風に誘われ


花も鳥も風景もと何でも屋でごちゃ混ぜが整理つかなくなってきました
花は花、鳥は鳥で別のブログに分けました

自然の恵みに感謝の日々をつづります

 
日が照れば日に憩う 風吹けば風と語らい 雨降れば雨に戯れ これでいいのだ

カレンダー

2018
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

検索



このブログを検索

最近の投稿画像

最近の投稿画像
9/29 鳥撮りの日々(大阪…

最近の投稿画像
9/25 ことの葉遊び(彼岸…

最近の投稿画像
9/22 白内障手術

最近の投稿画像
9/19 想定外

最近の投稿画像
9/14 我が町探訪

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

想定外

人間は愚かな生き物だ
自然災害が起きる度に想定外だと言う
市井の凡人が口にするのは当たり前として、それを専門に飯を食い、世間並以上の生活をしている人の口から出れば違和感を覚える
後講釈は簡単なことであるが、それを飯の種にしている人もおり、ややこしいことであるが、事が起きないと分からないほど自然は不可解だとは言える
一度起きたことも他山の石としない無関心から起きる災害も多々発生している
想定外と言う言葉は便利で有るが、一度経験したことに想定外は如何なものか
福島で起きた事は地震ではあるが、海水がもたらした災害であり、今回の関空の孤立も同じ海水がもたらした災害である
批評家は地盤沈下を言うが、津波が想定外だったと言うのと同じで、単に防潮堤を高くすれば解決となりにくいのではなかろうか
地下室の浸水で機能麻痺は何処でも起きうることで、今回の関空のように想定外で済まないケースも起きうる
かく言う我が家も、小川と言って良いくらいの細い川だが、南北2つの川に挟まれている

クリックすると元のサイズで表示します

約50年水害は起きてないことゆえ、洪水も浸水も起きないだろうと何の策も施していません
岡山の真備町ではまさかとたかをくっていて多くの人が犠牲になった
正に私も同じことで、嫁さんが心配しても大丈夫だと相手にしていませんでした

クリックすると元のサイズで表示します

想定外では済まされない我が身の事ゆえ、豪雨に備えて土嚢と避難所図の掲示位の備えはしなければならないだろう
問題は土嚢の置き場である
中位のレジブクロで20袋は必要となり、1袋5kgで100kgの土が要ることになる
プランター菜園を半分に減らして、プランター1つに20kgの土として5個有れば間に合うでしょう
普段は庭の片隅に積み上げておいて、豪雨警報が出て、非難勧告が発令されてから土嚢作りをしてもなんとか間に合うだろう
当地は北に標高600m程の山が有り、南は10数km先が大阪湾で、平均的にはなだらかな下りの地形ゆえ、真備町のような大冠水とはなりえないだろうが、これが想定外となればもう世は終わりだ
(注)テレビでダンボール箱で土嚢代わりになるってやっていました


我が家の庭の居候

(ルリシジミ?)

分布 ほぼ日本全土

大きさ 約12〜19mmと個体差が有る


模様がはっきりせず確定出来ませんでした
散水後に吸水にやって来ました
小さな庭も注意して見ると小さな世界が有るもんです

クリックすると元のサイズで表示します
2
投稿者:我太郎
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ