河内牧栄 写真集「オーロラ SKYSCAPE PHOTOBOOK」  オーロラ



 アラスカ・フェアバンクス在住でネイチャーガイドだけでなく素晴らしい写真を撮影されている河内牧栄さんが、待望のオーロラ写真集を上梓されます。

オーロラ (SKYSCAPE PHOTOBOOK)
 河内 牧栄
 2015年2月2日(月)発売
 誠文堂新光社
 1000円(税別)
魅力あふれるオーロラを、オーロラ出現のメッカともいわれるアラスカ・フェアバンクスに住む写真家・河内牧栄氏が、オーロラの色や形状、そしてシチュエーションにこだわって撮影した作品をまとめました。
オーロラと月や星々、オーロラとアラスカの大自然が織り成す大絶景を楽しむことができます。

持ち歩きしやすい手軽なサイズの写真集で、リラクゼーション・フォトブックとして、あるいは、大切な人へのギフトブックとしても最適な一冊です。

 フジフイルムの一眼デジカメS5Pro…今となってはいささか古くなりましたが、良いカメラだと思います!
 (かつて?)牧栄さん愛用のカメラで赤いオーロラもピンクのオーロラも美しく映し出していましたが、カメラ屋さんの店頭などに「S5Proの作例」としてオーロラのパネルが掲示されていて、これが牧栄さん撮影の物でした。
 牧栄さんは北極圏野生生物保護区、ダルトンハイウェイ(BLM)、チナレイクレクレーションサイトの公認プロガイドで、日本人で唯一の資格をお持ちの物もありますが、下でご紹介している公式サイトをご覧頂くとお分かりの通り、ガイドだけでなく、その写真の腕前も素晴らしいのです!
 是非とも、アラスカの野生生物や風景の写真集も是非出して頂きたい!!
 編集部にプッシュしておこう!!!…と思ったけれど、この写真集を出しているのは「天文ガイド」の誠文堂新光社…ネイチャー写真はダメでしょうか?
 ダメ元で要望を出しておきます。

ネイチャーイメージ:河内牧栄さん&河内真樹子さんの会社公式サイト


<追記>
 2月4日、本書が届きました!

 拝見して思うのは、やはり牧栄さんは詩人だなぁ!ということ。
 写真展の際のギャラリートーク、スライドショー、講演会など何度か拝聴したことがありますし、書かれる文章(牧栄さんのサイトにも掲載されていましたが…今は少ないかな?でも、新聞や雑誌への寄稿も多数!)を拝読してもそうなのですが、根底にはスナフキンのような雰囲気を感じます。

 本作は写真集なので、文章は3ページほどの「オーロラの色と形」に関する解説しかありません。(あとがきもないんですねぇ…。)
 けれども、1つ1つの作品のタイトルを拝見しているだけで、作品の奥に流れる主題など、詩的で色々想起されて楽しいのです。

 お値段もリーズナブルで、サイズはちょっと小さ目ですが、気軽に手に取ったり持ち歩きにも便利で、いつでも拝見出来て良いと思います。
 プレゼントにもお勧め!

 誠文堂新光社の「SKYSCAPE PHOTOBOOK」は3冊目の出版なのですが、どれもお勧めです!


誠文堂新光社「SKYSCAPE PHOTOBOOK」

  

牧栄さんの写真や著作、牧栄さんが登場する書籍ほか

  

   

最近のアラスカ関係

 
0




AutoPage最新お知らせ