« core | Main | 夢 »

2005/3/9

re-  

  
 入院していた方の 顔としぐさが ふとよぎる

 亡くなったあのひとや 退院したあのひと

 泣いたあのひとも 怒ったあのひとも

 じっと耐えて澄んだ瞳のあのひとも

 魂の一部をペンダントにして首にかけているように

 あのひとも このひとも

 何年経っても ともに生きていく
 
 ランドセルの中でくしゃくしゃになったプリントみたいな

 医師1年目の罪悪感と哀悼と不安とを

 いつか 丁寧にしわをのばし

 書かれた気持ちをひとつひとつ昇華したい
 
 もう一度 ペンダントを戴くベッドサイドへゆく前に
タグ: 医師 



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ