下山の思想 五木寛之

2013/4/11  19:20 | 投稿者: masuko

五木さんのファンになったらしい。書店にいくとどうも目がそちらに行く。

「私たちは山頂をきわめた。そして次なる下山の過程にさしかかった。そして突然、激しい大雪崩に襲われた。下山の過程では、しばしばおこりうることだ。
 そのなかから起きあがらなければならない。そして、歩み続けなければならない。しかし、目標はふたたび山頂をめざすことではないのではないか。
 見事に下山する。安全に、そして優雅に。
 そのめざす方向には、これまでとちがうあたらしい希望がある。」

こういう考え、文章の運びが、今、私が五木さんを読みたく理由だと思う。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ