2018/10/30

Joslin  

ボストンでの濃密な時間がスタートします。


今日は、Joslin Diabetes Centerという、糖尿病研究の最先端を行く施設の見学をさせていただきます。

滞在しているゲストハウスから地下鉄を乗り継いでおよそ1時間。Joslinに到着です。

クリックすると元のサイズで表示します

全体像はこんな感じ↓

クリックすると元のサイズで表示します

Joslinのある地区は、メディカル・エリアとなっているようで、たくさんの医療機関や研究施設が立ち並んでいました。

さて、いよいよJoslin内へ潜入します。Joslinで働いている日本人の先生に施設内を案内していただきました。写真撮影はできなかったので、内部の写真はありませんが、Joslinの歴史に始まり、現在の取り組みに至るまで、実に多くのお話をお聴きすることができました。

施設内ツアーが終了したあとは、現地のスタッフや日本から留学されている先生方とのディスカッションの時間も設けていただきました。日本とアメリカの違いについての話など、いずれも刺激的で、非常に濃密な時間でした。

ただ、濃密すぎてエネルギーを使い果たしてしまったので、終了後はとても疲れたんですけどね…。だから、正直このブログを書くのも大変なのです…。でも、この一週間は更新すると決めたので、めげずに頑張ります。(でも、内容はさくっと…。さくっと…。許してください…)

施設見学やディスカッションが終了した後は、今日1日を様々にアレンジしてくださった先生と、シーフードを頂きました!
疲れた身体に、新鮮なオイスターは最高でした!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

明日からも頑張れそうです!
0

2018/10/29

到着  

あっという間に羽田に到着。ここからはバスに乗り換えて成田まで向かいます。
もともと予約していたバスよりも早いものに乗ることができたので、予定よりも30分ほど早く成田に到着。

特にすることもないので、早々に出国手続きを終えて、ラウンジに向かいます。
今回はJAL便を利用しての渡米なので、さくらラウンジですね。

クリックすると元のサイズで表示します

ラウンジからは、このように、飛行機を間近で目にすることができます。素晴らしい。
さくっとシャワーを浴びたら、なんだか小腹が空いてきたのでカレーをいただくことに。うまし。このカレー、本当にうまいんだよなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します

カレーを食べ終え、ほっと一息ついているうちに搭乗時間が迫ってきました。
今日は62番ゲート。使用機材はB787-9。飛行時間はおよそ12時間半。

長い長い空の旅。面白いことの一つや二つくらいあってもよさそうだけど、残念ながら機内では大して面白いこともなかったので、一切割愛。

あ、強いて言うなら、隣に座っていたグラマーなおばちゃんが「あなたの観ている映画は何?」と聴いてきたので、「オーシャンズ8だよ」って伝えたけど、「そう」って言ったきり別に見るでもなくそのまま眠りに落ちたくらいですね。やっぱり大して面白くないですね。


ここで、どうしてボストンに行くことになったのかを簡単に述べておきましょう。
要は、海外研修です。ハーバード大学をはじめとした大学や関連施設を見せていただくという目的で今回ボストンを訪れることになったのです。
ではなぜボストンなのかというと、僕の指導教員であり、所属する研究会の顧問でもあった先生が、この春からボストンに滞在されているからなのです。僕をはじめ、あと二人の先輩と一緒に先生の元を訪れています。


さて、12時間半のフライトもそろそろ終わり。やや雲の多い空からボストンの街を見下ろしつつ、飛行機は降下していきます。ほどなくしてタッチダウン。ボストン・ローガン空港に着陸しました。

出口では、先生と一足早く到着していた先輩が迎えに来てくれていました。ありがたし。
空港からは、「なぜか」無料のバスと地下鉄を乗り継いで、これから約1週間お世話になるゲストハウスに向かいます。

到着後、ゲストハウスで頂く夕食。外国で味わう日本の味は、本当に身体にしみます。

クリックすると元のサイズで表示します

なんだか眠くなってきました…。そりゃそうか。半日かけて移動してきたわけだからね。
明日に備えて、今日は休むとしましょう。

明日からは早速ボストンでの濃密な時間がスタートします!
ではまた!
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ