2004/6/24

よい医者になって下さい  


医師になって 一年と少し

短いながら 見渡せばたくさんの

杏の木

よいお医者さんになって下さい と

期待をこめて私のまわりに

患者さんやご家族が植えられた木

木々の中に それぞれの方の顔が思い浮かぶ

亡くなった方も 通院を続ける方も 元気な方も
私の体でどうぞ学んで下さいと解剖させて下さった 方々も

誰も 私が医者であることを願って木を植えたのでなく

皆 「よい」医者が育つことを願ったのだと もう一度
思い返そう

その「よい」が 相当難関だということを
思い知った 今だからこそ
タグ: 医師 

2004/6/18

思い返す  


 その後3日ほど自分のしていた医療を思い返し

 泣いて心の中で詫びたり 深く落ち込んだり

 ブレーカーの落ちたかのように眠り続けたり

 していました

 そして 空腹で起き よごれた顔や体をきれいにして

 またブレーカーを上げました

 もう一度 原点である愛に 戻ってきたと思います

 小さな灯りが灯って

 私はまた ひとを想うことができそうで 感謝です

 ようやく 時が満ちたと感じています

 幼い医者が もう2度と同じことをしないためには

 忘れないように 心に留めるしかなく

 つらくて蓋のされていたその日々の自分を

 なかなか触れられずにいたので

 そのまま 心の動くままに

 思い返そうと思います

 この時が来たことに 感謝です
 
 
タグ: 医師 

2004/6/16

還りたい  

 
 久々に生理痛がつよくて 昨日一日寝ていた

 痛みで眠りにもつけず
 楽しいことを考えるのにも限界があり
 
 暗くて長くて孤独な 患者さんの夜を 思った

 おなかが痛いと おなかがすいても食べられない
「何、食欲がない? おかしいなぁ」
 と 反応していた私に コツっと頭を叩く

 人間は 生き物で 痛いと つらいんだぞ と

 そんな頃の私は
 疲れて机で白衣を羽織ったまま伏して眠り
 朝5時頃目覚めておしりがぬるっとして
 白衣と椅子が血に染まっているのをみて
 生理を知ったことがあった
 目が点になった
 通りがかった同僚(♀)に
 「ER?かかっちゃったの?」とさらりと聞かれ
 「そう」 と短く返し 心の奥にそっと仕舞った
 けれど その後生理になるたびに思い出す
 自分は医者だ とは思っていたけれど
 私は人間だ とは感じていなかった
 その時のこと
 睡眠や食事の時間を惜しんで
 皆で 走っていた時の自分のこと
 そして
 今も一生懸命走る全国の医者に
 思いを寄せる
 
 医者にも人間らしい生活は必要じゃないかなぁと
 素朴に思う
 
〈ひと〉が〈ひと〉を思うのが 医療ではないのか? 私よ

 もう一度 原点に還りたい

 あの時とっても 悲しかったと
 過去形で 言いたい
   
タグ: 医師 

2004/6/4

祈りと生き方と  

 
 生まれて 死ぬという
 なみ縫いの ひと目のような 人生を

 どんなひとも幸せであってほしいという
 基本の願い

 その上に
 どうしようもない深い悲しみや苦しみや絶望があるなら

 どうか
 間断のないものならつかの間の安らぎをと
 応用で祈る
 
 私の このひと目の間の為すべき〔仕事〕は
 医者ということばをはずしたなら
 なんだろう

 少なくとも
 祈る 聴く 手を握る
 この3つは
 はずせない
 私がこれでできているからだ

 あとは どう生きていくかだ
 本当にただ それだけだ
 
タグ: 医師 

2004/5/14

祈り  

 
 大切にしたい 目の前の人を

 ただ ほんとうにそれだけなのだけど

 なんと難しいのだろう
 
 
 私は白衣で嘘をついた

 若葉マークをつけずにあなたに出会い

 小さな嘘をたくさんついた

 許されてしまったけれど 本当の医者ならしないこと 数々

 一生懸命さという盲目の青い医者が犯した罪を

 自分の中で償う時間がほしい

 白衣の白さが眩しく

 そのシンボリックな責任の重みが受け止められない間は どうか

 深い深い祈りと

 贖いの時間を

 私は今 愛と 悲しみと 混迷の中にいる
 
 このままベッドサイドになんとなく微笑んで戻るのではなく

 目を開けたままあなたのそばにいられるだけの知識と勇気と弱さを持った

 そんな ひとに いずれなりたい

 遅咲き もしくは花を咲かせない小さな医者の

 愚かさが 少しずつあなたのそばににじり寄れますように

 本当に愚かで 不精で 祈るよりほかないです  
 
 
タグ: 医師 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ