2007/2/2

冬こそタイヤの点検を!  

タイヤ部月寒店の榊です。

最近やっと北海道らしく雪の多い毎日ですが
皆様はどうお過ごしでしょうか??

今年は雪が少ないのでお客様ものんびりかと思いきや
雪の降った次の日なんかは「スタッドレスタイヤが効かないのですが…」
とか「スパイクタイヤが欲しいっ!」等とやはりまだまだ冬なんだなあ
と感じさせられます。
アスファルトの路面を走行する機会が多いので
タイヤの磨耗が進行している場合も多いと思いますので給油の際にでも
たまにチェックをしてみてはいかがでしょうか?

そんな自分の車もこの間ハンドル取られるなあ…っと思いタイヤを見てみると
フロント右(運転席側)が少々つぶれかかっているではありませんかっ!!!!
緊急事態とおもい近くのGSにピットイン。
空気圧を図ってみると1.4キロ!?
自分で組み込みエアの充填をしたのでこれは間違いなく減っている!
時間が無かったためとりあえず2.0キロに4輪ともあわせて様子を
見てみることに・・・3日後計測してみるとまたまた1.4キロ?
なぜパンクまでいたらないのか?高圧だと抜けるのか?誰かのイタズラ?
考えてても始まらないのでまずは抜けている箇所を追求してみると
ホイールのリム部分とタイヤの組み合わせの部分をかなりじっくりと見ないと
分からないくらいのエア漏れを発見ッ!!
組み込みした時には漏れていなかったのでホイールの劣化
(融雪剤が原因か?)が進んだためもれたという状況です。

冬道は空気の圧が違うだけでタイヤの効きがシビアに変わってくるので
たまにタイヤをチェックしてみてはいかがでしょうか?
タイヤの空気圧チェックだけでもお気軽に石上車輌へお声をかけてくださいネ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ