「心ゆさぶれ!先輩 ROCK YOU」新春スペシャル  TV番組情報

「心ゆさぶれ!先輩 ROCK YOU」新春スペシャル
 2011年1月1日(祝・土) 23:30〜24:30
 日本テレビ
 【MC】大東俊介、松坂桃李、大野拓朗、JOY/尾上松也、坂東巳之助、中村壱太郎/加藤浩次(全員が全編にわたって出演するわけではありません)
 【ゲスト】三浦知良
熱唱!スタジオがキング・カズのライブ会場に!?秘密ゲスト次々乱入で大興奮!最年長ゴールの裏側秘話。
トゥルーストーリーも特別編!MC全員「はやぶさ」感動ドラマ熱演

心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU


   

   

 
0
タグ: TV はやぶさ

東証大納会、ゲストは川口淳一郎教授  空&宇宙



 東京証券取引所、平成22年大納会のゲストはJAXAの川口淳一郎教授
 小惑星探査機「はやぶさ」の生みの親、プロジェクトマネージャーとして名高い方です。
 川口PMのスピーチは、温厚な語り口、平易な言葉とスムースな話の運び方でとても分かりやすいですね。
 はやぶさ」人気は、その苦難を乗り越えた7年の旅路の中身だけでなく、多くに語りかける川口PMの広報にも拠る所が大きいと思えます。

 大納会の様子はニュースで見ますが、全編を通して見たのは初めて。
 打鐘は5回なのですね。


   

   

 
0
タグ: 宇宙 はやぶさ 東証

仲間由紀恵の蒼い地球5〜太古の地球と宇宙から見た蒼い星〜  TV番組情報

仲間由紀恵の蒼い地球5〜太古の地球と宇宙から見た蒼い星〜
 現代・過去・未来…。永久なる宇宙、そして地球。
 2011年1月1日(祝・土) 15:00〜16:25
 テレビ東京
 出演:仲間由紀恵、野口聡一JAXA宇宙飛行士
仲間由紀恵が、地球温暖化によって異変が起きている地球の現状を伝え、環境を守るために何が出来るかを考える。
西表島を訪れ、JAXAの野口宇宙飛行士と対談する。


地球温暖化によって悲鳴をあげる地球の姿を伝えながら、環境問題を考えてきた『仲間由紀恵の蒼い地球』。

2007年には、世界中のペンギンの姿を通して地球温暖化の危機を
2008年には、沖縄の海を通して自然のもろさと破壊の恐怖を
2009年には、知床、屋久島を通して日本の素晴らしい自然遺産を
2010年には、日本各地の美しい絶景を通して、人間による自然破壊を

そして、2011年、第5弾では…“宇宙から見た地球”。
視点を宇宙に移し、客観的に地球を見つめます。
今の蒼い地球は、どこから来て、どこへ向かうのか…
その永久なる物語を我々はどう綴るべきか…

仲間由紀恵が道案内人となって、その答えを見つける旅が始まります!


  

  
0
タグ: TV 地球 野口聡一

世界絶景紀行「北極圏に輝くオーロラ・フィンランド」  TV番組情報

地球絶景紀行
 #32 北極圏に輝くオーロラ・フィンランド
(再)
 2011年1月1日(祝・土) 14:00〜14:54
 BS TBS
 「フィンランド共和国」。
 国土の8割が森林と湖沼。湖沼は18万を越えます。
 サンタクロースの街としても知られるオーロラハンティングの玄関口、ロヴァニエミ。
 星が輝く大空に、緑色の大きなカーテン。
 そのまま吸い込まれそうな不思議な体験でした…

  

  
0

南極日和スペシャル〜極限の住空間・昭和基地の秘密〜  TV番組情報

ミサワホームPRESENTS
 南極日和 スペシャル
 〜極限の住環境・昭和基地の秘密〜

 2011年1月1日(祝・土) 12:00〜12:55
 BS朝日
 日本の国土のおよそ37倍もの面積を持つ南極大陸。氷の厚さは平均で1800m以上、最も厚いところでは4800mを越え、富士山がすっぽり入ってしまうほど。まさに「雪と氷の大地」です。

 この南極で日本の観測事業が始まったのは1957年。以来、極地の気候やオーロラのメカニズム、ペンギンの生態など、それまでほとんど知られていなかった南極特有の現象が、次々と明らかにされてきました。こうした日本の南極観測隊の大切な活動拠点、隊員たちの命を守る“我が家”が昭和基地なのです。

 番組では、第51次南極観測隊に同行して撮影したハイビジョン映像を使って、昭和基地の建物に関する知られざる秘密に迫ります。そこには、極地での調査研究活動を支えるたくさんの知恵と工夫がありました。

出演者
司会:清水 圭 / 島本真衣(テレビ朝日アナウンサー)
ゲスト:白石みき / DAIZO / 本吉洋一 (第51次南極観測隊隊長)


断熱性・気密性・耐風/ミサワホーム:南極
 ミサワホームは、南極観測隊の活動や生活を支える建物をお手伝いしており、これまでに建設した建物は、延約 5,000m²、34棟に及びます。2002年には、NHKハイビジョンスタジオ棟を建設し、南極の観測隊員の仕事や美しい自然の映像が日本のお茶の間に届けられています。

南極の歩き方@ミサワホーム


   

   

   
0
タグ: TV 南極 オーロラ




AutoPage最新お知らせ