2013/7/24

アメリカンカルチャー  

 こんにちは!タイヤ部藤野店Sです!

 夏本番です。皆さんは、夏をエンジョイしていますか?
北海道は短い夏なので、あっという間に寒くなってしまいます。
海や川、キャンプでのBBQ、最高ですよ。
自分は6月後半に、BBQをしましたが、まだまだやる予定です。

 今回は自分の趣味、アメリカンカルチャーについて
話したいと思います。

 ここ5年前ほどから、アメリカで1950年ぐらいのいわゆる旧車を
板金、塗装、エンジンを乗せ換え、新車みたいにカスタマイズし、
渋く決めたカスタムカーが非常に人気で高値で売れている事を
皆さんはご存知でしょうか?
大体のものは何百万ぐらいで取引されているそうで、
下手したら、国産車の高級グレードが買える価格です。
ビックリしませんか?
その背景には、車を大事にする(コレクターが多い)、
車検、廃車のシステムなど色々ありますが、古い車が
現存するという点は、日本とは違いますね。
アメリカには、古い車だけの専門店や、純正部品
その他のアフターマーケットが充実している事も、
旧車ファンにはたまらないものだと思います。

 カルフォルニアあたりに行くと、すごく古い車や、
ピカピカの新車などがあり、いつの時代に来たのか分からない
状態になるそうです。是非、自分も行ってみたいと思います。
いずれにしても、裕福な人にしか、味わえる事が、できませんが、
日本でも、倉庫などに眠っている状態の良い
旧車などがあれば、ビックリするような価格がつくかもしれません。
もちろん車だけではなく、バイク、自転車なども
含みますので、持っていらっしゃる方は、チャンスですよ。

 こんな事を言っている自分は、せいぜい夏でも、
エンジニアブーツを履いて、アメリカンカルチャーを楽しんでいます。
車、ファッションなどは、あくまでも、自己満足です。
皆さんも、自己満足を楽しんで、夏を過ごしましょう。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ