2004/3/31

「具」象  

 
 何か 運命の羽に乗って

 とても恵まれたまま 私は医師になった

 アメリカ生まれで英語のナチュラルセンスがあって

 生物がとても好きで 

 それから ただ ひとの動揺に寄り添いたかっただけ
 

 直感で医学部を選び さらに離島医を選び

 努力と上昇思考の救急病院にひとり舞い込んだ
 

 本当はずいぶん前から スムーズにはいかない未来を予見していた

 だから 後悔は本当にない

 
 仕事はなぜ するのだろう

 人と人とが 支え合うことの具象---それが仕事だと思った

 あなた梅干 わたしごまシャケ ぼく塩昆布

 持ち寄って シェアするのが 仕事

 私の仕事は

 静かに 寄り添うこと 

 私の具は梅干で シャケにはなれない

 シャケ風味の梅干

 そういうのもありだと思っていたけれど 少ししんどかった

 
 島医者の夢 2年半越しの夢

 シャケ風味が欲しい一心のこの梅干の祈りが

 通じて商品化されることを願う

 祈りの影に人(患者さん)の不幸がないことを

 もうひと重ね 祈りながら
 
 少し 休憩時間を作ります
タグ: 医師 



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ