2005/10/20

光  

 
 隣り合うひとに あげるものがないほど

 自分を愛せない日も

 チベットの山頂で 雪に閉ざされた寺院で 崖に立つ修道院で

 世界の平和を祈るひとがいる
 
 
 心の闇に囚われる夜も

 小さな傷にあえぐ昼も

 絶え間なく 世界のどこかで

 生きるすべてのために祈るひとがいる

 そして 目の前のひとのために祈るひとがいる
  
 町にも 村にも 森にも 海辺にも 

 
 耳を澄ませば
 
 祈りの光が 世界を包んでいるのが見える

2005/10/15

もう一度 お祈りからはじめよう  

 
 私は 確かに未熟だったから

 〈大人はこの味を理解しなくてはならない、

 好き嫌いを言ってはならない〉と

 信じてしまった

 でも

 私の本当の未熟さは

 「これは私の食べたいものじゃない」

 と自分の味覚を信じて弁護してやれなかったことだった
 
 
 ひとそれぞれに 同じものを違って味わうのだ

 まわりが嬉々としてもしくは淡々と食べていても

 私の生涯を支える食べ物はこれじゃない 時もある

 4年は短いようだけれど それも我慢できない 時もある
 
 
 今回 それを学んだ

 地図のなく 人もまばらな土地を

 愛する幾つかの星を頼りに 歩みまどいながら

 一度に一つ 歩いてつまづいて痛みと学ぶ
 
 
 足に筋力 つけばよい 
 
 そして いつか---

 誰かの「ツー」に対し 胸を打つ「カー」を言ってあげられたなら

 それで心穏やかに眠れるのなら

 いいなと思う
 

2005/10/11

希望と愛  

 
 3週間 無言だったアボカドの種が

 ふと1mm 根を伸ばし

 私は生きている と言った

 おみそれしました と申し上げた
 
 
 お水 替えさせていただきます

 アボカドは薄緑の眼をゆるめ

 ああ と言った
 
 
 今 根は4cm 芽は0.8mm
 
 アボカドは生きている
 

2005/10/7

くず星  

 
 雨のふりこめる中 想う

 誰かや何かを愛することは

 人間のもっとも

 尊い能力である

 神の愛が巨大なクリスタルなら

 人間の愛はくず星のきらり きらり

 それで 十分尊い
  

2005/10/1

弱い芽  

 
 強くなりたい

 簡単なことにくじけて

 小さなことに怯える表面が変わらなくても

 胸の奥でずっと

 自分の根の成長を信じて

 萎えない芽になりたい
 
 
 部屋の空気を入れ替える

 久々に光を浴びる

 そして私は

 くじける度に再生することに決めた



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ