰ってくると忘れてしまっているからね。
 さて、今週は上司も帰ってきて肩の荷を降ろしたって感じです。彼女が無理しないように、働き過ぎないように、監視役をしながら私がやってもいいところはやるようにしています。でも、彼女だって「自分でなきゃっ」ていうプライドとか責任感とかいろいろあるだろうから、やりすぎてはいけません。そういう気配り役ってけっこう得意ですよ。
0

2007/11/11  21:25 | 投稿者: 益子

 午前中はかなりの時間をかけてネットでホテル検索をしていた。東京へ行って、浮世絵の好きな娘と太田記念美術館をみて少しショッピングでもして、JR中央本線で甲府の方へ行って泊まって身延線で帰ってくる・・・何てどうかしら、温泉+美術館+紅葉。なかなかいいじゃん!しかし、土曜日というと空室はあまり見つからない。そこでためしに東京の中で温泉で検索してみると、なんとあるではないか。蒲田の駅前に黒湯温泉あり。黒いお湯らしい。口コミ情報によるとなかなかいい湯とのこと。
 そこまで調べて・・・でも・・・なんとなく・・・と予約する踏ん切りがつかない。
 そして午後になり、娘と話していると、修学旅行が近くて買い物したいものがあることやいとこの結婚式(姪の結婚式があるので留袖を・・・という記事を書いたが、娘もその結婚式に出席する)で着る服をそろそろ選ばなくては・・・という話になってきた。
 で、それなら買い物をして美味しいものでも食べようということになった。ホテルアソシア静岡にできた、「アルポルト」というイタリア料理店に行ってみたいと思っていたことを思い出したのでそこに決める。夫も行くとのこと。ホームページには「日本のイタリア料理の先駆者である片岡護(かたおかまもる)シェフの名店」とある。片岡さんについては何の知識もないけれど、静岡程度のホテルでランチコースの最低料金が3500円とはなかなかのお値段だ。ディナーになると8000円から。
 てなわけで、来週の計画はこじんまりとしてきた。それでも、なんとなく楽しみだ。ささやかな楽しみを餌にまた、明日から一週間仕事に励もう。
0

2007/11/10  22:10 | 投稿者: 益子

 気温が下がりました。11月ですものね。当たり前ですけれどね。
 今日は、友達とお茶しておしゃべりして、それから娘の学校の図書館ボランティアの会合に行ってきました。図書館を自習室に開放するためのボランティアです。
 明日もお天気がぱっとしないようですね。
 あー来週、どうしようかなあ!なにかして遊びたいなあ!もみじ、温泉、美術館、ショッピング、どうしようかなあ?
 
0

2007/11/9  23:57 | 投稿者: 益子

 いってきました。よかったですよ。すすり泣きがけっこうあちこちから聞こえていました。とりあえず、もう12時になりますから寝ますね。
 5週間の代行業務もおわりましたよ。やれやれ無事終わってよかった。
0

2007/11/8  21:38 | 投稿者: 益子

 10月30日、私がサボりたくなって11月4日にしてもらったハープのレッスン。それが今度は先生が都合が悪くなって今日に伸びていた。今日は、校外学習もあり、疲れていたし8時からということでなんだか眠くなりかけていたけれど、頑張っていってきた。
 先生のノリと私のノリがあったのか・・・特別に上手く弾けたわけではないけれどなんだか楽しくレッスンしてきた。曲想をつける、歌うように弾く、というあたりの音楽の醍醐味みたいなところを習ってきたってかんじ。そのあたりは説明されたからって体得できるものではないけれど、今日の先生の教え方は体にしみてきた感じがした。そういう時って音楽しているって感じで楽しいものだ。
 そんな訳でご機嫌で、その曲を声を出して歌いながら、夜の道を自転車で帰ってきた。塾がえりの高校生かなあ、けっこうすれ違うので、仕方がなくフンフンと鼻歌にして・・・
 教員って習い事をしたほうがいいと思う。自分が人に教えてもらうという経験はとても大切だと思う。 
 ところで先生の話だとプロのオーケストラって凄いよね。本番1時間前のリハーサルで歌のソリストから「全曲、半音下げてやって」なんて注文がだされ、オケはそれに応じるそうな。楽譜は同じで、それを半音読み替えて弾くなんて!!!凄い!本番前に化粧直しもひと休憩もなしにみんな練習していたそうだけれどね。さらに本番一日前に曲を変更したりもするそうな。前回、先生の都合がわるくなったのはそのため。急に曲がかわったから練習で忙しいという理由。それにしてもプロは厳しいね。それだからプロなんだけれどね。
0

2007/11/6  19:45 | 投稿者: 益子

 来週から上司が戻ってくるので、もうひと踏ん張りです。まあ、彼女の体調について気を配り、仕事をさせすぎないようにする必要もあるけれど、それでも基本的には私の元の仕事に戻れます。やれやれというところです。今週は踏ん張っていきたいところですが・・・ちょっとパワーが出てこない感じがしています。それでもパワー全開というよりは淡々と、ぼそぼそと仕事するほうがいい場合もありますのでそんな感じでのりきりましょう。
 民主党がどたばたしていますね。ニュースから目がはなせませんね。
 とっても遊びたい気分になっています。リフレッシュしなきゃ、やってられないよって感じ。17、18日の土日は特に予定がないので、東京にでもいくかって娘といっています。温泉もいいけどなあ。今週末の金曜日は「ALWAYS続・三丁目の夕日」を夜、見に行こうかなんていう話もあります。金曜日は女性の日で安いしね。ただし、17:45に間に合わないと、次は20:30なので終わると11時です。週末だしそれもいいかな。その次の3連休は真ん中がボランティア養成講座だし、前後はLD学会や特別支援教育士養成セミナーがあるので横浜に行こうと思っています。なんだかんだと今年も残りわずかになってきましたね。時の流れはホント速い!
0

2007/11/4  20:57 | 投稿者: 益子

 高校生の弦楽合奏やオーケストラの演奏を聴いてきた。高等学校文化連盟の文化祭。かなりハイレベルな学校もあり楽しめた。娘の学校もまあまあ。私達のころには弦楽器を演奏するというのはかなり限られた人たちだったような気がする。とても庶民の手にできる楽器ではないようなイメージがあった。今はそれほど特別なことではないのだろう。高校生になってマンドリン、ギター、それとも吹奏楽・・・ウ〜ん、練習が厳しすぎないようなところがいいかなあ・・・なんて感じで弦楽を選んだ娘同様、手軽に弦楽器に親しむ学生がたくさんいることは豊かな時代の象徴だろう。
 ところで、我が家にはけっこうたくさんの楽器がある。私と姉のために両親が買ってくれたピアノ(貧乏な我が家にとっては大変なことだったと思う)、私が学生時代に吹奏楽部に所属し、小さいころからためてあったお年玉の貯金をなげうって購入したクラリネット、こどもたちが学校でつかったリコーダー、鍵盤ハーモニカ、さらに、夫が急にリコーダーをやりたがって購入した外国製の木のソプラノリコーダー、夫が長唄を習い、ついには三味線もやりだしたのでどなたかが譲ってくれた三味線、そして私がエイ!とばかりに購入したグランドハープ、娘のビオラ、次男がお小遣いで購入してすぐに弾かなくなったギター。こんなところかな。音楽一家と言えば聞こえがいいが、あんまり才能のある人はいないみたいだし、埃をかぶって存在を忘れられているものもある。でもさ!ビオラとハープって凄いよね。皇室並みでしょ。確か皇后はハープを、皇太子はビオラを弾かれる。
 どれもとても一流にはなれなくて、時々自分の才能のなさにがっかりするけれど、そんなことはいいのですよ。楽器を触っていると何か癒されるものがあるのですから。
 そうそう、今日の演奏会で静大附属の特別支援学校高等部の器楽部のみなさんもトーンチャイムや打楽器、キーボードで大健闘。素晴らしかったです!
0




AutoPage最新お知らせ