国産線香花火復活!  ニュース




線香花火、国産が復活 火花4変化、細やかさ風流 8月14日付 朝日新聞
 一度は姿を消した国産の線香花火の人気が、徐々に広がっています。


 線香花火の4段階の変化。
 火をつけてから落ちるまでに「牡丹」→「松葉」→「柳」→「ちり菊」と名前が付いているそう。
 なんと風情のあることか。

 光の変化と共に、かそけき音の変化も楽しめる。
 ジッと花火の変化を見つめ、風を気にして息をひそめる時間。
 派手さはないけれど、幼い頃の浴衣や家族の記憶とも繋がって、懐かしい気持ちに。
 藁すぼに黒色火薬を付けたのも嫌いではないけれど、一つ一つ和紙に包まれたあれでなければ味わえない想い出かも。



線香花火  さだまさし 投稿者 goodsound46


   

   
0




AutoPage最新お知らせ