風に誘われ


花も鳥も風景もと何でも屋でごちゃ混ぜが整理つかなくなってきました
花は花、鳥は鳥で別のブログに分けました

自然の恵みに感謝の日々をつづります

 
日が照れば日に憩う 風吹けば風と語らい 雨降れば雨に戯れ これでいいのだ

カレンダー

2018
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

検索



このブログを検索

最近の投稿画像

最近の投稿画像
10/20 我が遊び場の彼岸花

最近の投稿画像
10/19 我が遊び場の彼岸花

最近の投稿画像
9/29 鳥撮りの日々(大阪…

最近の投稿画像
9/25 ことの葉遊び(彼岸…

最近の投稿画像
9/22 白内障手術

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

鳥撮りの日々(大阪城公園)

台風21号の影響で大阪城公園の鳥撮りフィールドは大打撃を受け、ほとんどのゾーンが主要通路意外は立ち入り禁止となりました
流石に観光名所ゆえ他の都市公園より対応は素早く、徐々に立入禁止区域が解放され、9月18日行って来ました
お城に着いたのは午後1時頃になり、お城の鳥撮りフィールドを全部チェックして回ると、4km位歩かないとならず、今の私には無理で半分がやっとです
よって情報収集がそ日の鳥果を左右します
鳥が多いと人も多く、あちこちから情報をもらえて効率良い鳥撮りが出来ました

(キビタキ♀)

大抵野鳥は♀が地味です
ゆえに♀はあまり人気が有りません

大きさ 約14cmでスズメと同じ位

クリックすると元のサイズで表示します

(キビタキ♂)

お馴染みさんが見つけてくれました
色付きと言われて綺麗な鳥で、良く目立つので目が悪い私でも撮り易い鳥の1種です
ただ♀より♂の方が臆病で、広範囲を良く飛び回りその点では撮り難い鳥です

クリックすると元のサイズで表示します

(オオルリ♂)

約16cmとキビタキより一回り大きい

当地の低山でも繁殖し、山に行けば夏中いますが、好む所が決まっていて、何処で繁殖しているかの情報は普通極秘ゆえ、山で撮るより都市公園の方が撮り易い
後ろ向きが悩ましいですが、運が無かったと言うことでまた頑張ります

クリックすると元のサイズで表示します

(オオルリ♂若)

今年生まれの初々しい若鳥です
この時期にしか撮れないので今年も撮れて良かった

クリックすると元のサイズで表示します

(オオルリ♀)

キビタキの♀と似て見分け難いです
キビタキより一回り大きいので、一緒におれば判別できますが、一緒にいることは稀で、動きも早く頭を悩ます場合が多い
この個体は愛想良く良いモデルさんやってくれました

クリックすると元のサイズで表示します

(ツツドリ)

大きさは約33cmとキジバト位です
当地は初夏の渡りと秋の渡りの途中で短期間観察されるだけで、ゆえに人気の鳥でこの日もお城に行った皆さんが狭いポイントに集まる、属に言うお祭りになりました
割り込む隙も無く、隣りの人はバンンバンシャッター押しているのに、私の位置からは姿も見えません
お隣さんが撮り飽きてポイントを譲ってくれてやっと撮れました
ポイントが限られる場合は、お互いに譲り合い和やかに鳥撮りを楽しむことが出来ました

クリックすると元のサイズで表示します

大阪城公園には多くの彼岸花が咲きますが、今年は台風の影響で森に入れなく、彼岸花好きには淋しい限りでした

クリックすると元のサイズで表示します
2
投稿者:我太郎

ことの葉遊び(彼岸花)

♂ 川の彼岸花の様子を見に行ってくらあ 

♀ 帰りにジンジャエール買って来て

♂ ジンジャなんて何に使うんよ

♀ 鶏肉の料理に要るんよ

♂ 分かった、お寺に寄ってからジンジャ買うわ

♀ 何をバカ言ってんのよ、お寺なんてまだ御用有りません、早く行きなさい!

♂ はぁぁ〜い

ジンジャーエールは、鶏の胸肉を柔らかくするのに使うそうです

9月14日、近所の川の彼岸花は未だ蕾でした

この調子だと彼岸前に咲くでしょう(雨で確認に行けません)

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと離れた2級河川ではもう咲いていました
白花が数株有り変種なのか園芸種なのか分かりません

クリックすると元のサイズで表示します

14日に既に黒く枯れた花や、この花のように旬を過ぎて色が褪せていて、写真撮りには少し遅いくらいでした

クリックすると元のサイズで表示します

  彼岸花 何処で撮っても 彼岸花
  
    されどそれぞれ 想い違いし

我が庭の彼岸花が9月19日に咲き始め、撮影は9月20日です
狭い庭ゆえバックのボカシとか、景色を添えて雰囲気を違えることが出来ません
彼岸花の追いかけをやるようにんって直ぐに植えた覚えのない彼岸花が咲きびっくりし、またなんと言う運命の巡り合わせかと感動した物です
園芸店で買った花の土に球根が混じっていたんでしょうね
この花は不思議歯ことに隔年でしか咲きません
2年草なのか、栄養不足なんでしょうかね

クリックすると元のサイズで表示します

毎度2本出て来ます
彼岸は曇り一時雨で撮影に行けませんでした

クリックすると元のサイズで表示します
1
投稿者:我太郎

白内障手術

2年ほど前にドライアイでPCのし過ぎを注意されて、ブログを控えメール交信を止めました
鳥撮りの画像処理は止められず、毎日深夜まで画面とにらめっこで、視力が低下し何時も薄い霧がかかったようなぼやけた見え方になってきました
鳥撮りを止めればPC画面を見る時間は激減するだろうが、好きな鳥撮り止めて何をするだ
16年かかって組み上げた世界を捨てれるわけがなく、ずるずる2年が過ぎた
嫁さんが目が見え難くなって眼科に行ったら、右目が0・2しか見えてなく、白内障の手術をしないと見えなくなると言われて両目の手術をした
無事手術は終わり今は良くなったと言うので、私も診てもらったら2年前より悪くなっているとのことで、白内障の手術を奨められ、躊躇なく手術することにした
正直失敗したらどうしょうとの不安は有ったが、嫁さんがやったんだからと踏ん切りがつきました
右目の手術は10分位で終わり痛みもほとんど感じませんでした
一週間後に左目の手術だったが、手術前3日間瞳孔を開き易くする薬を点眼しないとならないのを忘れていた
手術当日嫁さんから目薬を入れてないの、と言われて大慌て
電話で目薬を入れるのを忘れていた旨伝えると、直ぐに点眼してから来て下さいとのことだった
てっきり手術の日をずらされると思ったが、2番目のはずが最後になりましたが予定通り手術出来ました
あの薬は要らんのかい、よう分からんわ
術後2日は寝る時は眼帯をして、手術した方の目は下にしないように寝て下さいとのことだったが、寝相が悪いので朝起きたら眼帯は外れて枕元に転がっていた
あんなこんなで問題の多い2週間だったが、とにかく順調に推移しているようです
医者からかなり組織が痛んでいるが、右目を怪我したことはないかと聞かれた
怪我はしたことが無く、目を使う職業で現役時代から目は悪かった旨伝えた
以後その件については何も説明が無く、気にはなりますが成り行き任せしか無いでしょう
視力安定に1〜3か月かかるそうで、それまで眼鏡は使えません
遠くが綺麗に見えるようになりましたが、手元がさっぱり見えません
新聞もスマホもボケて読めなくなりました
えらいこちゃで医者に聞いたら、老眼鏡を渡されました
外では裸眼、内では老眼鏡の日々が続きます
問題は鳥撮りなんです
遠くは良く見えるようになって、鳥を見つけやすくなりましたが、撮影してモニターで写り具合を確認するのに老眼鏡が要ります
一々つけたり外したりが面倒で早く眼鏡を買い換えたいです

9月15日の鳥撮り

(オオタカ)

分布 南西・南方諸島を除く全域

大きさ 雄の全長約50cm、雌の全長約60cm

昆陽池公園には毎年秋になるとオオタカが棲みつくようになり、今年も既に居ついています
この画像で約150m位離れていますが、目が良い人は肉眼で見えています
手術前の私にはこれでは何にも見えなかったのですが、手術後は双眼鏡で止まっている木を確認すれば、裸眼でもあれかと分かるようになりました(オオタカは腹が白いので見え易い)

クリックすると元のサイズで表示します

1.0以上見えている人ならこの程度に見えているようです(30%カットです)

クリックすると元のサイズで表示します

余分な部分を50%カット(トリミンング)してこんなもんです
都会の自然が少ない所でもタカが棲んでいることをご存知ですか
オオタカは一時絶滅危惧種に指定されていましたが、近年個体数が増えて絶滅危惧種の指定を取り消しています

クリックすると元のサイズで表示します

3
投稿者:我太郎

想定外

人間は愚かな生き物だ
自然災害が起きる度に想定外だと言う
市井の凡人が口にするのは当たり前として、それを専門に飯を食い、世間並以上の生活をしている人の口から出れば違和感を覚える
後講釈は簡単なことであるが、それを飯の種にしている人もおり、ややこしいことであるが、事が起きないと分からないほど自然は不可解だとは言える
一度起きたことも他山の石としない無関心から起きる災害も多々発生している
想定外と言う言葉は便利で有るが、一度経験したことに想定外は如何なものか
福島で起きた事は地震ではあるが、海水がもたらした災害であり、今回の関空の孤立も同じ海水がもたらした災害である
批評家は地盤沈下を言うが、津波が想定外だったと言うのと同じで、単に防潮堤を高くすれば解決となりにくいのではなかろうか
地下室の浸水で機能麻痺は何処でも起きうることで、今回の関空のように想定外で済まないケースも起きうる
かく言う我が家も、小川と言って良いくらいの細い川だが、南北2つの川に挟まれている

クリックすると元のサイズで表示します

約50年水害は起きてないことゆえ、洪水も浸水も起きないだろうと何の策も施していません
岡山の真備町ではまさかとたかをくっていて多くの人が犠牲になった
正に私も同じことで、嫁さんが心配しても大丈夫だと相手にしていませんでした

クリックすると元のサイズで表示します

想定外では済まされない我が身の事ゆえ、豪雨に備えて土嚢と避難所図の掲示位の備えはしなければならないだろう
問題は土嚢の置き場である
中位のレジブクロで20袋は必要となり、1袋5kgで100kgの土が要ることになる
プランター菜園を半分に減らして、プランター1つに20kgの土として5個有れば間に合うでしょう
普段は庭の片隅に積み上げておいて、豪雨警報が出て、非難勧告が発令されてから土嚢作りをしてもなんとか間に合うだろう
当地は北に標高600m程の山が有り、南は10数km先が大阪湾で、平均的にはなだらかな下りの地形ゆえ、真備町のような大冠水とはなりえないだろうが、これが想定外となればもう世は終わりだ
(注)テレビでダンボール箱で土嚢代わりになるってやっていました


我が家の庭の居候

(ルリシジミ?)

分布 ほぼ日本全土

大きさ 約12〜19mmと個体差が有る


模様がはっきりせず確定出来ませんでした
散水後に吸水にやって来ました
小さな庭も注意して見ると小さな世界が有るもんです

クリックすると元のサイズで表示します
2
投稿者:我太郎

我が町探訪

昭和40年に伊丹市の西の外れに有った社宅に居を構えた
周囲は田んぼだらけで、ゴールデンウィークに引っ越したもので、田植えが終るか終わらない時ゆえ夜通し蛙の大合唱に悩まされた
いつしか慣れたと思ったら、大阪万博の為に国道の拡幅で近くに付け換えられ、また車の騒音で睡眠不足に悩まされた
おまけに究め付はジャンボジェット機航空機騒音だった
親戚を呼んだら異口同音にこんな所によく住めるなであった
このブログでも物干し竿で叩き落としたいと話題にしたことがある
人間の環境適応力はそんなこんなを何時しか解消してくれ、ジャンボジェット機は飛ばなくなったこともあるが、50年以上住んでいます
台風21号被害ががどうだったか野次馬根性出して、日ごろ行くことの無い集落の細い道に入って行きました
主要道路の信号は故障して3日ほど大きな交差点だけ警察官が誘導して、他は無信号で自己責任でした
なぜか9月10日にまだ故障していて、発発(自家発電機)で対応していました
夜店でこんなんよく見ますよね

クリックすると元のサイズで表示します

昔田んぼだった痕跡があちこち残っています
郷愁を呼ぶ石畳、生活道路だったんでしょう

クリックすると元のサイズで表示します

時代が変わり、環境が変わっても、お地蔵さんは残っていますね
誰が維持しているんだろう

クリックすると元のサイズで表示します

農業水路
田んぼはほとんど宅地化されて、昔の面影はありませんが、とうとうと流れる水は今も変わらない水量です
これだけの水が必要な田んぼが有ったと言うことです

クリックすると元のサイズで表示します

少ないながら旧家がまだ残っています
水路を渡るための石橋が今も利用できる状態です(使っているのかは?>

クリックすると元のサイズで表示します

上の橋の家なのか、まだ田んぼが残っていました

クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:我太郎

秋霖

 雨降れば雨と戯れ

   降り過ぎじゃ〜

 風吹けば風と語らい

   吹き過ぎじゃ〜

 夏の暑さにも負けず

   もう負そうじゃ

 丈夫な体を持ち

  何とか 元気じゃ

秋の長雨も今年は降り過ぎて何度も大雨警報が発令された
降らねば降らないで困ったもんで、降れば降ったでもっと困ったことになる
何事もほどほどに願いたいものである
暇でわが庭で暇つぶし

 秋霖に 頭を垂れて 吾亦紅

   我に代わりて 謝りたるか

♪あなたに 謝りたくて

彼岸が近づくと墓参りにも帰らない自責の念に駆られるが、心で詫びるしかない

クリックすると元のサイズで表示します

水滴に映る小さな世界
バックが悪くなんじゃこりゃでした

クリックすると元のサイズで表示します

難を転じる南天、なぜか実が少ししか生らないのが難点です

クリックすると元のサイズで表示します

風邪予防にと植えたキンカン
気が大きくなりすぎてそろそろ処分せんならんかな

クリックすると元のサイズで表示します

ギボウシの自分だけにしか分からない小さな世界

クリックすると元のサイズで表示します
2
投稿者:我太郎

台風21号

台風21号で被災された皆様にお見舞い申しあげます
不幸にも犠牲になられた方の冥福を心よりお祈りいたします


何の災害も怖いものではあるが、台風ほぼ事前に予測出来るだけ、地震より対応し易くましである
台風21号は徳島県南部に近づきだして、関西は影響を免れないとの予報に、塀の上のプランターを下ろしたり、物干し竿を紐で固定したり、全部の雨戸を閉めて、庭の花は棒杭で縛りつけ、ガレージの屋根や自転車は午後からロープで飛ばされないように補強した
その後神戸市付近に再上陸して肝を冷やした
築40年ほどになり、阪神淡路大震災て半壊し、最後の屋根の補修がこの6月に終わったばかりで、強風に家が揺れる度に恐怖を感じた
過去何度か直撃を受けている台風にないことだった
当地はほぼ台風の目の通過で、ほとんど被害は無いようだったが、大阪、三重、滋賀、愛知の4府県で計11人が死亡し、我が遊び場の大阪城公園の荒れようは、長年観察をしてきた方が、森が変わって今何処に居るのか分からなくなった、と言うくらい大木の倒壊で様相が変わってしまったとブログにアップしていました
我が遊び場の公園がどんな状況なのか気になって、5日夕方確認に行ったら、あちこちの倒木のため公園内立入禁止となっていた
秋の渡りが本格化する時期ゆえ早い開園を願っています

いずれも9月5日午後3時頃撮影

(伊丹市昆陽池公園)

クリックすると元のサイズで表示します

西入り口の様相です

クリックすると元のサイズで表示します

ふるさと小径と言われる散策路で、この公園随一の野鳥観察ポイントですが、倒木が道に覆い被さって、伐採運び出しには数日かかるでしょう
園内あちこちでこんな状況でした

クリックすると元のサイズで表示します

今年3月にカラスが鳥インフルエンザで大量死した時も公園内立入禁止となり、開園まで約1カ月半かかりましたが、今回は倒木の撤去ゆえ数日で開園されると思っています

クリックすると元のサイズで表示します

東側散策路は公園の外周道路で立ち入り禁止となっておらず、唯一オニバス池には立ち入れました
ここも左右の木が折れて、強風の力をまざまざと見せつけれれる思いでした

池の右側の木

クリックすると元のサイズで表示します

左側の木

クリックすると元のサイズで表示します

すぐ側のハナミズキの木がこけていました
引き起こして手当すれば助かりそうです

クリックすると元のサイズで表示します

カワセミは普通に見れる鳥ですが、何時でもは見れません
何カ所かナワバリを持っていて、パトロールしながら餌を獲っています

クリックすると元のサイズで表示します

池の様子を眺めてぼけ〜と2時間ほど過ごし、カワセミが2回やって来ましたが、餌は獲らずパトロールだったようで、2回共直ぐにす飛んで行ってしまいました

クリックすると元のサイズで表示します

(チュウサギ)

まとめて白鷺と言われ、昆陽池には大きい順に、ダイサギ、チュウサギ、コサギといます
あの強風に野鳥は何処へ避難していたんだろう

クリックすると元のサイズで表示します
2
投稿者:我太郎

吾亦紅

  我が庭で 移ろい告げし 吾亦紅

    謝る母は 郷に眠りし

すぎもとまさとの「吾亦紅」が大ヒットし、山野草に興味の無い人もワレモコウがどんな花か知ったのではないでしょうか
「われもまた紅なりとひそやかに」を意味する「亦」を「も」と読み、「吾亦紅」と書くのが現代では一般的である
植物名表記は普通カタカナであるが、文章においては漢字表記の方がしっくりくることが多い
歌では山裾の故郷に墓参りすることになっているが、我が身は故郷を捨てて謝りにも帰れない
望郷の念はさらさら無いが、親の墓にも参らない親不孝には心が痛みます

クリックすると元のサイズで表示します

このワレモコウは、2次元世界のお付き合いから、意気投合し3次元でのお付き合いをして頂いている友から贈られた物です
8月28日今年の1番花が咲きました

クリックすると元のサイズで表示します

命名の由来には諸説有りよく分かりませんが、ネットカンニングで諸説ある中の1つ、高浜虚子が「我もまた紅なりとひそやかに」という詩に詠んだからという説が有り、「ひそやかに」に共感しました
左下隅に2番花、3番花候補が写っています

クリックすると元のサイズで表示します

奇しくもこの日の夕焼けは、大好きな色に染まってくれました
気が付いて走っていたのでは間に合いません
我が家のベランダからで、何とも電線が悩ましいですが、まるで母が同じ喜びで見ていてくれているような気がした夕焼けでした

クリックすると元のサイズで表示します

9月2日、2番花が咲いていました

クリックすると元のサイズで表示します

1番も2番も同じ株から茎わかれして咲いた花ゆえ、興味無い人にすればお同じでしょうが、当事者にとっては気持ちの持ち方が違います
里山に走れなくなった今、まことに有り難いことで、ご無沙汰の友に近々会いたいものだと思っています

クリックすると元のサイズで表示します
2
投稿者:我太郎
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ