鷹姫さま お鳥見女房

2013/8/27  11:03 | 投稿者: masuko

 シリーズ第三弾です。
 珠世や珠世をとりまく人々の情の深さや細やかさ、暖かさに心が和みます。最後の次女のお嫁入りシーンには涙しちゃいました(笑)。
 江戸時代の鷹狩りやお鳥見役人などのことは解らないことも多いようで、巻末に諸田さんとその筋の研究家との対談が載っていて興味深い。それにしても小説家っていうのは題材にすることを一生懸命に調べた上で想像していろいろと書いちゃうわけで、凄い仕事だねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ