2019/4/21

パリジャンとパリジェンヌ  

昨日は、いつもより早く仕事が終わった。
けれど、別件の仕事でちょっとめんどくさいことがあって、そのまま家に帰るのもなんだか癪だったので、帰り道にある一軒のレストランで夕飯を食べることにした。

久しぶりの外食だ。

金曜日ではあったものの、お店に着いたのが18:30頃だったので、待つこともなくスムーズに席まで案内された。

欧米から旅行でやってきたであろう老夫婦の隣の席だった。

店員は他の客にするとの同様の流れで僕にメニューを渡すけれど、僕がこの店で注文するのは、決まってその店1番人気のハンバーグステーキなので、メニューは開かずに、「ハンバーグステーキとライスをください」とその店員に告げる。

店員は「少々お待ちください」と、これまた毎日言っているであろう台詞を残して去っていく。

それからしばらくは「待ち」の時間だ。

隣の席に目をやると、老夫婦は既に食事を終えたのか、机の上には空になったデザートのお皿とワイングラスが2つあるだけだった。
「夕食早いなぁ」なんて、どうでもいい感想が僕の頭の中に沸き起こってくる。

聴こえてくる会話に耳を傾けると、言葉のイントネーションからして、どうやら二人はフランス人らしいことがわかった。 けれど、フランス語なんて、大学生のときにちょこっとだけかじっただけだったから、話の内容は全くわからなかった。

ノートルダム大聖堂の火事。
あのニュースを耳にしたとき、なんとも言えない寂しさと同時に、六年前に大聖堂を訪れた時の記憶が蘇ってきたっけ。

そうやって思いを巡らせているうちに、それなりの時間が経過したのか、さっきとは別の店員が「お待たせいたしました」と言って、熱々の鉄板とライスを持ってきた。

ナイフとフォークを手にして、目の前に置かれたできたてのハンバーグを食べようとしたとき、隣の老夫婦の視線が僕の手元に集まっていることに気づく。

ハンバーグはホイル焼きにされていて、アルミホイルが蒸気で大きく膨れあがっているので、外から見ると、まるで僕が巨大なアルミホイルの塊を食べようとしているようにも見える。だから、二人が視線を奪われるのも無理はない。

二人の視線に気づいた僕は、「どうも」という意味をこめて微笑みかける。
よく欧米の人は出会い頭に目が合うと、たとえ知らない人であっても微笑みかけると思うのだけど、このときの僕はそれと同じノリで微笑みかけた。

すると、その非言語的なコミュニケーションによって、こいつは話しかけられるやつだと思われたのか、

「どうやって食べるんだ?中に何が入っているんだ?」

と、Monsieurが興味深々で僕に問いかける。
とっさのことで、僕はどう答えていいかも分からず、とりあえずアルミホイルを切り開いて中を見せる。
中にはたっぷりのデミグラスソースのかかったハンバーグが、でんと腰を下ろしていた。美味しそうだ。

Monsieurは、続けざまに

「肉か(La viande?)?」

と言うので、僕は思わず "Oui, oui!" とフランス語で返事をすると、今度は、こいつはフランス語が喋れるぞ!と思われたのか、「何の肉だ?」「どこの肉だ?」など、矢継ぎ早に語りかけてくる。

言葉の通じない国で、自国の言葉を理解する人に出会えた時の喜びと安心がいかほどかということは、僕も体験的によくわかるので、まぁ無理もないよなぁなんて思いながらも、語られる内容のほとんどを理解できないので、どうしようかなぁとも思いながら、とりあえず必死にMonsieurの言葉に耳を傾けていた。

すると、Madameの方が少しずつ英語を織り交ぜて話してくれるようになった。
僕も、ちょっと話の内容がわかったということもあって、ノートルダムの火事に心を痛めたことや、六年前に二週間ほどフランスに行ったことなど、拙い英語となけなしのフランス語を織り交ぜながら話してみる。

少しずつ会話が広がっていく。
ハンバーグは未だ僕の前に居座ったままだ。

それから数分、なんとも言えない楽しい時間が流れた。
二人は、「冷めちゃうから、私たちに気にせず食べなさい」と言うものの、どんどんと話しかけてくる。
彼らも2週間ほど日本を訪れているようで、東京に行った後、ここに来たらしい。

「この辺で刺身を食べられる店はないか?」

会話も終盤に差し掛かったとき、こう問われた。
けれど、刺身の美味しい店なんて知らないし、そもそも近くに海のないこの土地でおいしい刺身を食べること自体に無理があるよなぁと思いながらも、Google先生の力を借りて、適当に近くにあった店を教える。

「ここに書いてくれ」

そういって、Monsieurがボールペンと紙を僕に手渡す。

「ありがとう。行ってみるよ」

店の名前と簡単な地図を書いて渡すと、こう返ってきた。
こちらは行ったこともない店を適当に教えただけなのだけど(よく考えると、相当失礼なことをしてると思うのだけど)、なぜだか二人にはやけに気に入られたようだった。


「それじゃぁ、私たちはそろそろ行くけど、また今度はパリで会いましょう」
「冷えちゃうから、早く食べなさい」

そういうと、彼らは席を立つ。

別れ際に、メールアドレスを聞かれたので、お互いの連絡先を交換する。
なぜだろう、全く抵抗がなかった。

ついさっきまでは、仕事へのイライラを感じていたはずなのに、彼らが去ったあと、パリに行ったら何をしようか、と考える自分がそこにいた。

人間の気持ちとは不思議なものだ。


ひょんなことから、また一つ、僕の向かうべき場所が増えた。
今度はどこの航空会社で飛ぼうかしら。


目の前に優雅に居座るハンバーグは、まさに食べ頃の温度になっていた。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ