こちらのページは2005年4月から2010年1月までの記録です。見にきて頂きありがとうございます。 沢山の絵と写真がはいっています。 中身を覗いてください。
散り行く桜に想いをこめて。  

クリックすると元のサイズで表示します 紀貫之の歌を

 桜花散りぬる風のなごりには
 水なき空に波ぞたちける


 あぁ、桜も散り行く今日の日に、
道に、散った桜の花びらをそっと拾って、季節の流れを感じています。
 てな訳で、こんな詩を書いてみたくなりました。

 絵は、散った桜を表現してみたんですが、判っていただけましたでしょうか。

 散り行く桜を惜しみながら、次の花を期待している私って…
ブログランキング登録中。桜を惜しんでいる方、これから咲く桜を心待ちにしているかたも、ぜひワンクリックお願いします。
0




AutoPage最新お知らせ