2013/2/28

冥土  

Bonjour!!

連続で更新するとかいいながら結局寝てたww今日こそは!!


昨日2月26日は滞在するホテルがあるパリ14区のモンパルナス周辺を散策することにしました。いきなり遠くに出かけるのもなんだったので、ウォーミングアップ的な感じで近場を散策することにしたわけです。

あ、そうそう、パリも日本と同じように区によって街が分けられていて、「エスカルゴ」と言われるように、ルーブル美術館のあるあたりの1区から時計回りに2区、3区、、、と20区まで渦巻き状に続いていきます。パリの街自体はそんなに大きくなくて、日本の山手線の内側くらいしかないらしいですよ。確かにそんな感じはします。パリの街を高いとこから見下ろすと以外にコンパクト!!やったんで驚きました。


前日はさっさと眠ってしまったので、この日は6時30分に目覚めても頭すっきり!!7時にホテルで朝食をとり、8時には散策開始。
まずはモンパルナスの玄関口である、モンパルナス駅の中をのぞいてみました。駅に入って最初に気づくことは、日本のように改札がないこと。ないんですよ。だからすぐに電車まで行けちゃうわけ。クリックすると元のサイズで表示します

そんなんタダ乗りできるやんけ!?と思うでしょ。"d(-x・)チッチッチ そこで登場するのが写真の右半分のとこに移ってる黄色い機械なのです。電車に乗る前にあれに切符を通すというわけです。これを怠ると高額の罰金を取られるらしい。今度TGV乗るから必ず通すようにしないと!!てゆか改札つくりゃいい話じゃね?メトロには改札あるし。あえて改札を作らない理由ってあるのだろうか?不思議。

駅を抜けるとパリの中で最も高いビル、モンパルナスタワーに出くわします。
クリックすると元のサイズで表示します

が、ここはひとまず通過してモンパルナス墓地に向かいます。タワーにはあとで登るよ!まだ開館時間じゃなかったんだよ!!ここからはしばらく死者を訪ねる道のりです。

考えてみると、墓地が観光地の一つになるって日本じゃあんまないよね。有名な武将とか作家とかのお墓はその人を偲んで訪れる人は多いと思うけど、たぶん目的はその人のお墓だけ。でもここは墓地全体が公園のように整備され、番地まで与えられていて、墓とは思えないような感じでした。入るのになんのためらいも恐れもなかったです。
クリックすると元のサイズで表示します

ここの墓地にはサルトルとかモーパッサンとかサン・サーンスとか、結構多くの歴史的に有名な人のお墓があるらしいんですが、如何せん数が多すぎて…。結局見つけることができたのはサルトルとボーヴォワールのお墓(写真上)とサンサーンス(写真下)のお墓だけ。
さすがにすべての人のお墓を探す気にはなれませんでした。そこまでお墓好きじゃないしww
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お墓に関して言えば、サルトルのようにとてもシンプルなものもあれば、サンサースのように家みたいになってたり、お墓に天使がくっついていたりする豪華なものまでいろいろ。これもやっぱりカトリックとかプロテスタントとか関係あんのかなぁ?あとユダヤ人の人とかも。ん?フランスにはユダヤ人いないんだっけ?そのへんの知識がほとんどないからよくわかんない。
でも確かにお墓によって違いはありました。


モンパルナス墓地を後にし、次なる目的地、カタコンブ入口へ。まだまだ死者を訪ねる旅は続きます。今度はさっきよりももっとリアルに死者を感じられる場所。

もともとカタコンブは5世紀末くらまで使われていた採掘場の跡地だったらしいのですが、近世くらいに100年かけてパリ市内の共同墓地に葬られていた無縁仏600万体を納骨し、地下墓地として使うようになったそうです。
なので、最初のうちは地質学的な展示が続いていました。地下100mくらいまで降りたんじゃないかな?そこは薄暗くて湿度は高く、気持ちのいいところとは言い難い場所でした。しばらく展示が続いたのち、いよいよやってきました。カタコンブです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

壁一面に骨が敷き詰められたその光景はなんとも言葉に表しにくいのですが、ものすごくオーラがあったような気がします。これ、全部本物の骨です。600万人文の骨って、とてつもない量よね。苦手な人はほんと無理だと思う。これ。これこのまま2キロくらい続くしね。僕も最後の方はあまり調子よくなかったし。

湿気と生ぬるい空気がさらに気分を悪くさせるかも。ただ、見応えは十分なのでぜひ行くことをお勧めします。わくわくするよ!!笑


地上に出ておいしい冷たい空気を吸ったときはすっきりしました。そしてすこし歩くと、なんと都合の良いことに教会が!!ここで心と身体を清めてから散策の続きです。クリックすると元のサイズで表示します

お昼をカフェでゆったりと過ごし、午後はいよいよモンパルナスタワーへ。
この日はあまり天気は良くなかったけど、それでもエッフェル塔、凱旋門など主要箇所はばっちり見えました!!
クリックすると元のサイズで表示します

JCBラウンジによってミュージアムパスとカルネを購入。明日からの散策に備えます。帰りに夕食を買い、この日は19時にはホテルに戻りました。
この日の食事はこれ。ちょっと多すぎた^^;
クリックすると元のサイズで表示します

夜もゆっくりできて、よい一日になったと思います!!
以外とみるとこあったモンパルナスでした〜(^_^)/
0

2013/2/27

Bonjour France!!  

Bonjour tout le monde!!フランスからこんにちは!!


昨日は12時間という長時間フライトに加え、時差ボケ対策のため日本時間でいうなら、ほぼオールに近い時間まで起きていたことにより、ホテルについて一段落して、現地時間23時まで起きておくのが精一杯で、文章なんてさらさら書けるような状態ではありませんでした。

なので、今日は二日分を二回に分けて更新しようかと思います。どちらも長くなること必至ですがどうぞお付き合いください!!!(^^)



さて、現在現地時間で2月26日21時30分。日本時間なら2月27日午前5時30分。前日の時差ボケ対策により、ほとんど時差ボケなく、難なく現地時間に対応してるような気がします!!今日は頭もさえているのでばっちり更新できそうです!!笑


今回も旅の始まりは伊丹空港から。江坂発の始発の電車に乗り込み空港に着いたのが6時前。
クリックすると元のサイズで表示します

あたりはまだ真っ暗で、空港もまだ空いていませんでした!!少し早く来すぎましたね(^_^;)しばらく外で待ってたけど、超絶寒かった!!

6時に空港が開館し、チェックインして荷物を預けた後は安定のスタバで朝食をとり、7時30分のJAL便で一路羽田へ。途中富士山がきれいに見えました。
クリックすると元のサイズで表示します

フランスへの便は成田発なので、羽田に到着後はすぐさま成田へと向かわねばなりませんでした。これが地味に大変。成田までが結構遠いんですよね。乗り継ぎまでそこまで余裕があるというわけでもなかったので、今回は時間を買うという意味で初めて京成スカイライナーに乗りました。初めて乗ったんですが、車内はとってもシックで機能的、それに快適で、らくちんで成田に到着しました!!
クリックすると元のサイズで表示します

往きはエール・フランス航空を利用します。やっとA380、通称いもむし君(乗る前に勝手に名付けたww)に乗れます!!それだけでもうれしい笑
クリックすると元のサイズで表示します

いもむし君に乗って気づいたことがいくつかあります。まず窓が大きい、それから個人用ディスプレイの画面が大きい、そして離陸時のエンジン音が想像以上に静かであるということ。また照明にLEDを使用しているからか、機内の照明の明るさを調整できるので、暗くしてから再び明るくするのも徐々に明るくなっていき、身体に負担がないように工夫されていました。
他にもサービス面とかいろいろ「おっ!!」ということがありますが、まぁこの辺は飛行機、航空会社にそれほどこだわりのないみなさんにはあまり興味のない話ですよね。ここまでにしておいて、次行きます。


ここで苦いエピソードを一つ。悲劇はこの少しのシャンパンから始まります。
クリックすると元のサイズで表示します

シャンパンなんて頼んだのがすべての間違いだったのです。

それは離陸から1時間ほど過ぎたころ。ギャレーでは一回目の食事の用意が進められていましたが、エール・フランスではさすがフランスの航空会社だけあり、食前酒としてシャンパンが振る舞われたんです。感激した僕は思わず頼んでしまいした。

ところが、その時僕は機内食が出るからと何も食べずに搭乗していたということ、上空30000フィートくらいを飛行している飛行機に乗っているということ、そして飛行機が気流の影響で小刻みに揺れているということを全く気にかけていなかったんですね。
空腹、高高度、揺れという3つの条件は互いに手を取り合って、効果的に僕の体に作用し始めました。なにが言いたいかわかるでしょ?そう、気持ち悪くなったの。それでね、I felt vomitになったわけ。

そこまでくるとね、そう、ご想像の通りね、トイレでやってしまいました。あれを。
その時はもうとにかく気持ち悪くて、必死だったので、とにかくひたすらになりふり構わず○○ました。ただ、誰にも言わなかったし、気づかれてないからほかの人は気づいてなかったんちゃうかな?でもどう考えてもこんな乗客最悪よねww

みなさまごめんなさい。でもつらかったんよ。今回は許して。メディカルイマージェンシーとかで緊急着陸よりましでしょ??(言い訳みっともないが。)

まぁそのおかげでその後はすっきりしたんだけど、これが相当こたえましたね。最悪の5時間でした。
もうこれからは絶対に上空で酒は飲まん!!!誓います。

その後は徐々に落ち着きをとりもどし、無事パリ・シャルル・ドゴール空港(CDG)に着陸。長い長い、本当に長い長いフライトでした。

飛行機を降りて入国審査に向かうんだけど、この空港相当でかいからなかなか着かないんです。結局15分くらいかかったんちゃうかな?そのあとはさくっと審査を終えて、あた新たにスタンプが一つ増えました。


空港からはバスでホテルのあるモンパルナスまで向かうことに。この時、たまたま滋賀県から来た女性の2人組と知り合い、彼女たちもモンパルナスまで行くというので一緒に行くことに。一人旅だとこういうこと本当にあるのね。ちょっとうれしかった(*^_^*)
彼女たちは3日あでパリに滞在した後、イタリアとスペインを巡って3月20日くらいに日本に戻るそうです。先は長いですねぇ。お気をつけて。
モンパルナス駅で降車したあと、彼女たちと別れてホテルに向かました。

無事チェックインして、部屋に通されると、なんとそこは僕一人だけしか宿泊しないにも関わらずなんとツインの部屋でした。
なんというか無駄に広い笑


まぁ贅沢に使えるという意味ではちょっと得したのかな?


とにもかくにも、一安心。この日は疲れ切っていたので、そのあとどっと疲れがきて22時30分にはばたんきゅう。ぐっすり眠れました。


慌ただしくも、パリ滞在一日目終了です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ