河内牧栄 写真集「オーロラ SKYSCAPE PHOTOBOOK」  オーロラ



 アラスカ・フェアバンクス在住でネイチャーガイドだけでなく素晴らしい写真を撮影されている河内牧栄さんが、待望のオーロラ写真集を上梓されます。

オーロラ (SKYSCAPE PHOTOBOOK)
 河内 牧栄
 2015年2月2日(月)発売
 誠文堂新光社
 1000円(税別)
魅力あふれるオーロラを、オーロラ出現のメッカともいわれるアラスカ・フェアバンクスに住む写真家・河内牧栄氏が、オーロラの色や形状、そしてシチュエーションにこだわって撮影した作品をまとめました。
オーロラと月や星々、オーロラとアラスカの大自然が織り成す大絶景を楽しむことができます。

持ち歩きしやすい手軽なサイズの写真集で、リラクゼーション・フォトブックとして、あるいは、大切な人へのギフトブックとしても最適な一冊です。

 フジフイルムの一眼デジカメS5Pro…今となってはいささか古くなりましたが、良いカメラだと思います!
 (かつて?)牧栄さん愛用のカメラで赤いオーロラもピンクのオーロラも美しく映し出していましたが、カメラ屋さんの店頭などに「S5Proの作例」としてオーロラのパネルが掲示されていて、これが牧栄さん撮影の物でした。
 牧栄さんは北極圏野生生物保護区、ダルトンハイウェイ(BLM)、チナレイクレクレーションサイトの公認プロガイドで、日本人で唯一の資格をお持ちの物もありますが、下でご紹介している公式サイトをご覧頂くとお分かりの通り、ガイドだけでなく、その写真の腕前も素晴らしいのです!
 是非とも、アラスカの野生生物や風景の写真集も是非出して頂きたい!!
 編集部にプッシュしておこう!!!…と思ったけれど、この写真集を出しているのは「天文ガイド」の誠文堂新光社…ネイチャー写真はダメでしょうか?
 ダメ元で要望を出しておきます。

ネイチャーイメージ:河内牧栄さん&河内真樹子さんの会社公式サイト


<追記>
 2月4日、本書が届きました!

 拝見して思うのは、やはり牧栄さんは詩人だなぁ!ということ。
 写真展の際のギャラリートーク、スライドショー、講演会など何度か拝聴したことがありますし、書かれる文章(牧栄さんのサイトにも掲載されていましたが…今は少ないかな?でも、新聞や雑誌への寄稿も多数!)を拝読してもそうなのですが、根底にはスナフキンのような雰囲気を感じます。

 本作は写真集なので、文章は3ページほどの「オーロラの色と形」に関する解説しかありません。(あとがきもないんですねぇ…。)
 けれども、1つ1つの作品のタイトルを拝見しているだけで、作品の奥に流れる主題など、詩的で色々想起されて楽しいのです。

 お値段もリーズナブルで、サイズはちょっと小さ目ですが、気軽に手に取ったり持ち歩きにも便利で、いつでも拝見出来て良いと思います。
 プレゼントにもお勧め!

 誠文堂新光社の「SKYSCAPE PHOTOBOOK」は3冊目の出版なのですが、どれもお勧めです!


誠文堂新光社「SKYSCAPE PHOTOBOOK」

  

牧栄さんの写真や著作、牧栄さんが登場する書籍ほか

  

   

最近のアラスカ関係

 
0

−40F=−40℃  アラスカ

 アラスカ州フェアバンクス。
 これまで暖冬傾向で、雪も少なくて冬のアクティヴィティ的には困ったことも多かったのですが、シベリアからの寒気団が到達して、一昨日にはドカ雪が降って、ようやく平年並みの気温に戻った…いや、到来したようです。
 そして、いきなりの−40℃!

 1月25/26日のフェアバンクス、有名な場所(UAF=アラスカ州立大学フェアバンクス校)の電光温度計、とうとう−40℃に!
 この温度は華氏=摂氏が一致します。

 ちなみに、この温度計が設置されているのは市内の低めの場所で、温度が若干低く出やすいです。
 この時期、盆地のフェアバンクスでは、標高の高い山の上の方が気温が高いのです。

 …で、若気の至りと申しましょうか、こんな若者たちも現れる訳です。
 閲覧注意?!(^^ゞ







 −40℃…吐く息が、鼻毛・睫毛・髪の毛、そして髭にも付いて瞬時に凍る温度!
 睫毛につららが出来たりしますし、鼻の穴の中に氷の粒が出来て、息をするとイヤな感じになったり…。
 もう「寒い」じゃなくて「痛い」です!!


 ちなみに沸騰したお湯をカップに入れてエイッ!と空に向けてお湯を放出すると、あっという間に真っ白な霧になって、消えてしまいます。
 濡れません。




 シャボン玉も見る間に凍って行きます。

 凍っていくシャボン玉
 ソニー欧州のCM とても美しい映像





 寒いと寒いなりに色々と楽しみはあるのですが、やはりずっと外に居るのは辛いです。
 長時間外に居ると血行も悪くなるから、美容上も良くないみたい。
 凍傷にならなくても、頬にそばかすやしみが出来ることがあるとかないとか…。(涙)

 オーロラは寒くないと見られない訳ではないから、寒いのがイヤならば秋のオーロラをお勧めします!
 でも、やはり寒い地は寒い季節に訪れるのもオツですけれどね。(^_-)


   

   

    
0

安藤宏 星景写真展「After The Sunset 彼方へ」  写真展・講演会・イヴェント

クリックすると元のサイズで表示します

画像掲載のご許可を頂いています。


安藤 宏 星景写真展「〜After The Sunset〜 彼方へ」
 2015年1月24日(土)〜4月26日(日)
 9:00〜17:15
 倉敷科学センター 特別展示室
 入場無料
 休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
 アクセス


大きな地図で見る



安藤 宏 さん 星景写真展ギャラリートーク
星景写真展開催に合わせ、出展者の安藤さんをお招きし、星景写真の撮り方や出展作品について解説いただきます。カメラを持っていない方も歓迎。
 3月29日(日) 14:15〜15:15
 講師:安藤 宏さん(星景写真家)
 参加:小学校4年生以上
 定員:約20名(先着順)
 参加費無料
 参加申し込み:倉敷科学センター(T:086−454−0300)


 出来たら、お伺いしたい!!!!
 しかし…「どこでもドア」希望!!(涙)




  

  
0

ラヴジョイ彗星☆彡  レンズの向こう側(画像)

クリックすると元のサイズで表示します


クリックで拡大

2015.1.12 21:57 Comet Lovejoy (C/2014 Q2)
Fuji S5Pro、Nikon180mmF2.8、ISO400、4s

 ラヴジョイ彗星☆彡
 ちょっとピンボケ。(- -;

 家のすぐ傍で(LED街灯を避けて)お気楽三脚撮影の一枚撮り(^^ゞ

 横浜の住宅街ですので肉眼では全く見えませんし、双眼鏡でも色合いはほとんど分からないポワンとした光芒ですが、撮影するとエメラルド・グリーンの色が綺麗ですね!
 赤道儀+望遠鏡の素晴らしい画像には到底及びませんが…記念に。

 赤道儀は使っていないので、合成(スタック)は無理?(涙)






  

  
0
タグ: 画像 天文 彗星

Glittering Sunset Time  レンズの向こう側(画像)

クリックすると元のサイズで表示します


クリックで拡大表示

2015.1.9 16:25
Glittering Sunset Time
Motomachi, Yokohama

 信号待ちの間の一枚。

 「元町トワイライト」
 …と思ったけれど、トワイライトは日の出前か日没後の薄明の時間帯。
 まだ日が沈んでいないから、適切ではないのですね。(^^ゞ
 煌めく夕暮れ…っぽい英語にしてみました。

 既に自分の居る側は暮れていて、先の方はまだ陽が当たって黄金に輝いて眩しかった!


   


   
0
タグ: 画像 写真 横浜




AutoPage最新お知らせ