2006/3/31  20:08 | 投稿者: 益子

 平成17年度が終わる。お疲れさまでした。やれやれということで、頭を休めたり、切り替えたりするために1週間ぐらいぼんやりのんびりしたいところだが、新しい平成18年度がすぐに3日から始まってしまうね。土日がはさまっているだけいいほうかな。私が、前の学校から転勤して来た時には31日の5時過ぎまで、前の学校で仕事して、1日には今の学校に出勤していたわけだからなあ。3月の春休み中に休めばよかったのにというところだが・・・分掌の仕事が年度替りに忙しい仕事だったこともあって休みそびれちゃったよ。3日の会議の資料がなんとか今日準備できたので、この土日はゆっくりしよう!
 ところで次男が神戸から帰って来た。(3泊程度でまたすぐに戻ってしまうけれど。)大学生活を一年終え、けっこう大人っぽくなったなあと思う。「可愛い子には旅をさせろ」の言葉通りで、一人暮らしは勉強になるのだろう。
 子ども達がどんどん大きくなって自分はどんどん老いていく・・・。それでも、自分にもまだまだいろんな可能性があるはずだ。芽がでていない才能だって隠されているかもしれない。そんな自分に出会うためにも、前に進んでいくしかないね。
0

2006/3/28  22:17 | 投稿者: 益子

 ハープを習っていたことは随分まえのブログに書いた。5年ほど習った。その頃は、ずっとずっと続けるつもりだったから家にないと練習に不便なので、エイとばかりハープを買った。エイ!と思わなくては買えないお値段だ。内緒。ところが、3年前の春、訪問教育の主任だったころ、ともかく4月5月が忙しい。それで「ちょっとお休みします」なんて言ってそのまま行かなくなってしまった。
 そのハープがデーーーンと埃になってほっとかれて毎日申し訳ないような気持ちだった。
 で・・数日前にハープの先生から電話があり、双葉学園のハープ部の生徒さんが同じく双葉学園のブラスバンドの定期演奏会に出るんで、ハープを貸して欲しいとのこと。どうぞどうぞということで、日曜日に先生がとりにきた。 なんせ大きな楽器で運搬が大変。先生はとある金融会社の社長さんの妹さんでお金持ちなんだけれどハープを運ぶためにベンツのワゴンに乗っている。そのベンツに私のハープは乗って行った。初めて舞台にのる。頑張れよ。4月16日の定期演奏会を聞きに行こうっと。
 そして、あんまり練習しないでレッスンに行くことになるかもしれないけれど、毎週なんてとってもいけなくて、月に1,2回かもしれないけれどなんとかレッスンを復活させようかな。ハープが戻ってきたら・・・!?!?
続きを読む
0

2006/3/26  21:26 | 投稿者: 益子

 数日前に写経をしようとか、読みかけの本を枕元においておきたいとか・・書いた。今日やっとそれらしきことができた。3ヶ月ぶりぐらいに写経を一枚、そして本を2冊買ってきた。やっと、少し気持ちにゆとりがでてきたらしい。金曜日の夜の買い物、昨日の映画とリフレッシュが巧くいって、セロトニンが増えたかな?心のコントロールができるかどうかは大人度を測る一つの指標だと思っている。
 そうはいっても、平成18年度を迎えるまでのこの1週間、まだまだ考えたり、悩んだり、イライラしたり。もちろん、4月が始まってもおそらくしばらくはソレが続く・・・なんとか上手に乗り越えたい。
0

2006/3/25  22:25 | 投稿者: 益子

「ALWAYS 三丁目の夕日」を見てきた。んー!涙と笑いでなんともいえない暖かさが残りました。おススメです。吉岡秀隆さんの演技がすごいと思ってこの人どんな人って調べたら、寅さんの甥役で(つまり倍賞千恵子の役の妹さくらの子供)子役からずっと出ている人だった。薬師丸ひろ子も、三浦友和も小雪さんも子役の子ども達も、みんなとってもいいし、コンピューターグラフィックだか何だか知らないけれど、どうやったらあんな映像をつくれるんだろうっていう昭和33年を再現した不思議な映像がスゴイ。それにしても東京タワーができた時ってすごい景色だったんだなあ。戦争というか戦後復興が終わったっていうか、日本も世界に負けない国になるぞっていう夢や希望や野心やなんかで「貧しいけれど今にみてろ」みたいな前向きな日本の象徴だったのかな。
0

2006/3/24  21:05 | 投稿者: 益子

 春休みはホント疲れます。なんでこう学校というところは捨てるに捨てにくいものがたまっていくところなんでしょう。会議に使った文書も昔は自分で学校の裏の焼却炉で燃やしましたが、ダイオキシンなどの環境問題から公的な焼却場以外では燃やせなくなりました。そしてさらに個人情報の取り扱いが厳しくなってきましたので、シュレッダーをかけて粉々にして捨てる必要があります。または、自分で焼却場にもっていくか、学校でまとめて持っていく(有料になりますね)か・・授業のためにつくった教材などでもとっておいてまた使うともわからないけれど、捨てるにはもったいないし・・みたいなものが何年も前から倉庫にたまって・・・結局それを作った人は転勤したころ「これなに?」「もう使わないよね」なんて言って捨てていくのです。つまり、自分の仕事でないものの後始末をしたりするわけです。
 そんなこんなで一日片付けをやってきました。
 なんだかとっても疲れて・・・娘と夫は夫の実家に遊びにいったので、夕食は一人。外食をして、それからストレス解消の衝動買いをしてきました。パンツとブラウス、キャミソール、カーディガン。3万ちょっとの支出となりました。まあ、服を買うと、少し気持ちが慰められますね。こんな田舎でもちょっと気の利いた店があります。県立の総合病院の正門前のワークスはカジュアル系、Tシャツ系、スポーツ系の方にはおすすめです。
0

2006/3/21  9:31 | 投稿者: 益子

 修了式が終わり、平成17年度の生徒達との歩みが終わった。そのことを深く味わっている暇はない。春休みはかなり忙しい。要録を書く、教室の整理をする、職員室の整理をする、そして新しい年度への準備をする。その間に、離任する先生たちへの個人的な気持ちの表し方など考え、生徒たちからはどういう形にするかを考えたり、はたまた、自分に新年度与えられる仕事のことを考え、いったい誰と一緒にやるのかとそわそわし、いろいろな噂が飛び交ったりしてちょっと不愉快になったりなどなどナーバスな日々が続く。ともかく、やるっきゃないという気持ちになる。こんな時は写経でもして、気持ちを落ち着け、これまでの出会いとこれからの新しい出会いに感謝の気持ちを呼び起こしたいが・・・まずは、筆を持つ気持ちに自分をコントロールする所から始めなければならない。
 ところでタイトルは桜の開花だった。話がまったく違ってしまった。静岡では桜の花がほころびだしている。確かなデーターではないが、去年より早いように思う。これでは4月の10日の入学式まではとてももたないなあ。
 まずはともあれ、高校生活に期待を膨らませて、文房具、靴、ブラウス、カバン・・・と買い物に忙しい娘につきあってお街にいってきます!
0

2006/3/18  15:23 | 投稿者: 益子

娘の中学の卒業式は無事に終わった。
 私は親として子供を育てるにあたりこれといったポリシーはない。子ども達にはのびのびと好きなことをやって生きていって欲しいと思うだけだ。勉強しなさいと言った事はない。こだわったことは、医療や栄養面での自然育児的なことと絵本の読み聞かせを一生懸命にやったぐらいで、後は、自分の仕事を優先し、自分の遊びを優先して生きてきてしまった。スポーツ少年団などでの母親族の熱心さにはいつも圧倒され違和感を覚える。子供とクールな関係を欲する自分はちょっと変わっているのかなと思ってきた。
 子ども達は自然に自分のことは自分で考えていて、習い事も部活動も自分で選び自分で決めていた。「やりたい」といえば「やってみれば」と思うから特に意見をいう事もなく「あっそう」とそっけなかった。娘に「もう少しお世話してよ」といわれたことさえある。
 その娘の保育園の送り迎えは夫がやった。毎朝「お仕事頑張ってね!」と言って私より先に家を出て行った。夫が言わせていたのだと思うが、習慣になり、小学校時代も毎朝、言ってくれた。中学校になりさすがに毎朝は言わなくなったが、ふとした拍子に何気なく口にでるのか、それとも疲れて元気のない親を気遣ってなのか、時々「お仕事がんばってねえ」と言って学校に出かけて行った。その口ぐせをふざけて真似するのか、高校生のころの長男や次男さえ言う事もあった。 考えてみればその言葉に随分と支えられてきたように思う。感謝している。ありがとう。
 3人の子ども達はそれなりになかなかおもしろい人に成長した。社会でどんな役割をになえるかはまだ全く未知数だが、彼らの才能の可能性は親の私を越えていると思う。すごいなあと尊敬さえしてしまうことがある。それも、多分、自分とは違う一人の人として少し距離をおいて対等につきあってきたから、そんな風にみえてくるのかなあと思ったりしている。
 これは、もしかしたら子供自慢のただの親ばかと思われるかもしれないね。自分としては彼らへの感謝と、そして何のお世話もしなかった子育てに対しそれでよかったかなという自己弁護ってとこですか・・・
0

2006/3/16  22:21 | 投稿者: 益子

 3番目の末娘が明日中学を卒業する。昨日、卒業アルバムを持って帰って来た。なんとCD−ROM付きだ。アルバムに載っていない数々の写真が収められていて、次々と映像がかわっていく凝ったスライドショーになっている。娘がどのくらいでてくるのか全部見て調べるには相当の時間がかかると思う。
 彼女は生徒会活動が好きで、生徒会長をつとめていた。そのため明日は答辞を読む。親としてもちょっと緊張する。
0

2006/3/15  20:45 | 投稿者: 益子

 鎌田實の「いのちの対話」を読んだ。毎晩、布団に入ってからの読書もこのところほとんど実現しなかった。布団に入るとあっと言う間に眠りの世界だからだ。そんなわけで、読み上げるのにだいぶ時間がかかってしまった。
 この作品はNHKのラジオで「鎌田實いのちの対話」という特別番組(2003年の9月から10月に3回ほど行った)の内容をもとに対話集として再構成してあるとのこと。鎌田さんと対談しているのは、1回目が「さだまさし」「原田泰治」2回目が「小椋佳」「遠藤順子」3回目が「中村桂子」「柳田邦男」そして3回ともNHKの村上信夫アナウンサーが入っている。
 どの回も心に残る話だ。1回目の話は鎌田さんの「がんばらない」を読んである方が話が分かり易いかもしれない。「いのちのバトンタッチ」という事を考えさせられた。2話目は医療の問題かな、3話目は絵本のこととか子供を人間らしく育てるとか、いのちを愛ずるという言葉がキーワードになる話題で面白かった。
 この方達の著書を読みたくなった。忙しいとはいえ、読みかけの本を2冊ぐらいはいつも枕元においておきたいと思う。
0

2006/3/11  19:51 | 投稿者: 益子

 「OKI トンコリ ソロlive」に行ってきた。アイセル21の企画で無料だ。帰ってきてネットで見ると、OKIさんはアイヌの民族楽器トンコリの奏者としてかなり有名のようだ。外国でもコンサートをしている。
 面白いトークを交えて、5本の弦から5個の音だけでなんともいえないメロディーとリズムを奏でていた。くり返しの単調な音楽で癒し系だ。アイヌの人が日常の暮らしの中で、子供を寝かしつける時とか、病気の魔よけとかなんかそんなことに使っていた音楽らしい。会場にはちょっと渋めのメンバーが集まっていた。トンコリはアフリカから裏シルクロードを通って樺太に渡ってきたのではないかと言っていた。
 アイセル(静岡の公民館です)もなかなか面白い企画をやるね!
 帰りには美肌湯につかってきた。なんだかとってもリフレッシュした。よかった。よかった。

0

2006/3/10  22:04 | 投稿者: 益子

 年度末は忙しい。成績、要録、次年度への引継ぎ事項のまとめなどなど次から次へと仕事がある。
 それに、このネットに繋がっているパソコンをほとんど、娘にのっとられている。コレもまた、次から次へとメールが来てゆっくりブログの更新などしていられない。娘は明日の朝、早起きして出かける用事があるため今夜は早く寝た。というわけで久しぶりの更新。
 毎年の事ながら3月というのは、なんとなくウツっぽくなる。疲れて、布団に入れば、すぐに寝てしまうから、ウツとは言わないかもしれないが、かなり早く目が覚めて、けっこうあれやこれやと考え事を布団の中でしてから朝となる。そして、なんとなく仕事にやる気がでないのに、やりだすと変にこだわって、事細かにやってしまったり・・・妙に人恋しくて、気のあう職場の人とおしゃべりしたくなったり・・・自分と言う人間の価値がやけにちっぽけに思えたり・・・ウ〜ム!セロトニン・トレーニングでもやるかなあ!
 
 
 
0

2006/3/5  15:24 | 投稿者: 益子

 最近の機械はしゃべる。車でも「バックします」なんてしゃべる。でも我が家にはそういうものは今までなかった。しかし今度新しくした風呂釜(給湯暖房熱源機)はしゃべる。「暖房を開始します」「給湯温度を○度に変更します」などなど。まだ、つけたばかりで、お風呂は今夜はじめて沸かすんで、なんてしゃべるか楽しみだ。歳をとりスイッチの文字も見えにくい時があるから、いいかも。お風呂もちょうど良い水の量で自動で止まるそうだから、「しまった!あふれる!」ということはもうない。ともかく、世の中どんどん便利になるねえ。
0

2006/3/1  21:30 | 投稿者: 益子

 お風呂の釜の取替えと浴室全体の改装で、3日間ほどお風呂が使えません。そこで、今日は、安東の実家にもらい湯。ついでに夕食もお願いしてしまいました。いくつになっても母の作ってくれる料理はおいしい!ありがたいですね。
 ところで、もう3月です。1月は行く、2月は逃げる、3月は去ると言うようにいわゆる3学期というこの3ヶ月は本当にあっという間ですね。そして特に3月から4月にかけては教員にとっては人事異動があり、仕事仲間やクラスの生徒たちとの別れあり、出会いあり、さらに自分に与えられる仕事に様々な変化ありで、とってもストレスのたまる時期です。
 平成17年度が無事終了して、平成18年度も良い出会いに恵まれて、楽しく仕事ができることを祈るこのごろです。
 
0




AutoPage最新お知らせ