小説 土佐堀川―女性実業家・広岡浅子の生涯

2014/11/10  23:04 | 投稿者: masuko

 西村伊作、メルレ・ヴォーリズ、一柳満喜子とくれば、浅子ママでしょ。広岡浅子の存在が気になってきた

 友人のブログの引用。確かにその通り。私も浅子ママは気になる存在。
 読んでみましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します

 近代日本の夜明けに「おんなの時代」を先どりしたスーパーレディがいた。銀行、鉱山を事業の柱に据え、日本女子大学、大同生命の創立にもかかわった、さっそうたる女性の一代記。 

 明治時代の女実業家。すごい人です!!

 三井が彼女の実家なんだけれど、三井家もすごいねえ。それから明治の実業家っていうと渋沢栄一のことも知りたくなる。

 ひとつの本が次々といろいろな興味を呼ぶ。それが読書の楽しみのひとつだね。
 
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ