ブログ訪問ありがとうございます。 なごみの和柄『くまゆみ舎』。かわいい和柄と、張り子犬が大好き。 布はすべて、地直し&洗濯後、カバンやポーチ等制作。 2018年からは、『くまゆみ家(や)』に店名を変更します。

2015/8/21

ミシンなど  かばん作り

7月に頂いたオーダー品を、やっと作っています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
すっぽりと、箱型のカバンにおおわれたミシン。

クリックすると元のサイズで表示します
底のセンター脇に、押さえミシン中です。
クリックすると元のサイズで表示します
縫い目が遠い…、慎重にゆっくり。
失敗すると、あり得ない所に輪が出来て、
ミシンの押さえ金や針が、
布を切らない限り、脱出不可能になるのです。
(うまく説明できない…こんな失敗した事あるのは自分だけ??)

クリックすると元のサイズで表示します
底の脇ミシン完成。
クリックすると元のサイズで表示します
底の脇ミシンを最初にして、サイドの脇ミシンを最後に、と
作った事もありますが、
目につくサイドの方が、縫い目をきれいにしたいので、
やっぱり底が最後の脇ミシンなのです。
クリックすると元のサイズで表示します
オーダー2点製作中なのでした。
クリックすると元のサイズで表示します

ところで、この作業、
この型のカバンを、クリマの前にも作っていましたが、
ミシンが故障していて、
安い1万円台のミシンで縫っていた時に、

なんと、ランプに手があたって、ちょっとジュウ〜〜とヤケドを。
下から手を入れていると、ランプがむき出しだったみたいです。

修理で帰ってきたこのミシンは、底を縫う作業をしても、ランプに当たらず、
スムーズにできたのでした〜。
優秀なミシンだ〜♪


ところで欲を言えば、自動糸切りが、私の機種はないのですが
ひっくり返して、奥の方を縫うと、
カバンを押さえ金から出して、糸を切るのに、
結構長く、下糸を引っ張ることになるのです。
糸代がもったいない…。

自動糸切り機能の重要性を実感しつつ、
糸代を節約する為に、ミシンを買い替える、
などとはもちろん、思わないのでした。
ミシン代>糸代





0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ