世界水紀行アメリカ編 林遣都アラスカを行く第3部「フェアバンクスからバローへ」  TVラジオ番組情報

世界水紀行アメリカ編
 第12回 林遣都アラスカを行く 第3部 「フェアバンクスからバローへ」

 2011年3月23日(水) 21:00〜21:54
 2011年3月30日(水) 21:00〜21:54
 BS日テレ
アラスカ内陸部・フェアバンクス郊外のリゾート地、チェナ温泉から旅は再開します。ここで、オーロラに次ぐ人気の「氷の彫刻博物館」を見学。建物内部の全てが氷の彫刻で作られた、その様子を楽しみます。
次に向かったのは、犬ぞりをひく犬たちの訓練所。かつてのアラスカでは「犬ぞり」が重要な移動手段で、犬は大事な生活のパートナーだったことを知ります。
フェアバンクスから郊外へ。氷河期時代の遺物が見られる永久凍土トンネルを訪ねます。1万年以上前の動物の骨や土などの有機物が観測されるこの研究施設は、地球の歴史を教えてくれる貴重な場所なのです。
そしていよいよ旅はクライマックス、最北端の街・バローへ。北極海に面した小さな街・バローの人口は約4000人。その6割を占めるのが、アラスカ先住民、イヌピアットです。現代的な暮らしになじみながらも、伝統の文化を守り伝え、誇りを持って生きている海の民・イヌピアットの人々と出会います。










   

   

   
0




AutoPage最新お知らせ