3年ぶりに「うるう秒」挿入  空&宇宙

クリックすると元のサイズで表示します


「うるう秒」18年ぶりの平日実施──7月1日午前に「8時59分60秒」挿入
 
 7月1日「うるう秒」が挿入!
 午前9時前に1秒プラスされ、
 8時59分59秒→8時59分【60秒】!!→9時00分00秒に。

 「117」のNTT時報サーヴィスでは 通常は「ピッ!ピッ!ピッ!ポーン!」ですが、 うるう秒が入るので「ピッ!ピッ!ピッ!ピッ!ポーン!」 …の筈。
 でも、最近は電話の方式によって方式が異なるとか。(光電話は「ピッ!ピッ!ピッ!ポーン!ポーン!」の模様。)

 他にも1分前から1秒を1/60秒ずつ長くして入れ込む方式や、100秒かけてズレを吸収する方式など、色々あるようです。


 なお、パソコンでも「8:59:60」を見ることが出来ます!
 「うるう秒」に関しては「60秒として入れる・入れない」など様々な分野、業界で物議を醸しています。
 もしかしたら最後の「60秒」になるかも?
 記念に目撃しませんか?

NICT(情報通信研究機構)日本標準時
 
 大型文字表示だと、カメラで撮影しやすいと思います!
 スクリーンコピーでも見やすいですよね。

大型文字表示 日本標準時
 

 画像は3年前の7月1日の「うるう秒」の時のもの。
 この日も雨だったかな?
 まぁ、梅雨時だし。


   
0
タグ: 天文 宇宙 うるう秒




AutoPage最新お知らせ