2004/5/6

黒衣と白衣 その8  

 ふと、黒衣の人が何か思いついたように小さく手を鳴らした。

「あなたに、この魂をお見せしましょう。あなたなら、きっと
見えることでしょう。」

 黒衣の人はベールの奥で微笑んで、今さっき亡くなったという
方の魂を例の別珍の袋から取り出す。右手でそっと掬って掌に乗せ、
麻衣に見せた。魂は、見えるというより感じるというような感触で、
確かにそこに在るようだった。その存在感は、澄んでいてきれいだった。

「魂は亡くなる時、誰もがこんなふうにきれいなんです。どんな
人生を何年送ってきた人でも、同じです。こんなふうに、淡く細かに
虹色に光を放って、僕は扱ったことがないけれど、生まれたての時と
同じ輝きなんだそうです。」

 辺りが暗くなってきたからだろうか、麻衣にも段々にその光が
見えてきた。やわらかく、そう確かに、生まれたての赤ちゃんが
放つ乳白色の光が見えた。黒衣の人によると、この方は96歳の
男性なのだそうだ。麻衣は魂に向かって礼をした。

「捨てたもんじゃないでしょ、捨てちゃいけませんよ」

 ベールの奥で、笑う。

「魂はいつどんなふうに死んでもこうなんだと思ったら、あなたも、
よっぽどの危害を加えるのじゃなければ、死にたいほど思い詰める
ことはないんじゃないでしょうか。あなたも、こうして亡くなった
方も、同じ魂をお持ちなんですから。」

麻衣はもう一度、96歳まで生きた尊い魂に礼をした。

「捨てません。自分も、患者さんも。」

 麻衣は決意を込めて言った。
黒衣の人はよかった、というように笑み、魂を大事そうに袋に戻した。
帰り支度をする黒衣の人に、麻衣は尋ねた。

「あなたの---お名前は?」

 黒衣の人は、

「また、魂の御前でお逢いしましょう。」

 と言ってにこやかに微笑み、右手を掲げてふわりと顔を隠し、
いつのまにか星の出ていた空に、溶けるように消えた。

 魂はきっとこれから死神とともに三途の川を越え、美しい花の咲く野に
放たれ、きらきら光るのだろうな...天国も地獄も隔てはなく、あの美しい
光がそこここに満ちているのだろう。麻衣は想像した。

 そして死神の名は---
今度、きちんと患者の死に全力で心を注げたらもう一度、聞こう。

 ---星の光る空を見ながら麻衣は両手を広げ、目を閉じてゆっくり、
大きな深呼吸をした。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ