2007/2/25  20:38 | 投稿者: 益子

 京都や金沢の話で出てくるマイ宿について紹介しよう。東急からコマーシャル料をもらおうかしら。というわけでこれは東急でやっています。ビッグウィ−クといいます。興味のあるかたはhttp://www.bigweek.co.jp/をみてください。一年のうちである時期の一週間、いつも優先的に泊まれる権利を買うって感じかな。10年権とか20年権とかがあります。京都、箱根、金沢、軽井沢、蓼科、伊豆高原、今井浜、那須にある。我が家は京都で12月の第4週あたりの1週間を20年買ってある。すでに8年経ったかな。12月はかなりお安かった。年会費もあるがそれでも、京都好きだし冬休みは休み易いから毎年長期滞在するのもいいねということで購入。会員になると他の施設もデイプランといって空室があれば一泊いくらということで泊まれる。ちなみに先日の金沢は2泊で18000円と安い。1人ではビジネスホテルの方が安くなるかもしれないが、2人以上ならかなりお得。6人まで泊まれる。2泊目からは1泊目より安くなるので連泊に便利。
 京都が一番最初にできたのでやや狭い。箱根は露天風呂の温泉もあり結構広いが金沢はさらに広く、また金沢エクセルホテル東急の最上階にありスイートルーム風でゴージャス感がある。
滞在型の旅行がお好きな方は定年後、老後の楽しみにいかがですか。

金沢のダイニングルーム
クリックすると元のサイズで表示します

ベッドルーム
クリックすると元のサイズで表示します

リビングルーム
クリックすると元のサイズで表示します

写真を撮っている側に和室があり布団が3組。ソファーは少し操作するとベッドになる。
0

2007/2/24  7:45 | 投稿者: 益子

 なかなか読書できない。気持ちの面でも「読みたあい」という意欲がなくなっている。仕事も忙しいし、両親のこともあるしで落ち着かないからだろうか。それでも久しぶりに1冊読み終えた。読み始めたのは昨年の11月ぐらいだったかな。途中でほったらかして他のものを読んだりたまに思い出して数ページ読み進めたりでぼちぼちと読んできた。河合隼雄、立花隆、谷川俊太郎の3氏が小樽の「絵本・児童文学研究センター」の文化セミナーで対談したものの記録。河合隼雄氏のあとがきに2006年8月8日とあり最近発行された本である。ところで河合隼雄氏だが・・・あとがきを書いた数日後8月17日に脳梗塞で倒れ緊急入院し重態との報道があった。その後、病状に関する報道がないが、ネットで調べるとどうも今も意識が回復していないらしい。河合さんの本はいろいろ読んだ。この本もなかなか面白い内容だった。立花氏はすごい読書量のようだが、大学での講義中の学生との討論を同時にインターネット状で公開しその場で広く世界から意見をもとめながらすすめていくようなことも考えているとか。この3氏の中では一番ネット社会に積極的にかかわっている。他の2氏はかなりアナログな感じ。3氏のそれぞれの立場で言葉について、本について、音楽について、インターネットについてなど「聴く」と「読む」に関する考え方にふれることができた。河合さんがクライアントから話を聴く聴き方は神業に近いなあという感じがした。結局、アナログでもデジタルでも人間にできることっていうのは、その人の人格、人間性、器、みたいなもので決まるのだろうなあ。
0

2007/2/20  23:21 | 投稿者: 益子

 石川県立歴史博物館を紹介しておこう。旧陸軍兵器庫を利用している。小学生なんかが興味を持って見れるような感じで、実物大模型の江戸のころの家屋や製糸工場で女工さんが繭から糸をつむいでいるところなどが展示されていたり、参勤交代の行列のお人形もあったし、視覚的というより立体的っていうほうがいいかな。なかなか面白かった。それにしても登呂遺跡の博物館だってちゃちだし、他になんていう歴史的文化施設もないぞ、静岡は。暮れに大阪の歴史博物館や広島の歴史博物館に行ったがどこもかなりレベルが高い。静岡だって家康もいたし、その前には今川氏だっていたし・・・もう少ししっかりまとめたものがなくていいのかなあ。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/2/19  9:35 | 投稿者: 益子

 旅行から帰ってきて明けて月曜日。もう一日休暇をもらってある。ライフプラン休暇は3日間だが2日もらう予定。別に周りに気を遣ったわけではない。休むと仕事がたまって結局自分の首を締めるからだ。
 今朝はまるで北陸の陽気だ。どんより曇って寒い。旅行中の金沢よりよっぽど寒い。余韻に浸ってぼんやりしている。午後は実家にいって退院した母を見舞ったり、実家の夕食の準備をしたりしてこよう。
 次の楽しみを作っておかないと元気に仕事ができない。なににしようかなあ。
 とりあえず金沢の紹介を。旅行している時にあまり写真は撮らないほうだが、1日目、2日目のブログの写真は携帯のものだから、今度はデジカメの方で撮ったものを紹介しよう。

 兼六園の有名な徽軫(ことじ)灯篭

クリックすると元のサイズで表示します
 
雪吊り:雪の重みから枝を守るためのもので兼六園だけでなく市内の主だった施設のいたるところの木々にほどこされていた。普通のお宅にも見事な松があって雪吊りしてあるところもある。松って枝ぶりを整えるのだって素人じゃ難しいでしょ。金沢の庭師は大忙しだね。それにしても今年はこの雪吊り、活躍しないで済んでしまうのかな。

クリックすると元のサイズで表示します

 金沢駅の音声ガイドは珍しいと思った。「ここにトイレがあります。右側が女性で・・・」とトイレの近くでひっきりなしに流れていた。街を歩くといろいろな絵表示があって分かりやすいようだが、歳をとってくるとこの絵表示を探すのも大変だし、→の意味がよく分からなかったりするものだ。音声ガイドは目の不自由な方のみならず多くの人に便利だろう。
 今日はこのぐらいにしておこう。
0

2007/2/18  19:32 | 投稿者: masuko

帰りの新幹線の中。今朝、少し雨が降っていたがすぐにあがった。結局、3日間とも雨にはそう降られずにすんだ。最終日の午前は通称「忍者寺」で知られる妙立寺。忍者とは何も関係なく、前田家のお殿様を敵から守るため、あるいは出城としてのいろいろな仕掛けらしい。面白かった。昼からはちょうどこの日にやっていることを夫が調べて知った芸姑さんのショー(?)を石川県立音楽堂邦楽ホールに見に行った。金沢の芸姑さんに東京の新橋と京都の祇園の芸姑さんも加わって華やか!綺麗だった。
楽しく3日間が過ぎた。金沢はいい街だ。また是非行きたい。
0

2007/2/17  22:32 | 投稿者: masuko

今日は兼六園、成巽閣その周辺の美術館や歴史博物館などを見て歩いた。なかなかの資料の収集量で展示の仕方も面白く、建物は旧陸軍倉庫や旧制第四高等学校の校舎だったりで趣があり見応えがあった。文化、歴史に対する気持ちにレベルの高さを感じた。静岡はそういった文化施設が乏しく情けない。
午後には昔の教え子にあった。彼女は金沢の小学生だったが静岡の病院に入院して訪問教育を受けていた。その担任が私。もう二十歳。病気もよくなって短大を卒業間近。遠く静岡まできて治療の効果があって本当によかった。久しぶりに会えてうれしかった。
夕方から石川県立音楽堂で雅楽を聞いた。夕食はお麩で有名な不室屋が経営しているフランス料理レストランに行ってみた。生麩の料理が一回でたがあとは普通のフランス料理。かなりハイレベル!大満足!夕方から雨だが今日も特に寒くない。充実した1日だった。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/2/16  21:18 | 投稿者: masuko

例の5の倍数の年齢の時にとれるライフプラン休暇というやつで休暇をとり金沢に来ています。雪の金沢なんかもいいなぁなんて思っていましたが、金沢もこの冬は暖かいようで、昼間、陽が差している間はとても暖かでした。さすがに夕方から冷えてきました。今日は近江町市場やひがし茶屋街辺りを歩きました。ホテル近くで加賀料理を夕食にいただき、長町武家屋敷辺りも散策。どこもなかなか情緒がありますね。細い路地を歩いて見る街です。ホテルは京都のマイ宿と同じ系列の滞在型ホテル。と言っても普通のホテルの最上階を改築したものなので京都より雰囲気はゴージャス。部屋も広くて眺めもよく満足。明日は兼六園やその周りの文化施設に行きましょう!


クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/2/13  22:23 | 投稿者: 益子

 ハープのレッスンに行ってきた。Mistyがいい感じになってきた。やっと曲として流れるようになてきたのだ。自分でも弾いていて「う〜ん!ちょっと気持ちいい!」とい時もある。それなのにペダルを間違えたり指が上手く弦にはまらなかったりでズッコケてしまうのだけれどね。先生も「今までで一番よかったね」「もう一息」「そこ!すごくうまくなった」などなどうれしくなる言葉をいっぱい言ってくれた。週明け、ちょっといい気分で始まってよかったね。
 さて、金曜日から休ませてもらうのでそれなりに仕事の段取りがあって忙しい。ガンバレ!
0

2007/2/12  10:24 | 投稿者: 益子

 親孝行も少し疲れた。前回の投稿の予定通り、昨日、一昨日は午前をハープの練習などをし、昼食から実家の父や姉の家族の分を用意し、午後は病院に行って母と少しの時間をすごし、その後、また実家に戻り夕食作りというような生活をした。おまけに昨日の午前は珍しく家の掃除などしっかりやって、やけに張り切っているかんじだった。
 一昨日はおでんをたくさん煮た。大根、ジャガイモ、ゆで卵、こんにゃく・・・などなど5.6人が楽しめるような分量で準備するのは結構な手間だ。だしを昆布とかつおの厚削りでしっかりとって鶏肉を少しいれ薄口のさっぱりした味に仕上げた。さっこん売り出し中の静岡(しぞーか)おでんを私は作らない。汁に透明感のある、さっぱりしたおでんが好きだ。
 昨日はサラダに力を入れた。大根、水菜、赤ピーマン、菜の花、鶏肉のあぶり焼き、海草。そこにカリカリのちりめんじゃこをパラパラと思ったがカリカリのじゃこって売っているのかしらなんて思いながら「あじわいじゃこごはん」というふりかけをかければいいじゃんということにした。あとはそれぞれお好きなドレッシングで。これがなかなか好評。東京から帰ってきた姪、私の夫や娘も集まってにぎやかな夕食。メインディッシュは大阪の叔母(母の妹)が母のいない留守家族にクール宅急便で送ってくれた手作りの肉の味噌漬け。かなり上等な牛肉で大満足。その他、豆腐、なめこ、三つ葉の味噌汁とレンコンの金平。前の日のおでんの残り。テーブルに所狭しと料理が並んだ。母の病気のお陰(?)でちょっとした家族団らん。
 てなわけで珍しくしっかり料理をした。慣れない台所で器具やらなにやら探しながらで、分量もいつもと違うので頭と体を使った感じがする。
 少々疲れたなあと思っていたところ、姉が東京から帰ってきた姪もいるのでご飯のことはしてくれなくてもいいよ、連休の最後の日はゆっくりしたらと有難いお言葉。仕事のある日は父のこともお任せだし、次の週末は旅行に行かせてもらうという負い目もありこの連休は私が・・と張り切ったが、さすがに持っていったパソコンを開く暇もなく、仕事も思うように進んでいないので姉の言葉に甘えることにした。
 母もあと一週間程度で退院するし、そこそこ普通の生活ができるというから良かったが、これで介護的な生活が続くとなるとヘルパーさんに手伝ってもらったとしてもやはりかなり大変だなあと思う。このブログにも「介護」というカテゴリーが増えるかな?
0

2007/2/10  8:05 | 投稿者: 益子

 三連休だ。昨日は最高気温が16度。今日はさらに2度ほど上がり3月下旬から4月の陽気だそうだ。からだから芽が出るような感じ。
 三連休の予定。
・授業や部活のある娘に合わせて普段に近い時間で起床。
・午前中はかなりさぼってしまったハープを練習したい。
・買い物をして実家へ。昼食と夕食の支度は私が担当すると言ってある。
・午後は母の病院に顔をだしたい。今日は入浴かシャワーか手伝ってやりたい。
・パソコンを実家に持参し、時間のあるときは仕事もしたい。今から年度末はけっこう次々と追いまくられるように忙しい。ある程度余裕をもって乗り越えられるようにしておきたい。
・旅行に備えてショルダーバッグを買いたいなあ。
まあそんなこんなで家庭的な連休を過ごす予定です。
0

2007/2/7  20:54 | 投稿者: 益子

 母が心臓カテーテル検査をした。それにより下った診断を医者から聞くために、夕方、一時間ほど休みをもらって病院に行った。「拡張型心筋症」という診断名で心臓が大きくなってポンプ機能が悪くなっているとのこと。酸素ボンベを背負っていなくてはならないとか、生活規制が多いとかいうこともなく、薬を飲み続けて塩分の取りすぎに気をつければよく、そこそこ普通の生活をすることができるそうだ。その薬の投与量が落ち着くだろうと思われる来週末には退院できそうだ。手っ取り早くいえば老化だね。80年も休まずに動いていれば心臓も疲れるのでしょう。カテーテル検査により撮った心臓の血管のビデオ映像をみた。なるほどって感じ。医学はすごいね。
 父の認知症のことは以前に書いた。ともかく父のことも母のことも一応、介護保険の申請をした方がいいだろう。サービスをうけられるかどうか分からないが・・・?
 これから数年はこういうこととお付き合いしていくしかない。こっちが先にくたばっちゃわないようにしなくてはね。
 とりあえず、そう心配することもなさそうなので、来週末からライフプランをもらって金沢に遊びにいく計画は続行。ただし姉と一緒に行くはずだったが、姉には残ってもらい夫といくことになった。姉は十数年前に夫をなくしてから目立った旅行などすることもなく、働いて3人の子供を育ててきた人。たまには楽しんでもらいたいと思ったが・・・少し様子をみて次の機会を狙おう。
 
0

2007/2/5  8:09 | 投稿者: 益子

 投稿しない何日かの間にいろいろなことがあった。金曜日の夕方、母が心不全で入院してしまった。とりあえず急性状態は脱して落ち着いているが、一時はかなりやばかったらしい。80歳だしなあ。母がこういうことになると、軽い認知症が疑われる父の世話もありちょっときびしい状態になる。実家で同居していてくれる姉や姪たちと協力していくしかない。みんな働いているからねえ。父がしっかりしてくれるとうれしい。
 土曜日は学習発表会のような学校行事。無事終わる。本番の日の生徒たちのあらわれはなかなか新鮮。午後から休暇をもらい、病院やら父の食事を作るやら。
 日曜日は前々から職場の若い仲間たちとディズニーシーに行く約束になっていたので両親のことは姉に頼んで一日遊んだ。自慢じゃないがこどもが小さな時にディズニーランドに1回行ったことがあるだけで、だれかに連れて行ってもらわなければとっても自分で行こうとは思わない。今回は若い仲間がすっかりセットしてくれて次々とあっちへ行きましょう、今度はこっちですとお世話してくれ、一日たっぷり楽しく遊ぶことができた。感謝、感謝。海辺でとっても風が強く寒かったが、比較的すいていたらしくすごーーく並んで待つということもなくいくつかのアトラクション、ショー、買い物を楽しむことができた。360度のループコースターとかストンとタワーから落ちるやつとかこわーーーイのはやめてもらった。「センター・オブ・ジ・アース」というちょっと急下降のあるアトラクションに乗ったが、降りた後、心臓ドキドキと体ふわっと感と膝下ガクガク感がしばらくあった。でも楽しかったな。
 さて、今日は振り替え休業日。両親のために時間を使おうと思う。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ