旧暦七夕の夜、明かりを消して星空を見上げませんか?  空&宇宙


クリックすると元のサイズで表示します


旧暦の七夕の夜、明かりを消して星空を見上げませんか?

伝統的七夕ライトダウン2014

 明日8月2日は、旧暦の七夕。
 旧暦7日は月齢7前後のお月様が見えます。(上弦の半月よりも少し手前の形)
 このお月様は「月の船」に例えられ、彦星さまがその船に乗って天の川を渡って織姫さまに会いに行く…と見立てられているとか。
 万葉集にもいくつか詠まれています。(一部)
・彦星の妻迎へ舟漕ぎ出らし天の川原に霧の立てるは
・秋風の清き夕(ゆうべ)に天の川舟漕ぎ渡る月人壮士
・天の川霧立ちわたり彦星の楫の音聞こゆ夜の更けゆけば
・天の川川の音清し彦星の秋漕ぐ舟の波のさわきか
・この夕(ゆうべ)降りくる雨は彦星の早漕ぐ舟の櫂の散りかも

逆に、織姫さまが船に乗って行くと詠まれている歌も。
・織女し舟乗りすらしまそ鏡清き月夜に雲立ちわたる
 これは旧暦ならではの言い伝えで、新暦になってしまうと、月齢がマッチしなくなってしまいます。
 
 また、新暦では日本の多くの地域では梅雨のさなかのため、お天気もすぐれませんね。

 不要な明かりを消して、そんなことを思い出しながら、夜空を見上げてみませんか?
 各地で関連イヴェントも開催されます。


以下、サイトより引用です。

『伝統的七夕を楽しむ3つのアクション』

1. 不要な明かりをけす
伝統的七夕(今年は8月2日)と、その翌日3日の夜20時から、カーテンやブラインドを閉めて光が外に漏れないようにしたり、身のまわりの無駄な明かりをけしたりする消灯(分灯)で、不要な明かりが外に漏れないようにしましょう。

2.七夕の星空を楽しむ
夜 空を見上げ、アルビレオや天の川を探してみましょう。七夕の夜は、全国一斉に夜空を見上げるチャンスです。一人ひとりの想いを星空を通じて共有しましょう。キャンペーンに賛同して開催されるイベントに参加するのもよいでしょう。開催情報は『イベント情報』でチェックできます。

3.想いを共有する
七夕の夜に想ったこと、感じたことを伝えあいませんか。Twitterでハッシュタグ『#伝統的七夕』をつけてツイートしたり、ブログや『協力宣言』で想いを投稿するなど、メッセージをお寄せください。

キャンペーンサイト』からポスターやチラシをダウンロードして、身の回りの人にキャンペーンを紹介してください。

 …ということで、キャンペーンに「協力宣言」!
 旧暦七夕の夜、明かりを消して星空を見上げませんか?
 織姫さまが「月の船」に乗って天の川を渡るというお話は、旧暦(伝統的)七夕でお祝いしないと辻褄が合わなくなってしまいますね。
 それに、新暦だと、日本の多くの地域では梅雨のさ中ですし…。
 拙ブログでのご紹介、様々なSNSでの記事(コミュニティやグループなども含む)、ツイッターなどで「伝統的七夕ライトダウン」についてご紹介致しました。
 遠い台風の影響がちょっと心配ですが、お天気に恵まれて多くの方が夜空を見上げ、同じ想いを共有出来ますように♪



関連記事
七夕、そして「星づく夜」
 北海道では、七夕を旧暦でお祝いする地域が多いよう。
 そして、「ロウソクもらい」というハロウィンに似た行事をするそうです。
 あなたのお住まいの地域では、どんなお祝いやイヴェントがありますか?


   

   
0




AutoPage最新お知らせ