焼酎BAR 晃

OPEN19:00〜25:00 三重県四日市市西新地8-1 ダイヤモンドビル2F
3月の休業日予定 5日・12日・19日・26日    知恵がある奴は知恵を出そう  力がある奴は力をだそう   金がある奴は金を出そう   『自分は何にも出せないよ・・』っていう奴は 元気出せ
やっとできました^_^;  

 え〜〜久しぶりの更新です 9月はヒマヒマナイトが多く参りました〜

 で、以前から考えはあったのですがホームページの作成にトライしてました

 モチロン業者に出すのではなく無料サイトでの公開を目指しました

 探してますと多数のサイトが有りますね〜〜〜こりゃ簡単だわ!

 ・・・そう思いましたがイザ始めるとこれがケッコウややこしい!

 説明は書いてありますが用語の意味が判らない・・・なんじゃこりゃ?

 自分10年前にはパソコン使う仕事に居たのですが完全に素人状態(ーー;)

 遊びでホームページ作った覚えが有るのですがお手上げ状態が3日続きました

 とりあえずトップページを作るのに3日間アレコレいじくりまわしてました

 ほんと一つ一つ手探りでしたね〜〜まだ完全に使いこなしてませんが

 公開までこぎつけました(*^^)v モチロンまだまだ書き足さないとダメですが

 マイペースでやっていきます。ブログとは違う店の営業を中心になるかな〜

 イベントや新着の焼酎の紹介もホームページで上げていきたいです

 http://syoutyu-kou.rakurakuhp.net/ 此方がアドレスです

 よかったら覗いてください。そしていろんなご意見を頂けませんか?

 今の形が完成形ではありません。ドンドン変えていきたいですね〜

 
0

酔っ払いの独り言・・・  

 あ〜〜ヒマですね〜何時?11時過ぎですか・・・誰も居ないですね〜

 まぁ3連休の最終日で雨降りですからヒマだとはおもいましたけどね・・・

 開店して一人のお客さんがみえて〜ソレっきりちゅうのは〜どう?

 で、次のお客さん来たと思ったら「パチンコで負けた〜〜金貸して♪」

 ・・・・丁寧にお断りしましたよ〜〜はい。怒らずにね、丁寧に!

 こんな夜は神様がオマエも呑めと言ってんだよな〜〜呑んじゃいましょう!

 ツマミも突出しが売るほどあるしさ〜焼酎も売るほど有るし!呑んじゃお!

 カウンターに用意してと・・・さて何呑もうかな〜ココは好きな「田倉」で

 ツマミ突出しだけじゃ〜味気ないよね・・・赤魚の粕漬け焼きましょ♪

 ま〜〜男一人の店だからもともと色気は無いけど〜こんな夜は一人酒がイイね

 お客さんに「お湯で割ると旨いです♪」て言ってる自分が面倒だからロックて

 矛盾してるかな・・・・ま〜一人なんだし!いいじゃん〜〜呑もっと♪

 それに〜「田倉」ならロックが呑みやすいしね〜〜♪ねっ!・・・誰に確認?

 焼けたかな〜〜おっ!いい具合に焼けましたよ〜〜お客さんにもコレぐらいに

 出さなきゃ〜〜ホント。・・・いや、普段もちゃんと焼いてますから!

 う〜〜〜ん!旨いよね〜〜「田倉」 この生の芋の甘さちゅか〜後味が好き♪

 さて〜次はナニを呑もうかな〜〜〜「日南娘」か・・・コレにしましょ!

 このネーミング〜いいよね〜〜♪ナニがいいのか?・・・氷〜氷と・・・

 魚も美味しいな〜〜白身で味付けもイイ塩梅やし♪粕漬けってエライ!

 「日南娘」旨いっす!スッーと入っていきますね〜〜もう一杯同じにっと♪

 突出しも旨いじゃん〜〜♪ 伊達に一人で長い事いませんよ〜〜家事ぐらい

 やってましたからね〜〜誰に言ってる?独り言が出るとアブナイよね・・・

 ・・・・(-_-)zzz


 この人がこのまま2時間寝てたのはホントです〜内容はフィクション・・かな? 
0

短期研修です♪まぐろラーメン!  あちらこちら〜

 2日午前中は白石酒造の社長さんのお話や仕込み中の蔵を拝見させてもらい

 お昼にはメッチャ気になってた「まぐろラーメン」を食べに行きました!

         クリックすると元のサイズで表示します

 現在串木野市では観光・町興しの目玉商品として「まぐろラーメン」を

 アピールしてるそうです。訪れたお店にも「串木野市観光協会」の文字が

 白石さんが「晃さん食欲大丈夫ですよね?」と聞かれるので「大丈夫です」と

 で注文を白石さんにお任せで頼まれたのが「まぐろラーメン茶漬けセット」と

 「まぐろ餃子」・・・・茶漬けセット?ラーメンとお茶漬けって・・・・?

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

         左「まぐろラーメン」と右「まぐろ餃子」

 「まぐろラーメン」のスープはあっさり半透明の醤油味。まぐろ・野菜などで

 取ったスープと鰹・昆布などの白ダシをブレンドしたものが使われてるそうで

 自分東海の人間には違和感なく呑めました。まぐろはヅケにしてあり出てきた

 時は生で赤色ですがスープの熱さで色も変わりなかなかいけました♪

 思ったほど生臭くなかったですよ〜好みでとワサビも付いてきます。

 「まぐろ餃子」は赤身を使ったモノなのですがニンニクの味が強かったかな〜

 で茶漬けってどんなんかな〜〜?

           クリックすると元のサイズで表示します

 ・・・つまり〜まぐろラーメンを食べ終わった後にワサビとアラレ・海苔と

 ご飯を入れてお茶漬けのように食べるらしい・・・ラーメンライスじゃん!

 でもコレはこれで美味しかったです(*^^)v まぐろの頭から出る出汁って

 なかなかバカに出来ませんよね〜ご馳走様でした


 午後からは同じ地区にある大和桜酒造さんにお話を伺える事になり感激です!

 店始めたときから「大和桜」が好きでラインナップに入れてたんです。

 近くに有ることは知っていましたが突然お邪魔するのは無理だと思ってたのが

 「電話したらみえましたの行きますか?」と白石さん。ラッキ〜〜〜!

 白石酒造さんから歩いて5・6分のところでした〜まだ仕込みに入ってないので

 蔵は静かでしたが緊張感いうのか始まる前の緊張感のような空気がありました

 大和桜の若松社長と息子さんがお見えになり蔵を見ながらお話を伺えました

 息子の徹幹さんは以前東京で広告代理店に勤めてたそうです。「大和桜ヒカリ」

 のラベルの考案者なのも頷けますね〜前掛けをイメージさせるラベルは今まで

 無かったデザインです。そんなクリエートな仕事されてた徹幹さんが戻られて

 「大和桜」は変ったのか言うとやはり昔のままの味を追い求められています

 昔からの技法で昔の味を伝えてゆく モチロン味の進化は試みられています

 「大和桜ヒカリ」や「大和桜紅芋」などがそうです。昔ながらにこだわって

 いるのではなく昔からコノやり方だったものをそのまま行っているだけ・・・

 簡単そうで中々出来る事では無いです。同じ行程なら機械化できるところも

 昔ながらに手作業で行われてるそうです 石室も区画整理で移動するときに

 そのままバラして持ってきて同じ物で組み立てたそうです 昔のままでやる

 お話を聞いてて改めて伺えた事に感謝しました 生の声を聞かないと伝わらない

 モノを今回自分は得る事ができたように思いました。若松社長・徹幹さん親子に

 出会えた事は今回の研修で一番の成果だと思っています。有難う御座いました!

 
 今回も貴史さんに鹿児島空港まで送っていただきました。毎度スイマセン!

 短い研修でしたが新たな出会い有りの研修でした♪机上の知識ではない

 生の情報・知識はやはり現地でしか得られないものです 今回もいろんな人と

 出会えました。いろんな発見や驚きもありました これらをいかにお店で

 お客さんらに伝えるのかがこれからの自分の仕事です!

 今回お世話になった全ての方〜有難う御座いました感謝!
0

短期研修です♪白石酒造さん1  あちらこちら〜

 2日も朝6時半に起床 7時半には鹿児島中央駅に向ってます(^^♪

 串木野いちきにあります白石酒造さんへ向いました〜JRで約35分

 2回目の訪問です〜今回は仕込みも始まってますから非常に楽しみです!

 貴史さんは商用で昼前に戻るという事で午前中は社長さんにいろんなお話を〜

 焼酎ブームの始まった頃のお話しやそれ以前の焼酎造りの苦労や出来事etc

 普段なかなか聞けないお話を伺えて大変勉強になりました〜有難う御座いました

 貴史さんが戻ってきたので仕込みが始まった蔵に案内していただきました

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

 蒸した米に麹菌をつける石室の中は高温多湿。部屋の中央に大きな棚があり

 そこに蒸したお米に麹菌つける作業行います〜その作業はかなり大変ですね

 写真は麹菌をつけた米を2升づつに分けてそれぞれに積んでいます

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

 左が1次もろみ1日目の甕です ちなみに黒麹です 判りにくいけどブクブク

 が始まってましたよ。右が2日目です かなり元気に酵母が活動してます♪

 ちなみに1次もろみとは 米麹+水+酵母です 約6日間の間に麹菌が

 ブドウ糖を作る作業をしてそのブドウ糖を酵母が食べて増殖していきます

 同時に麹が生成するクエン酸が発生し雑菌の繁殖を防ぎます これにより

 酵母が元気に増えて発酵するのを助けます 
 
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

 左は5日目の1次もろみの甕です 表面には水気が無く酵母がびっしりです

 右の写真は甕の中の温度を下げる為に冷却機を入れている所です

 仕込みの時期はもろみの温度に気を使わないといけません毎回温度を測り

 温度が上がるようであればこのような冷却機を使い温度を下げていきます

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

 6日たったもろみに蒸して粉砕した芋をかけあわせたものが2次もろみです

 左は大きなタンクに1次もろみを入れ始めた所です この時もろみの粒が砕かれ

 ないように使われてるポンプも特殊なモノでした(マヨネーズ工場使用品)

 右はタンクに入った芋と1次もろみをかき回している所です 重労働ですね

 後でこれらのタンクから甕に分けて入れられていき1週間〜10日間発酵です

 いきのイイ大量の酵母が育った1次もろみに主原料の芋をかけることで

 酵母はさらに大量のアルコールを作り出します。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

短期研修です♪丸一最高!  あちらこちら〜

 宇都酒造さんから加世田の戻り1時間半ぐらい酒屋さんでお話を伺いました

 焼酎に対する考え方・その対応etc 大変勉強になりました。

 今現在飲食店においてあまりにも焼酎に対する評価が曖昧ではないのか?

 酒屋さんが勧めるモノだけを鵜呑みにして並べていないか?

 それ以前に自分達が勉強しているのだろうか? etc etc

 やはり先ずは呑んでみて自分が美味しいと思えるのかが大事ですよね!

 「コレ美味しいですよ〜」と呑んでも無いのに言えませんしね

 ましてや美味しいと思えなかったら勧めずらいですよ〜〜やはり^_^;

 周りの意見に左右されずに自分が美味しいと思うものを選んでいきたい

 だって行く店がみんな同じラインナップじゃ面白くないですよね!

 やはり其処には店主の個性いうか〜好みが入って初めて店の味になるのでは

 味の有る店ってそうゆうものじゃ無いでしょうかね〜(*^^)v


 再びバスに乗り鹿児島中央駅まで戻り今夜のホテルに着いたら6時前です

 今夜も天文館で美味しいもの食べたいですね〜〜今夜は魚の気分です♪

 以前マイミクさんから「クビ折れさば」なる物が美味であると聞いてたので

 今回こそは食べるべく魚をメインにしてるお店を探して天文館を歩きました

 ウロウロすること20分 おなかも空いてきました・・・何処でもいいや〜

 と思い出したときに「くびおれさばアリマス」の札が掛かった看板発見!

 雑誌などで有名な「焼酎天国」を通り過ぎてちょっといった所です

 「丸一」という名前のお店です・・・見た目は素っ気無い店構えですが・・・

 これはいけそうな感じがしますよ〜今までの経験からしていけそうな感じ!

 入ってみれば店内はカウンター奥に座敷が有る長細い造りのお店です

 おじちゃん&おばちゃんのお二人でされてました〜頑固そうなおじちゃん♪

 「くび折れサバ頼みたいんですけど〜」でおまかせコースに入ってるし

 お得という事でソレに〜〜3150円也。小鉢3品+刺身盛合わせ+焼き魚

 +魚煮付け+生ビールのセットで全て海鮮モノだそうな・・・でコレが

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
           クリックすると元のサイズで表示します 

       「カメのテ」と「自家製塩辛」と「フカの酢味噌かけ」

 「カメのテ」は白い爪のような部分は食べれず下の部分の皮を外して食べる

 モノで此方では味噌汁の具にも使われるそうです。サッパリした塩味♪

 「塩辛」は自家製らしく烏賊のコリコリした食感が楽しめました〜(*^^)v

 「フカの酢味噌かけ」フカとはサメのことで身を湯がいたものです

 淡白な味わいですが酢味噌とマッチして不思議な甘味が楽しめました〜

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

 刺身はキビナゴと地タコとカツヲとくび折れサバ〜写真ではボリューム感が

 出ませんが結構有りますよ〜アジの干物は半分食べてからの写真ですゴメン!

 くび折れサバは新鮮さを保つために獲れたらすぐ首を折り血抜きをすることから

 こう呼ばれてるそうです サバはゴマサバだそうで脂肪分が少ないために

 身の締まった歯ごたえが満喫できるということ。地元の甘い醤油でパクパク♪

 キビナゴも頭と内臓を取っただけの骨付きをそのまま酢味噌で〜甘い〜♪

 普段食べてた骨を取り開いたモノより此方のほうが美味しいですよ!

 アジの干物は身が大きいですね〜味わいは・・・そんなに変らないかな^^;

         クリックすると元のサイズで表示します

 「カンパチの煮付け」頭の片身を煮付けにしたもので写真で見るよりも

 大きいですよ〜食べでもシッカリ有ります!例の甘い醤油で煮付けてますが

 変に甘ったるく無く皮や唇の部分も美味しくいただけました〜〜(*^^)v

 モチロン途中からは焼酎のお湯割りいただいてます〜銘柄は「さつま一本儀」

 此方の店これしか芋焼酎置いてないんですよね〜圧巻ですね全てこのボトル

 食べてる間店のおじちゃんとお喋りしながらでしたが楽しかった〜〜(^^♪

 「今度きたときはバショウカジキの旨いのだしたる!」アリガタイお言葉〜

 いや〜天文館来る楽しみが増えた夜でした。焼酎3杯と料理で4000円也!
0

短期研修です♪3  あちらこちら〜

 平和会館を出て知覧のバス停から45分ぐらいで加世田です

 今回の研修の大事な目的地がココの酒屋さんです♪お世話になります!

 いろんな考え方が有りますが自分の結論として地元の酒屋さんとの取組が

 自分には合っているのではないかと思い宮崎・鹿児島の両県の酒屋さんに

 お世話になりたいと思いご挨拶に参りました。やはり実際にお会いしないとね

 3月に此方にお邪魔したとき並んでる焼酎見て好きな品揃えだな〜と思い

 もし取引願えたらと考えていました。立地的にも南さつまを廻って行ける場所

 ですしね〜自分は免許持っていませんからバスや電車・JRの路線関係が

 非常に重要になってきますからね〜鹿児島中央駅から加世田は問題無しです

 1時過ぎに社長さんと宇都酒造さんへ伺いました〜生憎急ぎの仕事が有り

 あまり尋智さんとお話が出来ずでしたが酒屋の社長さんに蔵の中を案内して

 頂きました〜やはり勝手知ったるなんとやらで蔵人さんらとも仲が良いです

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


 実はこのブログに3月この宇都酒造さんにお邪魔した記事載せたつもりが

 手違いで抜けてた事が今回判りました!(おそっ!)スイマセン

 で〜前回の記事を改めて此方に書かせていただきます〜(データ残ってた♪)


  3月18日 朝は8時には起床〜〜良く寝ました♪

 8時半にはホテルを出て今日の訪問先「宇都酒造」さんに確認電話♪
 9時に伺うことに〜〜チト早かったかな?ポリポリ f  ̄. ̄*)
 加世田バスターミナルからタクシーで10分位のところです。
 昔は金峰山が一番美しく見える場所だったそうです〜

 宇都酒造の4代目 宇都尋智さんにまずはご挨拶してお話を〜
 尋智さんには去年の京都の会で初めてお会いしました。
 そのとき「金峰」を持っておられたんですが〜彼曰く
 「ウチの焼酎はお湯割りで呑んで欲しい」「呑み飽きない焼酎を
 造っていきたい」この言葉がずっーと頭に残り店に戻ってお湯割り
 試してみました。旨い・・・しかも味が凄く伸びてる!
 それ以降「金峰」「天文館」を店のラインナップに欠かせません。
 今回の鹿児島行きでまずココに一番来たかったですね〜(⌒^⌒)b 

 2枚目のヨカ男ですよね〜〜彼♪どちらか言うと控えめな会話ですが
 焼酎の作りに関する事には信念ちゅうか〜筋が一本入ってます!
 白麹の「天文館」 黒麹の「金峰」これらを軸に味をもっと良くして
 行こうとする姿勢が、もっと造りに対する勉強を進めて行こうとする
 姿勢が 静かながらもアツイ思いがハッキリ伺えました♪
 モチロンそんな彼の焼酎を自分は応援していきたいと思います!
 呑んだ直ぐに芋の甘みが広がり〜そしてサッーと消えてゆく・・・
 食べていても邪魔せず ついつい〜杯がすすむ焼酎。
 インパクトは有ってもでしゃばらずいつまでも呑み飽きない焼酎。
 彼の人柄みたいな焼酎ですよね〜〜(⌒▽⌒)アハハ!

     クリックすると元のサイズで表示します     クリックすると元のサイズで表示します     クリックすると元のサイズで表示します
0

短期研修です♪2  あちらこちら〜

 9月1日5時半には起床!体調も問題なし〜短期研修始まりました♪

 鹿児島中央駅前から知覧行きの始発バスに乗りました〜6時47分!

 今日の午後1時から加世田の酒屋さんにアポ取っていたので午前中に

 以前から行ってみたかった「知覧特攻平和会館」に向かう事に

 1日から学校も始まりましたので高校生で一杯ですね〜約1時間半乗車♪

 最初は市街を走っていましたが段々山の中へ。途中からは海も見えてきます

 で、特攻観音前で下車。料金千円也〜まだ9時の開館まで時間が有るので

 敷地内のベンチで朝飯です(^^♪ さすが鹿児島ミネラルウォータも志布志

        クリックすると元のサイズで表示します

 敷地内には先日映画撮影で使われた攻撃機が展示されてました

      クリックすると元のサイズで表示します

        クリックすると元のサイズで表示します

 現代の戦闘機から比べたら小さな機体ですが当時では機能性抜群な機種です

 ただ機材・原料不足のため装甲が薄く強度の点ではかなり難の有るモノだった

 そんな所にも悲哀の影が日本の戦闘機には有りますね・・・(ーー;)

 もし十分な原料・機材が有ればおそらく太平洋一の戦闘機軍団が組めたろうな〜

 技術・性能もアメリカやイギリスのサンダーボルト&ムスタングに引けを

 取らなかったんですがその軽さと装甲の薄さが命取りでした。無念(-"-)

 9時開館。その目に入るものは歴史の証拠品ばかりでした。やはり目を引くのは

 特攻隊員らの手紙・遺書でした これを書いたのが17歳から26歳までの若人

 綺麗で達筆なその文字で書かれた内容は肉親への最後の言葉。感謝の言葉。

 母親へ 父親へ 兄弟や幼い妹へ 一つも恨みや不満の言葉がありません

 彼らは全国から志願し選ばれた所謂エリート集団だったんです。

 頭脳明晰で強靭な精神・肉体を持つ彼等が何故死ななければならなかったのか

 ソレが戦争だったから仕方ないのでしょうか?死ぬなら年上の者が先には?

 彼らの上官が特攻機に乗った話は聞きません。特攻で飛んで行った者は

 26歳が最年長です・・・守るべきものを守る そのために自分が飛ぶ。

 当然のように彼らは飛び立ったのでしょうね。守るものは祖国であり

 愛する肉親・妻子 尊敬する師 そして天皇陛下・・・

 特攻は強制ではなく本人の志願によるという建前が貫かれていたそうです

 あくまで兵士たちの「自主的自発的な提案」が基礎であるとされていますが

 これは上層部が責任逃れを計ったのではないかとの意見が戦後研究者から

 の意見として出されているそうです。昔も今も上の考える事は・・・(-"-)
0

短期研修です♪1  あちらこちら〜

 8月31日から9月2日までの3日間でしたが鹿児島に行ってきました

 31日日曜日の夕方の飛行機ですので実質2日間の研修です(*^^)v

 四日市からのバスの都合で早めにセントレアに着きノンビリとデッキで

 飛び立つ飛行機や海に浮かぶタンカーなどを眺めていました〜ユッタリ♪

         クリックすると元のサイズで表示します

 夕刻7時前には宿泊地に到着です〜モチロン鹿児島なら「天文館」ですよね!

 前回鹿児島に来たときもお世話になったお店「大野屋 米屋」へGO!

 今回も呑み放題コース付けて食べて呑みました〜〜(V)o¥o(V)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

 鶏から揚げ&キビナゴ唐揚げ&自家製ねぎチャーシュ&日替りオムレツ

 「三岳」を水割りで6杯♪満腹です(*^^)v しめて3100円〜安!

 この日は明日が早いのでこれ以上呑まずに「豚とろ」へ〜〜♪

 軽く〜〜「豚トロラーメン煮卵半熟入り」をチョイス!やはり旨いっす!

         クリックすると元のサイズで表示します

 かなりの満足感覚えつつ一瞬呑みに行こうかと思いながらも今夜は自重。

 明日は駅前を6時47分のバスに乗らないとね〜大人しく12時には睡眠

 明日は6時半には起床です!慣れないベットでは1時間おきに起きるかも・・・
0




AutoPage最新お知らせ