高峰秀子が愛した男

2013/1/6  8:24 | 投稿者: ますこ

 2013年第1号の読書はちょっとミーハーだったが、とっても心温まるものだった。高峰と松山の養女、斎藤明美の著。
 本文から、
   なぜこれほど高峰は、松山を愛するのか。
   松山の何が、これほど高峰の心を捉えるのか。

   「かあちゃんは小さい時から働いて、働いて・・・・・。
    だからきっと神様が、可哀そうだと思って、
    とうちゃんみたいな人と逢わせてくれたんだね。」

   松山善三とはどんな「みたいな人」だったのか。

 斎藤が松山、高峰夫婦と一緒に過ごし、会話した中からあのときのあの言葉、あの笑顔、あの顔・・・そういうものから、高峰の愛の深さを、そうさせる松山の人柄を解き明かしていく。

 こんな素敵な夫婦がいて、そしてどういうわけか斎藤という人と出会い、たくさんの本が生まれ、読者に感動を与え、又、養女にまでなっていく。
 人の出逢いは本当に不思議だ。神様のお計らい・・・。

 それにしても、松山さんは凄い!かっこいい、優しい、そして根性があるね。


クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ