未来への提言 NASAジェット推進研究所所長 チャールズ・エラチ 〜21世紀の宇宙を語る〜(仮)  TVラジオ番組情報

プレミアム8 【人物】 未来への提言
 NASAジェット推進研究所所長 チャールズ・エラチ 〜21世紀の宇宙を語る〜
(仮)
 2011年3月17日(木) 20:00〜21:14
 NHKhi
ソ連のガガーリンが初めて宇宙を飛んでから、今年で50年。6月には、スペース・シャトルが最後の飛行を行って退役し、アポロ計画に続く宇宙開発の一時代が終わる。その一方で11年間の建設を経て国際宇宙ステーション(ISS)が完成するなど、今年は、宇宙開発の大きな節目の年となる。

NASAのジェット推進研究所(JPL)で2001年から所長を務めるチャールズ・エラチ氏(63)は、「火星に水が流れていた」「土星の月には海があるらしい」といった驚くべき惑星の素顔を明らかにしてきた世界的な宇宙探査の中心的な存在だ。
1970年から観測レーダーの専門家として、金星探査機「マゼラン」や土星探査機「カッシーニ」など数多くの探査ミッションを率いてきた。エラチ博士は、人工衛星やスペース・シャトルに搭載したレーダーによって地表面の詳細観測をする技術を確立。博士が開発した衛星搭載システムは、宇宙探査だけでなく、地球観測や災害監視など幅広い分野に応用されている。

『宇宙を開拓するのは未来永劫に私たちの使命なのだ』と語るエラチ氏。現在、NASAの戦略計画委員会委員長を務めるほか、20カ国以上で宇宙探査及び地球観測について講義を行い、また、日本の宇宙航空開発研究機構(JAXA)の外部評価委員でもある。

人類の「夢の実現」である宇宙開発。しかし、巨費を投じた軍事的側面も持ち、人工衛星開発競争や宇宙旅行といったビジネス面も深化するなど、多様化が進む21世紀の宇宙開発は今後、どう進んでいくのだろうか。宇宙開発の最先端を担ってきたエラチ氏に、宇宙開発の未来についてきく。







  

  
0
タグ: TV NASA 宇宙

週刊朝日 グラビア「おれたちのオーロラ」  オーロラ

週刊朝日 3月11日増大号
 2011年3月1日(火)発売
 380円
おれたちのオーロラ
三度のメシよりオーロラが好き。
アラスカやカナダで極光を追いかける
写真家それぞれのアツい想い。

 …と題して、7ページの写真グラビア特集があります。
 見開き写真と100文字程度のエッセイで、3人の写真家さんが登場。

 カナダ北部グレートスレーブ湖周辺(イエローナイフなど)で活動されているNoriさんこと、坂本昇久(のりひさ)さん
(拙ブログ内の坂本さん関連記事
 アラスカのマッキンリー山(デナリ)の氷河の上で1〜2ヶ月の間キャンプをしながらオーロラを撮影されている、松本紀生さん
(拙ブログ内の松本さん関連記事その2
 そして、アラスカ北極圏内を車で縦横無尽に走りながら(・・・とは言え、道路網は限られていますが^^;)撮影を続けていらっしゃる、堀田東(あずま)さん
(拙ブログ内の堀田さん関連記事
 それぞれに特徴的なフィールドで素晴らしい撮影をされている、皆さん素敵な方です。


 今回はアラスカ北極圏内に滞在中の堀田さんから、携帯へお知らせメイルを頂戴しました。どうもありがとうございました!
 
 …で、「おれたち」でもっと見たいオーロラ写真家さんもいらっしゃるし、「わたしたち」(女性版)はないのかな?…と思ったのでした。(^^;>週刊朝日さん


   

  
0

プラネットベービーズ 「フィンランド ムーミンと育てる考える力」  TVラジオ番組情報

プラネットベービーズ
 フィンランド ムーミンと育てる考える力

 2011年3月10日(木) 21:30〜22:00 NHKhi
 2011年3月13日(日) 21:30〜22:00 NHKhi
 2011年3月14日(月) 23:30〜24:00 NHK BS2
 2011年3月16日(水)  7:00〜 7:30 NHKhi
 2011年3月17日(木) 15:30〜16:00 NHK BS2
「森と湖の国」と呼ばれる北欧フィンランド。この国の豊かな自然から世界的に有名な童話『ムーミン』は生まれました。
そんなムーミンを愛するハンネレさんは、子ども6人のお母さんです。子育てに大忙しのハンネレさんが日々の中で大切にしているのが本の読み聞かせをする時間。「なんでこうなったと思う?」と対話しながら時間をかけて読み進めます。フィンランドでは本の読み聞かせが親子の大切なコミュニケーションでもあり、そして子どもの「考える力」を育てると考えられているからです。
自分で考える力を育むフィンランド流、読み聞かせの子育てに密着します。


取材メモ
撮影中驚いたのは、子どもたちが本当に暇さえあれば本を読んでいることでした。なんと2歳児までお姉ちゃんたちと一緒になって絵本を読みあさっていました。子どもたちは読書することを勉強とは思っていません。彼らにとって読書は単純な楽しみのようです。そしてその楽しみに出会うきっかけを作っているのがお母さんによる毎日の本の読み聞かせでした。雪を見てはムーミンのキャラクターに例えたりと、子どもたちの発言を聞くにつれ、本は子どもたちのイマジネーションを広げるのだなと感じました。


 


   

   

   
0

世界水紀行アメリカ編 林遣都アラスカを行く第2部「カトマイ・フェアバンクス」  TVラジオ番組情報

世界水紀行 アメリカ編
 第11回 林遣都 アラスカを行く 第2部 カトマイ・フェアバンクス

 2011年3月 9日(水) 21:00〜21:54
 2011年3月16日(水) 21:00〜21:54
 BS日テレ
旅は、さらなる自然を求めてカトマイ国立公園へ。そこは野生のクマ(グリズリーベア)がのびのびと暮らす豊かな水辺でした。クマを間近にしながらのカヤックや釣りを初体験。
動物と人間とが、豊かな自然の恵みを分け合って共生していることに気づきます。
旅の進路を北へ向け、アラスカの内陸部の街・フェアバンクスへ。アメリカの他の都市同様、かつてゴールドラッシュに沸いたこの街には、今でも砂金が採れる川があります。
そして、フェアバンクスでのお目当ては、なんといっても夜空を飾る「オーロラ」。フェアバンクス郊外のリゾート地・チェナ温泉で、オーロラが姿を現すのを待ちます。


 計3時間の「世界水紀行スペシャル 水と氷の大地 林遣都アラスカを行く」のショートカット版。
 3回連続でアンカレジ編、カトマイ&フェアバンクス編、バロー編…と続きます。
 2回目の今回は、カトマイのクマやフィッシング、フェアバンクスではオーロラが登場します。










   

   

   
0

美しき大宇宙 〜統一理論への道〜  TVラジオ番組情報

特集:毎日、ヒストリーで宇宙旅行
 美しき大宇宙 〜統一理論への道〜

 2011年3月5日(土) 20:00〜23:00
 ヒストリーチャンネル
アインシュタインが後半生を費やしながら遂に実現できなかったのが、重力と電力・磁力を共に説明できる統一理論であった。そして今アインシュタインの遺志を継いだ科学者たちは、その後原子の内部で見つかった2種類の力を加え、宇宙に存在する4種類の力の関係を解き明かす「M理論」を生み出し、証明するための実験に乗り出している。
番組は、物理学者でありながら演劇を学んだ経験を持つブライアン・グリーン、コロンビア大学教授がキャスターとしてCGの中を駆け巡り、数式を使わずに最先端科学が明らかにしつつある驚愕の宇宙観を伝える。
グリーン教授による同名のベストセラーをもとにした本作は、アメリカの公共放送PBSの科学番組NOVAが30年目の節目に制作した超大作である。


20:00〜21:00
第1回 アインシュタインの見果てぬ夢
1923年アインシュタインは一般相対性理論を発表、重力が瞬時に全宇宙に伝わるというニュートンの説は間違っており、重力は光の速さで伝わる時空の波だと明らかにして全世界に衝撃を与えた。その後アインシュタインはニュージャージー州の自宅にこもり「統一理論」の計算に没頭する。しかし、重力は電力・磁力に比べ10の39乗も弱く、統一は困難だった。
一方、科学の世界では、「量子力学」が誕生、原子の構造の解明に成功する。アインシュタインは、自らの目標にこだわるあまり新たな論文を読むこともなくなり、学会から取り残されて生涯を終えた。


21:00〜22:00
第2回 “ひも”の振動が万物を生む
60年代イタリア人科学者が200年前に見つかった数学の公式を現代物理学に応用、原子をつくる究極の構成要素は「震える微小なひも」ではないかという「ひも理論」を提唱する。当初矛盾があり支持されなかったこの理論を、84年アメリカの2人の物理学者シュバルツとM・グリーンが計算の問題点を克服することで「万物を説明する理論」として学会に受け入れられることに成功する。
M・グリーンは「計算が成功した夜は雷がなっていてまるで我々が宇宙のなぞを解かないよう神々が邪魔をしているようだった」と振り返る。
原子を太陽系だとすると「ひも」は一本の木の大きさ、など「ひも理論」を数々のCGで映像化する。


22:00〜23:00
最終回 驚異の高次元空間
万物を説明するはずの「ひも理論」はやがて5種類の説に分裂し、学会は混乱した。しかし、95年、現代のアインシュタインとよばれるエド・ウィッテンが「5つの説は同じものが5枚の鏡に映っているようなものだ」としてそれらの説を統一する「M理論」を発表した。
その理論によると、宇宙は11の次元をもつ小さな膜。重力が他の力に比べ弱いのは、我々に見えない次元に力が漏れているからだとした。アメリカとヨーロッパの機関は、重力をつかさどる粒子グラビトンが消滅する瞬間を観測しようとしのぎを削っている。


  

  

  
0
タグ: TV 宇宙 統一理論




AutoPage最新お知らせ