2006/10/7  21:54 | 投稿者: 益子

 名古屋に行ってきた。名古屋は私にとっては京都にいく時の通過点という感じで、降り立ったのは10数年ぶりだろうか。さすが中日本の中心都市。駅には高層ビルもできちょっと感じが変わった。すごい人・人・人。名古屋というと「栄のテレビ塔」なんていうのはもうちょっと古すぎなのかな。しかし道路が広い。片側4車線、5車線の道路が当たり前って感じだ。路線バスのバス停は路面電車の電停のように道路の真ん中にある。バス専用車線は他とは路面の色を変えてあったし。
 まあそんなことより『放浪記』を見に行ったんだけれど・・・森光子さんの演技力はホントすごかった。それにとても80過ぎのおばあさんとは見えないよ。まあ森さんを見たなって言う感想です。それだけって言うのも失礼だけれど、感動というほどのものは・・・・。 4時少し前に終わってタクシーにすぐ乗って徳川美術館に。閉館が5時ということでちょっとあわただしく、もう少しゆっくり観たかった。秋季特別展の「絵で楽しむ日本むかし話ーお伽草子と絵本の世界ー」も「茶の湯の名宝」も見ごたえがあった。隣の庭園、徳川園も5時までで見ることができず残念。また行く機会があったらゆっくり見たい。国宝の源氏物語絵巻が特別公開される時にはすごい人なんだろうね。
 名古屋駅付近の地下街できしめんを食べ、高島屋で栗きんとん入りのちょっと上等なういろを買って帰ってきた。
0




AutoPage最新お知らせ