2018/11/3

美術館と交響曲  

11月2日(金)。
ボストン滞在も、早いもので残すところ1日となりました。

今日は、ボストン美術館とボストン交響楽団の演奏を聴きに行くという二大イベントが控えていました。どちらも、この滞在のうちに必ず行きたかったものなので、朝からわくわくが止まりません。

まずはボストン美術館へ。

クリックすると元のサイズで表示します

全米でもトップクラスの美術館です。
展示品は、もちろん古代から現代まであるのだけど、まず僕が見たかったのは、ルノアールとモネ。これを見るためにまずはヨーロッパ美術の展示室へ向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

この階段を上がって、まっすぐ歩けば着きます。

クリックすると元のサイズで表示します

ありました。ルノアール。
あえて絵そのものを写した写真はアップしないでおきましょう。
ちかくのソファに腰掛けて、じっくりと味わいます。

やっぱり印象ははいいですね。
人それぞれ好みはあるだろうけれど、僕はあの、ぼやっとした感じがとても好きです。

次に目指すはモネ。

クリックすると元のサイズで表示します

ありました。モネ。
思っていたよりも大きくて驚きます。
こちらも、ソファに腰かけて、ゆっくりと味わいます。

ここには、他にもドガとかミレーとか、シスレーとか名だたる画家の作品が所せましと展示されています。それらの作品もこころゆくまで鑑賞することができました。

西洋美術が一番見たかったので、そこが終わると、次に興味が湧くものから順番にさくっと回っていきます。正直、皿とか土器にはあまり興味がないので、そこは流れ作業のように通過します。まぁ、あと量が多すぎるから、一つ一つ真剣に見ると疲れるんですね。
だから、エネルギーの節約も必要です。

ようやく全体を見終わりました。大体3時間くらいかかったかなと思います。
ミュージアムショップでお買い物をして、次なる目的地へ向かいます。

Grill23というとってもおしゃれなお店で夕食を頂いたあとは、本日のメイン、ボストン交響楽団の演奏を聴くために、シンフォニーフォールへ向かいます。

もともとクラシックは好きでよく聴いているのだけど、生演奏というものを一度も聴いたことが無かったので、とても楽しみでした。さらに、ボストン交響楽団といえば、以前小澤征爾さんが指揮をしていたことでも有名ですよね。

簡単な荷物チェックを終えて、ホールに入場します。

クリックすると元のサイズで表示します

美しい…。こんなホールで聴けるなんて。
係の人に席まで案内してもらいます。ん?なにやらどんどん前に進んでいきます。
そして到着したのは、なんと一番前の席!なんという贅沢。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じで、すぐ目の前で演奏している人の様子や指揮者の様子を見ることができます。
すごい…。

開演前にギフトショップでお買い物をして準備万端。
演奏開始を待ちます。
今日の演目は「ハイドン交響曲第93番」と「エルガー、『エニグマ』」でした。

どちらもこの日のために予習してあります。

ついに指揮者が登場。拍手が沸き起こります。
そして演奏開始。

生演奏の音が、振動となって身体全身に向かってきます。それを全て受けとめる。
音だけではなく、演奏している人が笑ったり、一緒に息を合わせている様子や動きも「生」で見ることができました。こういうのが、生演奏を聴くことの醍醐味なんだろうなぁと感じました。

素晴らしい。本当に素晴らしかった。
1時間半があっという間に過ぎ去っていきました。
今日という日が忘れられない日となりました。

本当はもっともっと色々と書きたいのだけど、そうなるとかなりの分量になっちゃうし、今日はそんな体力も残っていないので、この辺にしておきます。
とにかく素晴らしかった。その一言に尽きます。

この感動を胸に、明日いよいよ日本に帰ります。

あぁ、荷造りしなきゃ…!
1

2018/11/3

Lobster  

11月1日は、ハーバード大学の教授とともにカンファレンスでした。
カンファレンスは英語でやらなければならなかったので、とても大変でしたが、非常に学びの多いものとなりました。

めちゃめちゃ頭を使ったあとは、やっぱりお腹がすきます。

この日は、大学近くのLegal Sea Foodというお店で、教授も一緒に夕食を頂きました。
ボストンは東海岸に面した都市なので、シーフードが新鮮でおいしいことで知られています。

すでにボストンに来てから、何度かシーフードを食べているし、オイスターも食べてはいたのだけれど、今日も今日とてオイスターをいただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

う〜ん。うまし!

そして、今日のメインはロブスター!

クリックすると元のサイズで表示します

見てください、これ。これで一番小さいサイズというから驚きです。
ただ、教授曰く、小さい方が身が引き締まって、うまみが凝縮されているんだとか。
さっそくいただきます。

うまい!

すばらしい味でした。溶かしたバターも添えてあったんだけど、それをつけなくても十分おいしい味でした。

他にも海老やらイカやらたくさん出てきて、もはや満腹。
アメリカに来てから、明らかに食べ過ぎています…。
まぁ、今しかないから、食べるのだけど。

今日も素晴らしい一日でした。

明日はいよいよボストン滞在の最終日。
早いなぁ…。

明日は文化的な一日になりそうです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ