2007/6/13  21:56 | 投稿者: 益子

 瀬戸内寂聴の秘花を読んだ。能の世阿弥を題材にした小説だ。最近、発売されたばかり。寂聴さんは85歳になったかなあ?まだまだ元気だ。これだけの小説を書くにはかなりの集中力やエネルギーを必要とするだろう。時代物ということもあって、いつもにもまして難しい語句や文章が並んでいた。ストーリーはさらっと難しくはなく読めるが、意味や読み方の分からない言葉もたくさんあったので、もう一度、辞書片手に読めば、少しは賢くなるかなと思う。
 夫は歌舞伎、文楽と凝って、最近はもっぱら能である。「面白い」という。何度か付き合ってみたが、私はひたすら眠りの世界に入ってしまう。
 しかし、世阿弥の生き方を知り、少しは興味が沸いた。久しぶりに今年の冬は京都で能を見てみようかなと思った。
 さて、夏休みの過ごし方を考え出している。今年は少しお金をつぎ込んで、勉強しようかと思っている。日本LD学会に入会した。会員が受けることの出来るセミナー(特別支援教育士養成セミナー)3泊4日(東京)と2泊3日(大阪)に申し込もうかと思っている。大阪は前泊しないと間に合わないので結局3泊4日だ。ちょっとお金がかかりすぎる感じもするが・・・頑張ってみようかと・・・
0




AutoPage最新お知らせ